FC2ブログ

DOLLS

本日21時より、新作の月の子と太陽の子のおうち探しをします。*

こんにちは、星嶋すみれです。
1か月もブログ更新さぼったんですか!?
すみません、ちょっとびっくりしてます。

バレンタインデーも終わったところなのですが、
まだまだ私の中では終わっていないバレンタイン…
作り足りないお菓子がたくさんあって、
タイミングを見ていそいそとまた作ろうと思ってます。
お友達から、あれ食べたい♡っておねだりされたので
うまく作らないとなあ~と緊張してます。

***

さて、ブログを更新していない合間に
新作の子が出来上がっています。

*昼を隠した月の子
*夜を隠した太陽の子

OAYG0713.jpg 

眠れずに過ごした夜がありました。
なんとなくじっとしていられなくて、
寒い寒い風が吹く真夜中、
夜が明けるまでひとり外を歩き回ったのです。
夜がだんだんと山の向こうに引きずられて行って
やがて淡い月とまばゆい太陽が同じ空に昇りました。

あんなにも明るかった月が、
いつの間にか太陽の眩しさにかき消されて
うんと薄く儚く見えなくなるところでした。
灰紫の同じ空にふたりがいながらにして、
どうして一緒にいられないのだろうと思ったら
とても切なくなりました。


***


夜が来るとき、その暗い帳が世界に行き届いてしまうと
きっとその中でしんと太陽は燃え尽きてしまいます。
やがて地平線の向こうに沈んでしまうと、
月は一人ぼっちになるのです。

しばらくして朝が来るとき、
その光の棘が世界の隅々まで晒してしまうと
きっとその中でしらと月はかき消されてしまうのです。
やがて水平線向こうへ溶けてしまうと、
太陽は自身のまばゆさに何も見えなくなってしまいます。


XDPE3693.jpg 

思いあう二人はわずかなその時間を味わうように
互いの眩しさに目が焼けて何もわからなくなっても、
遠くで聞こえる聞きなれた声頼りに手探りで腕を伸ばし
感じなれたあたたかな手のひらを、ひしと握り合うのです。
君があの境界線を越えるまで。

夜が・朝が来るとき、ひときわ眩しく輝く星があります。
愛の惑星・金星です。希望のようにきらきらとして
それは目が見えなくなった二人の心を勇気づけます。


UMOY1700.jpg 

見えなくても子の瞳に写っている姿をごらん
きちんとここにいるでしょう。
太陽の子の瞳の中には月の子が
月の子の瞳の中には太陽の子がいます。
まぶしいね、でもちゃんと、いるのです。


ONSS7834.jpg 

二人溶け合えたらとどんなに思うでしょうか?
それでも二人は納得しています。
君と私が個々に存在していなければ
抱き合う喜びもきっと知らぬままだったからです。
切なくも君は君で、私は私であることを喜び
そしてそれこそ幸いなのだと、そう納得するのです。
胸がギュッと締め付けられても。


***





二人は今夜、2/17(日)21時より
Twitterにて先行でおうち探しします。
今月末まで募集をした後、
BASEにておうち探しをする予定です。

ひとりずつのお迎えでも、
二人一緒のお迎えでも歓迎いたします。
先着順にてお承りいたしますね。

二人一緒にお迎えの際、ほんの少しだけお安くなります。
この二人には一緒にいてほしいなあという
ちょっとした私のわがままです。
ご縁がありますと嬉しいです。
お好きな方とつながることができますように★


※現在はSOLD OUT表記です※






二人をどうぞよろしくお願いいたします★
それではまた~

星嶋すみれ

スポンサーサイト

おしりちゃんオーダーと不思議なお茶会<星嶋スカレード>について★*

1月も半ばに差し掛かりましたが
ようやく時の加速が落ち着いてきて、
いつも通りの体感速度になってきました。
あの感覚何だったのだろうなあ。

さて、おしりちゃんの
オーダー制作をすすめていてますが、
素材選びに難儀していました。
ようやく納得のいく素材を見つけられ、
注文をしたので数日後に到着すると思われます。
届くまで細かいところを進めていこうと思ってます。

KLME1374.jpg 

数日前のお写真です。
今回のおしりちゃんはブルーの瞳揃い。
薄い瞳は印象が冷たくなり
また色が目立ちにくくなるので、
いつもアイリングを足すようにしています。
もうちょっとお顔の造形、調整が必要かも。

とりあえず2月の企画展に寄せて
作品も進めていかねばならない気がするので
オーダーの希望はここで締め切りますね。
とはいってもほぼ告知もしませんでしたので
オーダー自体を知っていただけていたかどうか笑

う~ん…なんとも断言しかねるところですが、
おしりちゃんはもう制作できないかもなあ…

***

企画展やイベントの計画を立てていて、
6月にはドールワールドフェスティバルへ
出展することを決めたのですが、
どうも4-5月はイベントが入れられそうになかったので
思い切って小規模OFF会を開催することにしました。

題して
星嶋スカレード
-Hoshiji-masquerade-
(命名:花潜りさん)

★日程・内容など
*4/13 or 4/14のどちらか
*東京・新宿あたりにて
*昼過ぎごろより

星嶋作品をお持ちのオーナーさまの
交流を目的としたお茶会です。
「お顔がバレるのはいやん…」
という方でも安心して参加できるよう、
仮面やマスク・覆面をつけていただきます。
お顔バレを気にしない方でしたら、
仮面やマスクを着用しなくてもかまいません。

写真でしか見たことがなかったあの子、
会いたいと思っていたあの子にも会えるかも。
お気に入りの子と一緒に、
不思議なお茶会を楽しんでいただければと思います。

Twitterにて開催日程のアンケートを募っており、
4/13 or 4/14のどちらかに開催が決まりそうです。


ご興味がおありで、
参加したいなあ~という方は
ぜひ投票をお願いいたします~(*'ω'*)♡

結構前から構想だけはあって
ずっとずっとやりたかったのですが、
顔バレするのが嫌だという方もいたので
考えあぐねておりました。
もう仮面付けたらいいんじゃ?とか
冗談も言ってたんですが、
いっそそうすることにしました。
不思議なお茶会、恒例にしたいですね。
お気軽にご参加ください~

星嶋スカレードの件は、あらためて記事にして
TOPへ固定しようと思います。

それでは今日はこの辺で~

星嶋すみれ

おしりちゃんのオーダーの受付をしています★*

先日よりお問い合わせがあった
おしりドールオーダーを
この度承ることになりました。
気にかけていただいてうれしいなあ…


今回はマーメイドタイプもお承りすることになりました。
(ノーマルの子の基本料金より+\2,000でお承りします)

長らくおしりちゃんを触っていないので
ちょっとドキドキしているのですが、
かわいい子を作れたらいいなと考えています。

あと若干名お承りできそうな気がするので
引き続き、オーダーを受付いたしますね。
あ、もう無理だな~と思ったら締め切ります笑
複数体オーダーされる方もいらっしゃいましたので
何人も欲しいよ~という方もお気軽にどうぞ。
その際はもしかしたら早くに締め切るかもしれません。

【オーダー】ルムアくんと読むオーダー概要ツアー★*

【オーダー】お顔と素材のご説明。

お顔と素材のご説明では、
実際にその素材がどんな風に使われているかが
ご覧になっていただけるので、
見ていただけますとイメージがつかみやすいです。
参考にされてくださいね~

どんな子に出会えるかな。
わくわくしています!

***


新しいかぼちゃの子のラフ。
定期的にやってくるキラークラウンみあるデザイン。
脅かしといて泣いちゃった子と
一緒に泣いちゃうみたいな、情緒不安定な子。

誰かがデバイスになってくれないと
自分の心がわからない人がいます。
心の動きに名前が与えられない人。
わからないって不安だと思います。
名前のない靄を抱えて、ひとりぼっち。
悲しみを知ってたら悲しいって言えるけど、
いえなかったら誰とも共有できない…
自分の心がわからないから、
鏡合わせの答え合わせ。


心に密接な作品…とかいっているので、
かわいそうな子が生まれると
星嶋がそうなのかと思われるかもですが
そういうわけじゃないです(;''∀'')

人より過剰に痛みに引き寄せられやすいので
多分そういう作品が出てくるんだと思います。
痛み、勇気ある自己開示には誠意を示したい。
ただ親切心や誠意を都合よく
超解釈する人もいるっぽいので難しいですが…
良いところでもあるし、悪いところかも。
でもこれがなかったらきっと作品は作れない…
私にとっての必要悪なのかも。

今年もこんな感じで
作品たちが生まれるんだろうなあ。
危なっかしいかもしれないけど、
そっとしておいてね…

そういうわけで今日はここまで。
感情のおもらし…
公私混合が止まらない…
自分を律する!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン


それではまた~

星嶋すみれ

あけましておめでとうございます★*BASEへ新作ちゃん達がアップされております!

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします★
今年もたくさんかわいい子を
作ってお見せしたく、頑張っていきますね。

さて1/1より、年末に発表した新作の子たちは
自家通販サイトのBASEへ移動しましたので
BASEからもお迎えがしていただけますです。
比較的オオモノちゃんがそろっていて
お好きな子をじっくり選んでいただける
機会になっていますので、
ゆっくりご覧になっていただければ幸いです。


★Cast a spell !!


RBAR4149.jpg 

なお、<死後肖像画>のおねえちゃんは
お家がさっそく決まりまして、
幸せの旅へ出かけていきました…

OBQA6422.jpg 



またどこかで会えるといいね。


RDIZ1470.jpg 

死後肖像画の妹ちゃんは
ひきつづきおうち探ししていますので
どうぞこの子もよろしくお願いいたします。

このイノセントな幼さが私は大好き…
君を見ていると胸がなんだか痛くなるよ。
ぎゅっとしてあげよう。

***

2月の中旬からは
高円寺Creamさまにて企画展があり、
<ファンタスティックモンスター展Ⅱ>に
参加させていただくことになっています。
かぼちゃの子やレディを中心に送る予定です。
私の中のモンスターかあ…
ある意味みんなモンスターかもなあ。
私の心が生み出した愛しく切ない子たちよ…
2月かあ、あっという間だろうな。

***

矢のように過ぎ去ってしまう日々…
心が揺れ動いて、気まぐれにころころと
変わっているのを感じると、
生きているなあと思うのですが
最近は体感している時間と
外の時間の流れにかなり乖離があって、
置いていかれているような気がしてます。
時間が止まっちゃったみたい…

ナマモノである刹那の気持ちを
風化しないように書き留めたり
形に置き換えないともったいない気がして、
日記を書いたりしているのですが
今年は写真を撮ることを意識したいです。
人と映っている写真をたくさん残したいな。

そうやって見過ごしてしまっている何かを
丁寧に拾い集めながら、作品に向き合いたいです。

One life, One death
Memento mori
忘れずに。
逆境や苦しみも楽しんだら怖くない。
成長は時々痛みを伴うもの。
一つ一つの行動の意味を考えて。
手に入れたいものに対して力を尽くす。

強くなりましょうね、星嶋さん…笑

皆さんにとっても良い年になりますように。
それではまた!

星嶋すみれ

未来に生きるために過去を忘れてもいい?<死後肖像画の姉妹>が生まれました★*

2018年ももう少しで終わろうかというところですが、
新作のかぼちゃあたまの子が生まれました。
この子たちはTwitterで先行おうち探し中ですが、
メールでもお問い合わせを歓迎しています。

おうちのきのこちゃんたちも絶賛おうち探し中なのですが
この姉妹と一緒で、BASEでの販売は
1/1からにしようかな~と思ってます。

ただ転売なのでは?という疑わしい動きがあったので
BASEで販売するのが怖かったりするんですよね。
海外発送やったらええやんってお思いでしょう?
でも私、英語…できない…/(^o^)\


MCQQ1574.jpg 

制作する最中に大幅にデザインが変わることは
あんまりなかったことなのですが、
この子は珍しく、デザインの変更がありました。
その姿で出していいものなのか、
今がそのタイミングだろうか、
引っかかるということは違うのかもしれない…と
頭でいろいろ考えていました。

あとは普通にかわいいものを作り続けていたので
怖くてさみしいものを作りたくなりました。
心の均衡を取りたくなっちゃったんでしょうか…
でもどうやったら尤もらしく見えるかは
もう表現を体が覚えている…HEHEHE…

ヘッドの制作しながら今年一年を考えて、
私はなりたかった自分になれただろうか?
なりたかった自分とはなんだったろうか?
そう思うに至った理由、きっかけは?と
掘り下げていく中で、この子たちが生まれました。


POZE1275.jpg 

私の作品はフラストレーションに密接で
そこから抜け出すための
悪あがきから生まれるものですが、
この子らはちょっとばかり違っていました。
至極個人的で、もっと根源的な
自身との対話のような。

未来へ健全に進むために必要な生まれ変わり、
今の自分が存在することを肯定するために
過去を認めて飲み込んで消化すること、
もしくは忘れてなかったことにすること…
その一連の流れ、儀式の在り方、
それらの象徴、です。

でもこれは誰にでもある、
進化の過程ではないかと思うのです。

Death and the maiden/Private Domain

<死後肖像画の姉妹>
二人は違うようで同一人物です。
まだ瞳が青い、幼いお顔の過去の自分と
白んだ瞳の、静かでうつろな今の自分と。


死後肖像画-ポストモーテムフォトグラフィー-
遺体をあたかも生きているかのように撮影した
写真、遺品の形の一つ。

つまり彼女たちは死んでしまっているわけです。


AVUJ9396.jpg 

過去の自分(妹)です。
痛みの渦中にいます。
短いツインテール。


RDIZ1470.jpg 

理不尽なこと、どうしようもなかったこと
つらかったこと、悲しかったこと…
痛みを一身に受けた存在。


WRNL5489.jpg 

この子がいるから、今の自分がいるわけですが
あなたは肯定できますか?
その理不尽なことを許せますか?
どうしようもなかったことを、
どうしようもなかったのだと認められますか?

この子の続きものが自分なのだとして、
今の自分が存在することをよしとするために
この苦しみも必要悪だったのだと、
納得することができますか?


RBAR4149.jpg 

現在の自分(姉)
果たされなかった未来。
この子は死んでしまいました。
つまりは、過去を
<なかったことにした>のです。

白んでしまった瞳。
長くなったツインテール。
実は毛量も違います。

お姉ちゃんのほうが少しだけ身長が高かったり、
頭のヘタが育ってたり(大きく、らせんキツめ)
おめめが近かったり、大人な感じ。
時間の流れを感じさせるようなデザインです。
微々たる差なんですけども。


KWIJ6347.jpg 
 
この子は過去をなかったことにしてしまいました。
あの痛みの渦中にいた自分を覚えている限り、
心がとらわれてしまうからです。

それでもあの子がいたから自分が存在することも
当然知っていましたから、愛してもいたのです。
だけど、どうしたって憎んでもいました。
忘れることを選ぶのも
心を守るためには必要だった?


MVME9226.jpg

あの子を忘れることで続きものの
この子は存在しなくなりましたが、
私はそれを悪いことだとは思いません。

理不尽なものは憎んでもよいし、
白黒つけることが最善とも言えず、
忘れてしまうことだってひとつだからです。
確かのあの子がいたから自分がいますが、
認めたくなければ殺したっていいのです。

だって、仕方ないじゃありませんか…


POZE1275.jpg 

彼女たちは同じ方向を向いて未来へ進んできました。
時間は進み、戻ることができませんので一方通行です。
向かい合って抱き合うことはできません。
愛したくても。


OBQA6422.jpg 

今ここにいる二人はもう存在しませんが、
受け入れて肯定したことで新たに生まれた、
別の選択肢(未来)の子はどこかにいるはずです。
私たちが理不尽なことを見て見ぬふりをして
もしくは認めて肯定して、ここに存在するように。

乗り越えていきたい過去が私にもあります。
許せないこと、飲み込めないものも多い…
だけどそれがなかったら私は制作してないと思うから
過去の痛みが今の居場所を作っているってことを
嫌でも自覚しなくちゃならないんです。
だからお姉ちゃんの葛藤がわかってしまうなあ…

今ここに、心穏やかに存在できることこそが
一番の正解なのだと信じています。
そのための手段はなんだっていいっていうことを、
この作品を通して自分に言い聞かせたかったのかも。

正しく見えることだけが
必ず正しいわけじゃないです。
自分が幸いであることが一番の幸いです。
それで誰かが幸せになるならラッキーで。

***

今回造形の段階で
お首の仕様を変えてみたのですが、
この試みは正解でした!
見た目ではわからない仕様変更です。
扱いが楽になり、作業効率も各段に上がりました。
もっと早く気づきたかったなあ。
でもこれで次からもっと早く仕立てられそう。
綿詰めに苦労しなかったの初めて( ;∀;)

紅茶染めしたリネン地(多分…)で
ボディとスカートを仕立ててあります。
頭のリボンとお首のリボンは無垢です。
二人は姉妹というか同一人物なので、
デザインは共通です。

改めて思うけど、この色の具合大好き。
色数の少ない白ゴス(生成りゴス?)は
作っていてすごくしっくり来たし、
いつも色合わせで悩むんだけれど
そういうのもなくってスムーズな運び。
生まれたいように生まれてきた感じ。

BASEにも詳細を掲載してありますので
よかったらご覧になってくださいね。





それでは二人をよろしくお願いいたします~
今年の振り返り、シメはまた後日更新したく思います。
久々にちゃんとブログ書いた感じする。
満足。

それではまた~

星嶋すみれ