2014年07月

沖縄に行ってきました。



組み立て前のポエムキャット。




ポエムキャットを作り終えた次の日、
わけあって家族にくっついて沖縄へ行ってきました。
約十年ぶりの沖縄、多少変わった気がするけれど
懐かしい感じ、よく覚えてます。

初めて降り立った時はcoccoに夢中だったので、
歌詞の中に出てくる夢のような島って
こんな感じなんだなあって強く感動したし、
coccoを通してみた沖縄を、
擬似体験できた気がして嬉しかったです。
今回、それを追体験しに行ったところもあります(〃ノωノ)
懐かしさに浸るなんて、私も歳を取りました。


ガジュマルの木、綺麗な海、民謡や、シーサー。
日本なのに日本でないみたいに思えるほど、
独特の文化や伝統が色濃く残る島。
そんな非現実感が、私をワクワクさせます。

首里城、琉球村、ひめゆりの塔、御菓子御殿、
国際通り、美ら海水族館…
昔行けなかったところにも行けました♥
美ら海水族館は嬉しかった♥




それで、絶対に沖縄に行ったら
ビーチコーミングをやろう!って決めていて
たくさんのさんごを拾ってきました。
収集癖っていうか、物拾うの大好きで笑
ビーチコーミング好きなんです。

そういえば沖縄の海は磯の香りが全然しないです。
磯の香り自体はプランクトンの死骸の匂いらしい…
その、プランクトンをさんごが食べるそうで匂いがないとか。
なるほど、清潔な海は香りから徹底していたようです。




拾ってきたサンゴと琉球ガラスのかけらで
モビールみたいなの作ってみました。
ユニコーンは、在学中にボツにしたパーツです。
救済できて本当に良かった♥
結構気に入っていたんです。

適当に作ったんで本当に汚いのですが
全体的に白っぽく優しい感じになりました。
結び目に貝殻とサンゴの花毬みたいなのを作って隠してます。

サンゴの端には琉球ガラスをひっつけてます。
袋で売っていて、万華鏡用に買ってきました。
結構量があるので持て余し気味です。
ドールに練り入れてみたりしても楽しいかな?
涼し気な色合いがサンゴに似合います。

紐は眠たい色のグラデのかかった糸で、
途中青系のビーズをくくってます。
ちょっと螺旋ぽくしてますが
六本しかつけてないので、あんまり意味無いです。
カラカラぶつかって音が鳴るほうが、
涼しげでいい感じかもです。

制作時間は三時間位。
やり直したり作り直したりしてるので…
不器用なのもあるけど…結ぶの苦手!!
でもこうやって手で作るおみやげもいいなあって感じてます。




最後におみやげ~
いつも自分用のおみやげを忘れるので
今回はしつこく探し買ってきました笑

紅型染め風のガーゼタオルと琉球ガラスのかけら
サンゴ風ボールペン、チンアナゴのシャーペン
星座柄のガーゼタオル、星の砂
美ら海水族館限定のリップクリーム
ブルーシールアイスクリームの巾着

何気に紅型染め風タオル、巾着が使い勝手良いです。
他にもクリエイターさん手作りの
素焼きのシーサーストラップとか
こんこんべっていう名前の
オリジナル妖精の素焼きストラップとか
琉球ガラスのペアコップとか
載せられてないけどカワイイの買いました。

シーサーのストラップで、置物のシーサーは我慢…
結構したし、置き場所困るもん…
でも可愛かったなあ~
ぶっせんの正助みたいな顔なんだもん~

まだ楽しみきれてない気がします、沖縄。
すぐまた行きたいなあって思う不思議。
やっぱり、それだけ魅力的で
人を惹きつける何かがあるんですね。

今度はもっとビーチコーミングやりたい!
台風の後とか、すごいらしいと聞いてわくわくしてます。
拾いまくりたい~!!

... Hoshijima ...

スポンサーサイト

Poemcat誕生。

こんばんは、ご無沙汰しております。星嶋です。
最後の更新から2ヶ月ちょっと経ってることに戦慄してます…

実はもう、第一子が誕生していることをお知らせせねばなりません。
とっても難産な子でしたが、出来上がってよかったです。
この子が礎になって、次に生まれる子の指標になってくれるはずです。


poemcat_door.jpg poemcat_pot.jpg

poemcat_time.jpg poemcat_mimi.jpg

PoemCat(ポエムキャット)
夕間暮れ、空がだんだん煙たいスペクトルでいっぱいになる頃に
彼はどこからか現れて、美しい詩を詠んで皆をうっとりさせます。
キザで、どんなにくすぐったい言葉も、彼は物怖じせず巧みに操る彼を
皆はいつからかポエムキャットと呼ぶようになったのです。

H 11.7 × W 4.7 × D 4.0 (cm)
アルミワイヤー/鉛/粘土/ビーズ/木材/羊毛/アクリル絵の具/メイク用具



fc2_2014-07-28_23-13-46-596.jpg fc2_2014-07-28_23-13-57-502.jpg

ポエムキャット誕生です。
名前は初めてポーズを付けたときに「キザ」っぽいなって感じたのでつけました。
そう呼んでただけなんですけど、なんかしっくりきちゃったかな。
弱弱しいはかない子よりは、伏し目がちな色っぽい子になりました。
最後までどんな子になるのかわからないものなんですね…

この時はまだ睫毛がついていませんので、まだちょっと怖い表情ですが
パーツ自体はまるっこいもので構成されているので、穏やかな顔です。
グレーの羊毛に白い羊毛でラインが二本、頭に走っています。
瞳は伏し目がちで見えにくいですが、アイスブルーの瞳です。


fc2_2014-07-28_23-13-19-797.jpg

きちんと自立しています。
頭を乗せると最後の最後でバランスが崩れてしまうのですが
運が良かったのか、重りが効いているのか、危ういポーズでも立ちます。
もう少し贅沢に重りを使ったほうが安心だな、と思ったので次はもっと重くします。

しっぽの自由も利くので、自在に表情が表現できます。


fc2_2014-07-28_23-14-31-076.jpg

後ろ。お尻の反応が結構良い感じです。
「おい、ケツ割れてんぞ!」って言われたのが、地味にうれしい感じでした。
そりゃケツだから割れてるだろ~って突っ込んだんですが、あれ?って。
ケツが露出してなかったらたぶんこんな風に言われないって。
当たり前のことだけど、「そういう扱い」が許される存在だってことです。

キメッキメのドールだと「壊れやすさや完璧な存在感」をそこに見つけようとして
息を止めて恐る恐るっていうような緊張感が、威圧として伝わっちゃう気がして、
笑ってもらえない、身近に感じてもらえない、怖いとか壊れちゃうかもとか
そういうのが壁になるのがちょっとやだな~って。

お尻がちょっとでちゃってるところで、ゆるさというか
息の逃げどころみたいなものがドールを眺める人に伝われば、
きれいでも笑えて、その笑いが身近に感じられるような
感覚の相乗効果だったり連鎖だったりが、
この「割れてるケツ」にヒントとして隠されてました。
ケツ、出してよかったよ。

あと、全体的に体が太くなりました。
羊毛でボリュームが出てしまったためです。
また、その厚みのために足が少し短く見えます。
想定して足を素体の段階で長くするかすれば、解決するはずです。



*改善すべき/見直すべきところ*

-素体編-
①足の長さ
②重りの追加
③首の芯を最初からボディに刺しておく(ボディの麻ひもにくくる形で)
④ボディ+パーツではなく、一体のボディとして制作
⑤その際の手足x体のつなぎ目の補強(粘土で根元を覆う)
⑥細身に作っておく
⑦手のパーツも盛りながら作るほうがいいかも…

-顔編-
①彫りを作る場合、粘土を足して高さを出してから削る
②6mmドリルで目の穴をあけるとちょうどよい
③瞼の厚みに注意
④変に絵具でメイクするより、メイク道具で

-毛皮編-
①案外厚みが出る羊毛に注意

-全体・進行編-
①現在の工程の出来にこだわらない
②あらゆるパーツの工程をローテーション
③楽しもう


ポエムに引き続いて制作を進めています。
1回目よりも2回目、2回目よりも3回目…
もっと上手にできるようになったら、いろいろなタイプの子を作っていきたいです。