2014年11月

やるせない気持ち。

ひどく鬱々として気持ちが晴れません。
不当な扱いを受けているだとか、思いが伝わらないとかいろいろあるけど
「そんな風な扱いを受けるのは、そうさせる自分のせい」って話を聞いて、
余計やるせない気持ちになってしまいました。

以下、ゴミのような話が続きますので隠します。
あらゆる苦難を乗り越える鋼のような心を、心底欲しく思います。

耳障りよく言い換えるなら、
「満足のいくような扱いをしてもらえるように、相手に理解してもらう/そう努力する」
結果、思い通りにならないならそれは自分の責任っていうことらしいです。

自分の思い通りの結果を望むなら、いつだってそうなるようにできる限りのことはしないと…
それで、その結果を他人の責任だって思うより、自分の責任だって思うほうが楽だっていうし…
…書いてて辛くなってきました。はあ…

でも、私大嫌いなんですよね!
「そんな風にされるのは自分の責任」っていうのが!
どうしてもその頭のいい考えが私には理不尽に思えてならないんです。
時々そういう場面に遭いますけど、ムカつくし悲しいし、でも自分の責任なんだって思ったら
この傷ついた気持ちのやり場ってなくなっちゃいますよね…
いうなら、そういう風に傷ついてやるせない気持ちになるのも私の責任なんですよね。
なんなんでしょう、この気持ち。

自分の計らいだけで他人はコントロールできませんよ。
相手にだって思惑があっての結果なんだから、相手の思惑まで私が責任持つんですか?
相手が私に不当な扱いや、嫌がらせのような事をしたとしても、私は責められないって事ですよね。
結果が私の責任なのだとしたら、私はそんな風にされる人間だってことを受け入れろって事でしょ?
しかもそんな風にされる自分の責任は、私が持たなきゃいけないんですよね?
それじゃ、そんな風に扱われる私って何なんでしょう?
私には果てしなく無価値な、忌むべきゴミのように感じます。

果てしなく面倒くさいです、すべてのことが。
こんな気持ちになるなら、もう何も望みませんし欲しません。
人の不幸も喜ぶべきニュースのように聞こえそうな気がして、心底嫌になります。
このままでは心が腐ってしまいそうです。

作業してても持った筆をぶち折りたくなるし、水入れもぶちまけたくなるし
なんだか耳も詰まって頭が痛くて仕方がなくなってしまいました。
心穏やかにお人形を作れないので、今日は早々に切り上げてしまいました。

ああ、まるでうんこのような日々です。


スポンサーサイト

Merious & Spiral誕生。

うとうとしてたら、膝元に降り立ったピンクの…?

10784999_1510461282539687_1955875106_n.jpg

君は…宇宙人?
頭にたくさんの星を引っ付けて、きらきらのレモンイエローのお靴をはいて…
星屑のにおいをさせた、くるくるの角の羊みたいな宇宙人だ。

10802413_368117993346796_2129648215_n.jpg

Merious

もう一人はまだ転送が間に合ってなくて中途半端みたいだけど、安心してって。
彼はメリウス、遠い遠い光の速さでは間に合わない星からやってきたんだって。
言葉はわからなくても、言いたいことはわかってしまう、テレパシーだ!
首がなくても平然としている感性、やっぱり宇宙人だ笑


10808968_744459788974227_1127864622_n.jpg

Spiral

少し待つと、今度は額に角をつけた頭がくっついて、転送が終わったみたい。
長いふわふわのしっぽをつけた、ユニコーンみたいな宇宙人だ。
彼はスパイラル。挨拶してくれたけど、何を言ってるのかわからない…

メリウスよりもテレパシーもまだまだだし、幼いけど、でもすごいやつみたいだ。


10808464_1556967814537626_607930037_n.jpg

シンボリックな筆談、大きなお星様からきたって言ってるみたいだ。
彼は宇宙の化身なんだって、宇宙の遺伝子、彼はプリミティブ。
星の冠は、そのしるしなんだって。確かに幼いけどすごいやつだった…

メリウスとスパイラルは星のお友達、同じ星の要素を分かち合ったんだって。
私たちよりもずっと長生きをして、そしていつもそのままの姿なんだ。
幼くても、たくさんのものを見て感じてきたんだろう。
ここが気に入ったから、もう少しここにいたいんだって。




10611063_323666914491629_1186951548_n.jpg10747852_822067671184071_1522900044_n.jpg


さて、デザインフェスタの出展申し込みが始まりましたね。
抽選と聞いて、あたるかな~と思いつつも私も申し込みしてみました。
ちらほらと出展に関する記事を読んでみて、準備や当日の対応に追われたりと
結構大変な体験だと書かれてる方が多いので、楽しみに思う一方でドキドキ。

もし出展が決まったら遊びに来てくださいね!笑
それまでになんとか、なんとか軌道に乗れるようにがんばりますよ~!


... Hoshijima ...


デザインフェスタ vo.40

いつもは両日行くけれど、今回は日曜だけ…
でも、3年間春秋ずっと行ってるから相当好きな感じ笑
あんまりよく見えないけど、今回のパンフはとってもキュート。
見てて飽きない、遊び心がたくさんで今までで一番好きかも~

10748102_745726852143342_832659182_n.jpg

うわさのパンフと戦利品。
アルミ(だと思う…)でできた羽根クリップと、桃尻ハート(金赤!)のストラップ。
羽根クリップはたぶん襟とかにつける感じなんだろうけど、一日髪につけてた。
サイドの髪をねじって後ろで止めたんだけど、それでも運よく一日耐えてくれたすごいやつ。
羽根モチーフはやばい。すき。


何回かデザフェスみてて思うのは、結構作品にも流行り廃りがあるんだなあって。
2年位前はフェイクスイーツがアツかったイメージ。
去年はレジンが燃えてて、今年はプラバンとリアル食品・押し花のレジンコーティングのイメージ。
なんとなく次は陶芸ブローチや、文字入れとかカスタムとかの半オーダーメイドものが増えそう。
何の根拠もないので、何の当てにもなりませんが笑


それで、本当に自分の中での気付きだからまったく勝手なことをこれから言うね笑
私の中では結構な気付きと言うか、すごく勉強になったなあってことなんだけど。

ブーム真っ只中だとそれだけでボーナスポイントで、きっと売れはするだろうけど
ほぼ覚えてもらえないだろうし、名刺も配っても意味なかったりするんじゃないかと思う。
抜きん出て個性が光ってるとそれだけで同ジャンルの中で何歩も前へ進めるけど、
私はある意味それでは買ってもらえないんじゃないかと感じてる。

さっきのハートガラスも、正直に言えばその呼称を知ってるから作家さんとの紐付けができてるけど
知らない人にとっては、ガラスは大きなくくりでまとめられて差別化なんてされないと思う。
元から知ってるとか、お目当ての作家さん以外は、たぶん同ジャンルでも覗く時間が短いと思うし
あれだけ出展数が半端ないと、名前とお店のイメージ・ヴィジョンと結びつかないんじゃないかな…

意外と覚えてる作家さんって、陳列に作家さん自身の作品や、
そのディスプレイ、ご本人のファッションを含めてのブース・全体イメージに対する
こだわり・世界観というより(まったく持ってそのこだわりこそが脱無個性の一歩だし本当に大事だけど)
単純にその作品への愛情や、その愛情を通して人を喜ばせたい気持ちみたいのが強かったりするような気がする。
自分の世界だけで完結しないで、むしろ人を巻き込んで初めて成立するって知ってるっていうか。

つまり、商品の説明とかお店の名前の由来でも何でもいいけど
何か積極的に、確実に伝わる方法で情報を『伝えられる人』だと思ったの。
ビラ配りとか、一緒に写真とったりとか、軽く雑談に興じるとか…
ある意味露骨に言えば、商品説明からお客に嘘でも「すごいですね」って言わせる押しの強さだったり笑、
商売するって言う意味での愛想や丁寧さ、もろもろひっくるめてサービス精神があると記憶に残りやすい気がする。

しかも、それって作品のクオリティには関係しないし、興味のあるジャンルの壁も超えてきたりするから不思議。
不思議とそれがとっても感じられると、その人の作品価値みたいなものが高く感じられたり
作品の出来・不出来のクオリティに関係なく、安心感や信頼みたいなものが+αでついてくる気がする。
ほかにも○○のお店はあるけど、買うなら絶対あそこにする!とか。

金なんて関係ないんだ、出展するのが楽しいから出展してる、
いやむしろあのお祭りの場で作品が多くの目に触れれば満足っていうのだけなら
もう心から楽しめばまったく問題ないし、それどころか宣伝にもなるわけだし十分だと思う。



10616813_344802829038398_661902451_n.jpg

長ったらしい話の後は、戦利品です。
戦利品少ない(;;)今回は買い逃しが多かった…
カレイドスコープとか、角カチューシャとか、ガラスのペンとかいろいろあったんだけど…
思い立って引き返したときにはいなかったり、買わずにあきらめたことを悔やんだりした笑

桃尻はペンダントだったのを、ありがたいことにストラップに変えてくれた~感謝!
一番赤が濃くて形が好きな感じだったからうれしい。
二年位前に紫のを買ったんだけど、割っちゃったんだ…
そのときに、「なぜか恋を呼ぶジンクスがある、結婚した人もいる」って聞いた。
しかも相手が合わないとか、別れる兆しで割れたりするって…
えっ…!笑

割っちゃったのがショックで、それからずっとお店を探してたんだけど、いつも見つからなくて…
でも、ほぼ毎回出てたらしい。ずっと見逃してたってことだよね?
私のガラス・木工・金工への吸着率ハンパないのだけど、見逃してたなんて不思議。

写真だとあんまり金赤の色がうまく出てない気がするけど、
紫味が感じられるワインレッドって感じ。


来年5月、出られたらいいなあって考えてる。
準備が出来るか不安だけど、締め切りあったほうががんばれるときってあるし笑
抽選だから本当に運だけど、いい経験になればいいなと思う。

今日は楽しかった~


...Hoshijima...

幼い顔の子

試行錯誤する中で、没になった形の子や顔のパーツなどたくさんあります。
手の中で出来上がる「よい形」とイラストで描く「よい形」との間には
少し差があることがいつも気がかりでした。

10735302_1557932667755999_544954721_n.jpg

この顔は今までの顔もパーツとは違って横に広く、目の位置や眉の開きに大きく差があります。
おっとりとしてゆるゆるした甘い顔の子にしました。
なんとなくこちらのほうが好みだなと思っています。

幼顔というか、私のラフスケッチにより近い形です。
ベビーシェマと呼ばれる形に近く、幼くか弱い印象です。


10607882_846984458665488_412608698_n.jpg

ノートの上に乗っけられているパーツは、今までの顔のパーツです。
こう見ると縦に大きく、立体的で目の位置が近くて上よりです。大人顔ですね。
逆にこっちのほうが違和感を覚えてしまう。でも、案外瞳が入るとしっくり着ます。
最後までわからないのが不思議な感じです。


1390348_836216763065179_1477815946_n.jpg

なんで幼顔にこだわるかといったら、私が甘やかしたいからです。
律して生きる息苦しさから、この子の幼さでめいっぱい、あなたを甘やかしたいのです。
強く生きることも必要でしょうけど、時には弱くなってもいいと考えています。



...Hoshijima...