2014年02月

『星の使いミルキー』

お人形のサイトなのに泣き言ばかりでアレなので
過去に課題で製作したマリオネットでもお披露目。


星の使いミルキー

『星の使いミルキー』

鉄心ハンドルを含め、高さ約60cm以上。
ミルキー自体の高さは35cmくらいです。

心の鍵をやさしく開く、かわいいストーリーテラーをコンセプトに
こどもたちに思いやりや、日々の中で感じる心の動きの大切さを伝えたかったのです。
マリオネットによる問いかけや掛け合いの中で、
相手の立場に立ったものの考え方や想像する力を養います。



***ストーリーのあらすじ***

天上の世界ミルキーウェイにある、虹色の雲の森にすむミルキー。
『ナカヨシのおまじない』が得意の男の子。
ミルキーウェイに流れ着くみんなのお願いに、叶いますようにと
おまじないをかけるのがミルキーの役目なのです。

流れ星ちゃんたちが、ミルキーウェイに流れ着くお願い事を
ミルキーの元に運んでくれます。
だけど、なぜだかお願い事があんまり流れ着かなくなりました。

そこで、みんな(見ている子どもたち)にそれぞれ心の中で
お願い事をしてもらい、お願い事をたくさんミルキーウェイに
届けさせることを提案したのです…





IMG_20120204_151619.jpg

素材は、スチロール芯+プルミエ。
羊毛と金具各種と木材、それから目玉はオリジナルのレジンアイです。

頭に鉄心が突き刺さったタイプのマリオネット。
チェコでよく見られるタイプで、頭上のハンドルを左右や上下に振ることで
顔が上下左右に振り向きます。詳しい仕様は省いちゃいます。
この子が生まれたから、お人形を作ろうと思えたのでした。


また、この子の製作の様子もちょっとずつ公開していきます。




...Hoshijima...

スポンサーサイト

LOVERS



冬花火が上がっているのを見ながら
寒い中電車を待っています。


分かり合えないこと、共感し合えないことを
心から胸を痛めて、悲しく思っています。

愛している人と、大事にしたい人と
喜びや希望を分かち合いたいと思います。
私達は物理的にも、精神的にも限りなく近く
そして痛みも不安も、打ち消しあうだけの勇気を
その関係の中で見出したいのです。

希望を持とうとする人の背中を、
蹴落とそうと足を上げてしまうのは何故でしょう。
上げられたその足を持て余して、苦しむのは何故でしょうか。
あなたの中にある理想と、現実存在している私との間で
何故故意に苦しまなければなりませんか。

私はあなたを愛しています。
あなたを私は守りたいし、
例外なく決別しなければならない未来を
私は心から憎んでいます。

あなたを愛しています。
心から、あなたを嫌いに思ったことはありません。
でも、どうして私をありのままで良いと
笑ってはくれないのですか…

君を心から想います。
未熟な心であっても。
君を、私は心から、誇りに思います。

君の安静を
君の平穏を
君の幸せを
君の喜びを

いつもいつも、祈っています。