2016年11月

無意識に取りつかれたダリ、その混沌の中の詩的な秩序。*

こんばんは。
ポリマークレイ導入を考えて購入した
オーブントースターなのですが、これが
石粉粘土の乾燥に大いに役立っていて、
乾燥にかかる時間が1/24になりました笑

今現在4体のおしりちゃんを同時進行中です。
これはBASEやMinneに掲載ではなく、
また違った形でお披露目・販売となります。
少しだけ違った趣の子たちとなります。
詳しいことは追って告知いたしますね(*´ω`*)

***

さて、今日はダリ展へ行ったお話をしようと思います。
東京・国立新美術館で開催中のもので、
デザフェスの前だったので、いつもお手伝いしてくれる
ジョバンニ君と行ってきました。
ご飯食べてからね…★笑


IMG_8069.jpg 

中野にあるYamYamというカレー屋さんで食べた
バターチキンカレー。丁寧な味でヨーグルトの酸味が◎
甘めのミランで食べるバターチキンカレーが大好きなのですが
それもよりも控えめで上品な味でした。
パクチーがまたよくあっておいしい!人気のお店みたいです。


IMG_8071.jpg 

さて本題。
休日はまず50分待ちととんでもなく混雑していて、
一度あきらめて日を改めて行ったのです。
チケットも目に鮮やかな
「奇妙なものたち」がメインビジュアル。
竹中直人さんが解説をしているとのことで、
音声案内を借りてじっくり見てきました。

ダリはあの見開いた瞳と跳ね上がったおヒゲが
奇天烈なシュールレアリスム画家というイメージ。
絶対変わった変な人だと思い込んでいる以上に
よく知らない私でした。

200点以上の彼の作品はとても詩的で、
絵画の中にゆがめられた形・逆にひどく正確な形として
描かれるあらゆる事象が、夢の中で現れるような
「何かの象徴」であることを予感させるものばかり。
なぜこのような形に描かれているのか?
なぜこのような大きさで描かれているのか?
夢分析をするように読み解いていくと、
ダリの内側をほんの少し触れるのかもしれません。
実際彼はフロイトのいった無意識というものに
強く影響され、夢をヒントに絵を描いてきたようです。
自分の中で探って正確に描き表そうとしたんですね。


IMG_8089.jpg 

そして舞台衣装・彫刻・ジュエリー・アニメ・映画
多岐にわたって作品を展開し、芸術自体を
「大衆のものである」と知らしめた一人のように感じました。
精力的に商業と絡めて発展させることが上手で、
見終わった後で「批判されなかったんだろうか?」と
考えてしまったのですが、それは私の澱固まった
古臭い考えであることに気付いたのです。

無意識に取りつかれて非現実的な絵画を描き続けてきた彼、
広島・長崎に落とされた原子爆弾の件をきっかけに、
中性子や陽子などの科学的な要素…
きっちり計算されたように完璧でゆるぎない
奇跡のような定め、秩序のある化学的な要素に取りつかれ
以降、それを強く感じさせる作品が増えてきました。

彼は、彼の思う・感じるままの世界を
丁寧に書き込まれた絵画として再現したかったのかも…
いろいろと考えますが、どれも感情のままではなくて
計算されて意図をもって描かれていて、
一見むちゃくちゃなものなのに、冷静さを感じます。


IMG_8073.jpg 

展示の終わりには和やかな物販所。
噂の1ダリ紙幣を¥300で購入して、
1回ししてきましたよ!


IMG_8078.jpg 

ハンドルを回すと6角形が回って
中から白い卵がころころ~っと出てきます。
そしてシールとピンバッジが手に入るのです。
ガチャガチャみたいなものですね。


IMG_8164.jpg 

出てきたのは、「奇妙なものたち」という題の
小さなステッカーとその絵の中にあるソファのような
メノウのような手のような不思議なもの。
これ…ダリってわからない…
すっごく使いにくい…爆笑
溶けてる時計のピンバッジが良かったな~笑

物販ではトートバッグやTシャツのほか、
香水なんかも売ってたんですが、
あまりゆっくり見られませんでした。
残念。

でも見ごたえたっぷりで、竹中直人さんの
ナレーションも面白くて、気が付いたら2時間半!
貴重な体験でした。


IMG_8088.jpg 

12月12日までやっているようです。
おすすめ!なんなら物販だけでも!
メイ・ウェストの部屋は写真撮影OKでした~


それではまた~★*
スポンサーサイト

大酉祭でゲン担ぎ★ドールにぴったりな熊手を買ってきたお話♪

こんばんは。
12月初めごろまでに仕上げなければならない仕事があり、
おしりちゃんを4体ほど仕上げなければならないのですが
まとめて向き合うとクオリティが下がりそうで
急がなくちゃならないのにひやひやしています。
出来上がりのコントロールを
きちんとできるようになりたいです。

***

さて、先日は酉の市があり、
新宿や浅草などの神社で大酉祭が行われたので
ゲン担ぎのために行ってきました。

IMG_8054.jpg

チャンドラ君もいっしょに行ってきましたよ~


IMG_8045.jpg 
私が行ったのは新宿の花園神社。
鳥居の前の坂沿いには長蛇の列!
花園神社で配られる熊手を求めての列でした。

私はその熊手の存在を知らず、
列に圧倒されながら鳥居をくぐったのですが、
威勢のいい掛け声が各所から聞こえてきて
これまた初めての活気に圧倒されたのでした。


IMG_8049.jpg 

大酉祭では縁起物の熊手が露店で売られており、
その熊手のデザインはそれぞれのお店によって
大きく違っているのでした。
これはおかめの木彫り面が乗っかってたりする
ちょっと見たこともないような熊手。
大きなもので10万円だそうです。

熊手を買うのに「粋な買い方」があるそうで
押したり引いたり駆け引きしながら
お客が値切って負けてもらい安く買うのですが、
浮いたお金をご祝儀としてお店に渡すようです。
つまりは結局定価で買うことになるのですが、
お客は安く買えた気分を、
お店はご祝儀をはずんでもらった気分を…
というなんとも楽しい買い方なのでした。

ご祝儀をもらったお店は
お礼として景気づけに、周りの人を巻き込んで
盛大に威勢のいい掛け声をかけるんですね。
拍子木を鳴らして三々七拍子。
3回ほど繰り返すところがほとんどでした。

デザインで選ぶのもいいんですが、
私はおやっさんの掛け声の景気の良さで
選んじゃうかもしれませんね~。


IMG_8053.jpg 

そんな大酉祭ですが、見世物小屋があったのです。
この猥雑な胡散臭い感じ!たまりません。
劇団ゴキブリコンビナートさんらがやっている、
見世物小屋なようです。
現存している見世物小屋は少なくて
長く続いてほしい、日本の妖しい文化だと思ってます。

個人的な感想としては、ちょっと物足りなくって
少女椿みたいな、妖しくて死の匂いとうさん臭さあふれ
日の丸や乱れた着物やなまめかしい肌…という
想像しやすい見世物小屋ではなかったなあという印象でした。
ただ、やっていることは危険だったりグロテスクだったり
不思議だったり奇妙だったりして、独自のおかしみや
雰囲気を感じたので、現代の見世物小屋とは
こういうものなのかもしれないです。

いい感じにカルチャーショックを受け、
その日の夜はなかなか寝付けませんでした笑


IMG_8152.jpg 

年々大きくするのが習わし、ということで
一番初めは小さなものを探していました。
酉の市でぐるぐる露店を回って熊手を探しましたが
ピンとくるものがなく…
あきらめて帰ろうというときに出会った、
キューピーちゃんの小さな熊手。
ドールということでちょうどいいかなと思い購入★
稲穂を刺しながら「ご飯に困ることがないように」と
お声掛けくださいました。ありがたや~~~

鳥居を出るまでは、熊手を正面に構え
高々と掲げて帰るのが良いそうです。
いわれたとおりに掲げ、見せびらかして帰りました笑
寄り道しないことも大事だそうですね!
熊手を飾るときは北を避けて
入口に向けて飾るといいそうです。あとは神棚!
これからお塩を振って神棚に飾るつもりです。

来年はもう少し大きなものが買えるように
頑張っていかなくちゃって思っています。


それではまた!



新素材の使用感とDF購入品・お邪魔したブースのご紹介♪*

こんばんは。
デザフェスが終わり、ひと段落つくところですが、
ひとつ新しいチャンスのお話をいただいたので、
ホッとしたい気持ちを抑えて、
新しくおしりちゃんを作るためにデザインを練っています。

また、デザフェス前に頼んだ粘土がやってきました。
デザフェスではフィモとスカルピーを
持っていって少しいじっていたのですが、
なんかもったいなくてフィモはお預けでした。

IMG_8034.jpg 

色がすでについているので着色する必要がなく
オーブントースターによる焼成によって
硬化させればよく、研磨もいらないので
強度や私との相性によっては
これらを使って作る作品も出てくると思います。
でもとりあえずフィモは少しだけ置いておきます。

フィモを買う前に買ったスーパースカルピーを
試しに焼成しましたが
石粉粘土と比べると段違いに強度があり、
よく聞く脆さを感じませんでした。

焼成したのは1.5cm×5mmの平べったい円のものです。
カッターでぐっと押さえつけて切ってみましたが、
サクサク切れるわけではなさそうでした。
爪でひっかいてもあとはつかず、
針でつついたらロウのようにめくれて傷がつきました。
かけらに強く金属棒を叩きつけましたが、
へこんだり割れたりもしませんでした。

ぽきぽき折れるとも聞くのですが、
いわゆる細いパーツはおしりちゃんに存在せず、
あっても耳くらいなものなので、
意外と普通に使えちゃうかもしれないです…。
あれー杞憂だったのかなあー。
一度試しにオールスカルピーで
作ってみてもいいかもしれないですね。


***


さて、デザフェスでの購入品を紹介します。


先日ハロウィンの時にプレゼントをいただいた
おしり仲間のOshiriさんの作品です。
その時の記事はこちら↓

吸ケツ鬼ちゃんが大好きで、お忙しいのに
わざわざ作品の詳細写真を送ってくださり、
たまらずDF始まってすぐに見に行ってしまいました。

羊毛作品はお姉さまが、グラフィック関係は妹さまが?
ナイスな連係プレーで独特のゆるくかわいい世界観を
作られていますが、ひとつひとつはとても洗練されていて
デフォルメに無駄がありません。
お二人ともすごく実力がおありなのだと思います。
あこがれます。*


こちらはRT祭で知ったかぼちゃパンツを作られている
しーぷさまのところのかぼちゃパンツです。
黒地にドットのフリルがかわいく、ドロワとしても
ボトムスとしても十分かわいく着られると思います♡*

ロリ・非ロリにかかわらずドロワは日常使いするので
かわいいかぼちゃパンツに出会えてほくほくです~


IMG_8106.jpg 

最後は有名なハロウィニストのお二人、
蛸虫美織さま(左:@monyura_miori)と
ponicoさま(右:@ponico_dot)のブースにお邪魔しました。
Ponicomonyuraという活動名で立体造形と服飾と
独自のセンスと世界観で作品を展開されています。

デザフェスでお二人と出会い、
Twitterを通して仲良くさせていただいています。
先日のカワサキハロウィンでお二人とお会いする
予定だったのですが、かなわず…
この場でお会いできてとっても嬉しかったです♡*
快くお写真を許してくださり、ありがとうございました。

服飾・造形とお二人で分担されて展開する
Ponicomonyuraの完成度は圧巻です。
ponicoさまの色彩・布素材の組み合わせなどのセンスは
お洋服を楽しむ喜びが根源だと強く感じますし、
美織さまに至っては造形は独学というのが驚き。
かわいいモンスターも唯一無二のデザインで、
しわしわぽこぽこ生々しいのにかわいくて憎めません。
お二人のとても丁寧な手仕事を感じました。
好きなものを好きなだけ、にとどめず、
愛情もってここまで完成度を高められるお二人の
そのパッションに熱いものを感じます。

私も早く立派な一人前になりたいです。
まだまだ足りないことばかりですが、
好きなものをやり遂げる情熱のともしびだけは
絶やさないようにしようって思いました。

私の情熱のともしびは、何によって
保たれているのかをよく知るところから
再び始めようと思います。


それではまた★

デザフェスVol.44出展レポ★ありがとうございました♪

こんばんは。

IMG_8093.jpg 


デザインフェスタVol.44は無事に閉演しました。
日曜・両日出展された皆さま、お疲れさまでした。

Cast a spell !!は土曜のみ出展でした。
朝の神々しいまでのビッグサイトをご覧ください笑

IMG_8091.jpg


毎回人形・フィギュアエリア出展のためか
B~Cエリア1階出展と恵まれておりますが、
ブースによる人通りのムラは
極めて大きいものと毎回思います。

今回B-159の出展となり、
人通りはいつもより少なめなように感じました。
土曜は日曜と比べて比較的活気がある?と
私個人の体感でそう思うのですが、
コアなお客さまが多いこのエリアでは、
通りすがりに何かを買ってゆく…という
偶然の出会いは少ないのです。
皆さま出展者さまを定めてきてくださいます。

IMG_8122.jpg

今回のブースデザインはこんな感じ。
前回と比べてごちゃ感をなくしました。
おしりちゃんはおしりちゃんでまとめ、
シンプルに仕上げることを徹底したつもりです。
またテーブルにかけるクロスを
ハリのある素材に変えたことでしわがなくなり、
清潔感のあるブースになりました★*

実はここまで組み立てるのに必要なパーツは
かなりあり、9時半過ぎ到着で
準備が出来上がったのは11時ちょうど。
ギリギリでした。

IMG_8098.jpg

看板を用意したので 、
なぜおしりちゃんなのか?を説明することなく
お伝えできたので結果用意して◎でした!

ただ、お話の存在に気付いていただけず…
ここまで仕上げたブースデザインも
次回はまた変更となりそうです。
あー残念です。

IMG_8099.jpg 

お迎え待ちの皆さん。
お客さまによってずいぶんと
好みがわかれるおしりちゃん。
タコちゃんや双生児ちゃんは
変わり種が好きなDF民に比較的人気でした。


IMG_8101.jpg

今回は残念ながらDFでのご縁はなく、
お家へ帰還するのを待っている状態ですが、
手前右のクリスマスちゃんたちを
BASEで再び公開したところ、
ルドルフ君はさっそくお家が決まりました★

おそらくネットで公開しているおはなしが、
じっくり読める点でネットでの公開は
相性が良いのかもしれません。

おはなしの内容が濃厚であるとおほめいただいて、
執筆する喜びを強く感じました。
愛着がわく、と喜んでくださるお客さまも多く
もっともっと無視できない
魅力の一つと浸透してほしいと思います。


IMG_8111.jpg 

こちらをごらんください!
おしりユーザーの三鬼さま
よりいただいた「おしり熊手」です!
いつも愛を感じるお心遣い、本当にうれしいです。

ワイヤーが付いているのでおしりちゃんが
飾れるようになっているのです!
さっそくチャンドラ君を載せました♪


IMG_6429.jpg 
前回のDFでの看板下にある
横断幕鉢巻やはっぴ、

IMG_7152.jpg 

ハロウィンケープなどを送ってくださった、
ドール服をお仕立てになるお針子さまが
作ってくださいました★
1月浅草で開催のドールショウに出展されますので
詳しくは三鬼さまのTwitterへどうぞ♪


IMG_8112.jpg 

いつも気にかけてくださる
ハロウィンつながりの友達さんから、
招待チケットの半券もいただきました。
真ん中におしりちゃんがいるよ!って
教えていただいたのです(*´ω`*)
すーちゃんいつもありがとう!

DF公式さまは楽しんで
いろいろと載せてくださるので、
これが結果につながればいいなと思うばかりです。

発表の場や作品との出会いの場…
そういった場所としては申し分ないDF。
秘かに次回はドールでなくアクセサリーや
雑貨のくくりで出てみようかな?とも思う次第です。


IMG_8119.jpg 


私の創作活動は私のアイディアや技術だけでなく、
温かく声援を送ってくださる皆さまや、
お迎えを検討してくださっているあなたさまにより
強く強く支えられ発展しているものと感じています。

それは目に見える形だけに限りません。
Twitterやブログなどで活動を追ってくださる
あなたさまによっても、強く支えられているのです。
昨日ご挨拶させていただきましたが、
改めまして、皆さまに厚く御礼申し上げます。

今年のイベント出展は早くもこれで
終了となりますが、来年はDF出展を1回ほどに限定し、
そのほかドールイベントへの参加を考えています。
結果を早く出せるようになりたいなと思うのですが、
まだまだサーチやアピールは足りないと感じています。

よりよくなって、またあなたにお会いできることを
心から楽しみにしています★*


それでは!

デザインフェスタVol.44 ありがとうございました☆

こんばんは!
デザインフェスタ、誠にお疲れ様でした。
イベントを通して関わってくださった出展者の皆さま、
お立ち寄りくださいました皆さま、
興味を持っていただいた全ての皆さまに感謝いたします!

IMG_8123.jpg 

また改めてレポートさせていただきますが、
デザインフェスタを通して得られるご縁や、
応援して下さる皆さまのお声をダイレクトに感じられること、
何より私が皆さまのお心遣いによって恵まれていると
改めて感じられる機会となり、胸がいっぱいです。
作品を愛してくださいましてありがとうございます。



IMG_8119.jpg 
またよりよくなってお会い出来ますように。
取り急ぎ、ごあいさつまで…♡


星嶋すみれ

デザフェス出展!各作品のお値段やブースのご案内★

こんばんは!

いよいよ明日はデザインフェスタです!
ブースは1FのB159になります!

BASEにて公開しているブローチ、
おしりちゃんは全部持っていきます。
また、非公開のポストカードも持参しますね!

BASEでのWEB SHOPはこちら↓


〇お値段について
デザフェスでは全作品¥300~¥1000 OFF
お披露目させていただく予定です。
(オーダー品についてはお値段そのままです)

また、コウモリちゃんブローチについては
デザフェスでは今まで¥3500で公開していましたが
¥3000にお値下げしました(*^-^*)
BASEでも¥3800→¥3300へお値下げしてます★

これらのお値段はデザフェスに来てくださるための
チケット代なんかを考慮しての価格設定です。
WEB SHOPではそのままのお値段です。
なにとぞご了承ください。

ポストカードは全6種、1枚¥100になります。
6枚全種セット購入で、BASEやその場で
ご利用になれる\500 OFFクーポンを
差し上げていますので、ぜひご利用くださいね。


〇決済方法
現金ほかに以下のクレジットカードでの
決済がご利用になれます。
*VISA/Master Card/楽天カード

楽天ペイ/アプリ決済もご利用いただけます。
(ご利用には楽天会員登録とアプリのDLが必要です)
*VISA/Master Card/楽天カード


***


IMG_6427.jpg 

足りないものを買ったりしなければな…と
何を使ったかなあと考えて思い返してみると、
何気にブースのレイアウトも満足せず
しつこくデザインを変えてきたようでした。
今回もデザフェスで使う新しい什器を
思い付きでやり始めてしまい、
寝ずに即日で仕上げたので、努力の昇華に
ここでご紹介します笑


IMG_8060.jpg 


まずはこれ。
L字の吊り下げ棚を連結させて、
ポストカード立てを作りました(👌・ω・)👌
今まではディッシュスタンドを使っていたのですが、
何気に嵩張るのと奥に立てられたポストカードが
陰に隠れて見えなくなるのが嫌だったので、
立てられて省スペースになるものを考えました。


IMG_4073.jpg 

この形自体は前の前のデザフェスで、
ブローチの陳列に使っていたのですが(左下)
両面テープ仕立てというゴリ押しだったのに加えて
ついでに塗装もしてませんでした。

幅がないので重なってしまうのですが、
後ろのスタンドによって角度が調整できるのと
釘でちゃんと打ってあるので丈夫です。
あと色を合わせたのは大事だった…。


IMG_8061.jpg 

お次はこれ。
形自体は前から思いついていたのですが、
段の下が影になるで嫌だったんです。
ですが、ブースに散らばったおしりちゃんが
見づらかったので、どうしてもまとめたくて。

おしりマンションの隣に建てたかったので、
屋根付きにしました。元気な黄色の屋根です。
棚はさきほどのL字吊り下げ棚をビスで止めたもの。
若干前傾になっちゃうのですが、
後ろに重りを置けばなんとかなると思います。

一度全部並べてみたのですが、
前回よりもずっとスッキリした感じで
ブースがまとめられると思うので今から楽しみです!

ルムアくんも、チャンドラくんも
明日は連れていく予定なので、
遊びにいらしてくださった時には、
ぜひ二人にも会っていってほしいです(*'∀'人)♥*+

それでは、デザフェスでお会いしましょう♡
ぜひ遊びに来てくださいね★

b159.jpg 

カード決済についての追記、そのお知らせ。

こんばんは。
昨日はlupopoさまの企画展ツイに
たくさんの反応をありがとうございました。
興味を持っていただいて、大変励みになります。
また、ご縁に感謝いたします(*^-^*)

***

実はすでに地元を離れ、東京に来ています。

昨日は大酉祭へゲン担ぎへ行ってきたのですが、
そこで貴重な体験をしてきました。
ちゃんと熊手も買ってきたのです。
そのお話はまた後で…★

***

さて、昨日アナウンスさせていただいた
カード決済のお話なのですが、
カードリーダーが無事配送されたようです。
(間に合わないと思って謝罪文を書いていた苦笑)

カード決済導入を急いでいたのは「楽天ペイ」で、
カード決済のほか、「楽天ペイアプリ決済」が
ご利用いただけるようです。
アプリ決済については、以下ページにて。

楽天ペイ公式HP


それでは取り急ぎここまで。
ではまた!

デザフェス出展前後の配送手配のお知らせと、クレカ決済導入のお知らせ★

おはようございます。
今日は祝日、まったりした時間の進みを感じますが
私は出展前恒例の焦燥感でいっぱいです笑

出展直前におしりちゃんが嫁いでいくという
なんともありがたくうれしい悲鳴なのですが…(*´ω`*)
新作を思うほかご用意できず、
ちょっぴりもんもんと悩んでおります。

IMG_7828.jpg 

さて、デザフェス出展前後のご注文、
配送手配にかかるお時間についてと、
デザフェス当日の決済方法のお知らせです。


①出展前後のご注文について

昨日アナウンスさせていただいておりましたが、
配送による搬入手配を本日いたします。
これ以降にご注文いただいたおしりちゃんは、
デザフェスから帰還を待っての配送となります。
配送手配にいつもよりお時間いただいてしまいますが、
予めご了承ください。

また、デザフェス開催中は
SHOPもカートオープンしております。
先行公開の、ルドルフ・サニエルについては
お迎えしていただけませんが、
そのほかの作品につきましては
通常通りお迎えしていただけます★


②デザフェス当日の決済方法について

先日より審査の申請しておりましたが、
無事に審査が通りましたので
クレジットカード決済が
お選びいただけるようになりました。

現在時点でお取り扱いのできるカードの種類は
*楽天カード
*Visa
*Masterカード
以上の3社となっております。

*JCB
*American Express
*Diners Club,Discover
以上の3社につきましては、
これより審査へ移行となりますので
デザフェス当日はお使いになれません。
Vol.44以降のイベント出展時より
お選びいただけることと思います^^

以上2点のお知らせにつきまして、
どうぞよろしくお願いいたします!


それではまた★*

ケーキの上の砂糖菓子の妖精 泣き虫のトナカイ ルドルフのご紹介★*

こんばんは。
本日デザフェスに送る荷物の梱包を済ませました。
本当は集荷を済ませたかったのですが、
ぎりぎり間に合いませんでした…
明日の朝いちばんで頼むことにします…
眠いよ!

さて、Twitterにて一足お先に
アナウンスさせていただいていますお知らせは
以下の通りです。引用しますね。

よろしくお願いいたします♡*

***

さて本日ご紹介するのは
クリスマス限定のおしりちゃんです。
初雪が観測され始めたこの頃…
すっかり冬支度な季節にぴったりの子です。


ケーキの上の砂糖菓子の妖精
泣き虫のトナカイ ルドルフ

IMG_8002.jpg

砂糖菓子のトナカイ、ルドルフ君です。
豪華な金の角はキラキララメラメ+*

ミルクティ色の肌に降りかかった、
粉砂糖のような白ぼかしの肌が
なんとも複雑なお色で、
ふつうのおしりちゃんとは大きく違っています。


IMG_8001.jpg

全体的に淡いお色です。
砂糖菓子によくある、あのほわっとした
雰囲気に寄せてみています。
赤いお靴はクリスマスの長靴っぽく。
汚しが少しだけ入っています。

個人的に雪化粧のツリーに似合う子かなと思います。
オーナメントに負けないくらい立派な角の子なので、
ぜひおそばにおいてほしいです。


IMG_7999.jpg

両手にマグネットが入った小さな手
この手の中に仕込むのは結構大変ですが
おっとりした子なので手は小さめが一番。

おしりはほんのり血色。
がっつり入れるとイキモノっぽさが
でるので淡く控えめにしました。

IMG_7998.jpg

だけど淡いいお色ばかりだと
顔の印象が薄くなるので、
混色したノーズシャドウを濃い目に入れています。
彫りありちゃんなのでよりくっきり。
綺麗に影が出ると思います。
アンニュイっぽい雰囲気もあるので
かっこよく、また切ない雰囲気が出ます。

身長はこのサイズには珍しく18cmと長身です。
過去最高身長ですが、主に角によってです笑
角は柔らかいので折れなくて安心。


IMG_7997.jpg


★ルドルフのちいさなおはなし★

色とりどりのフルーツや
砂糖菓子が飾られたケーキの町にも
クリスマスのプレートが飾られるようになり、
忙しい季節の訪れを感じさせるようになりました。
ルドルフは今年もクリスマスケーキの上を
彩るメレンゲ菓子の妖精として、
下界に遣わされることになりました。

彼はこの時期が少しだけ憂鬱でした。
ケーキの上で、踊るようにポーズをとる
ルドルフを最後まで食べてくれる
お家はあまり多くないからです。
彼の豪華な金色の角はキラキラの飴細工でできていて
宝物のように輝いて
それはそれは見事なものなのですが、
彼はあくまでもケーキの引き立て役なのでした。


その日も彼はあるお家の
素敵なホールケーキの飾りとして、
かっこよくポーズをきめていました。
ですがいつもと違ったのはケーキに立てられていく
小さなろうそくだったのです。
やがてろうそくの灯ったケーキの前に座ったのは、
一人の少年でした。
そして彼は目を伏せて
静かに手を組んで祈り始めたのです。
ルドルフには少年の祈りが聞こえた気がしました。

ルドルフの体に積もった雪が
吹き飛ばされるほどの元気な息によって、
ろうそくの炎は吹き消されました。
拍手とともに明るくなった部屋の中で少年は喜びました。
ルドルフは真っ先にチョコプレートと
ろうそくとともにケーキから降ろされ、
切り分けられていくケーキの影で小さくため息をつきました。
その刹那、少年がルドルフを持ち上げて、
大事そうに粉砂糖を払い落とし始めたのです。
足の裏についた生クリームも丁寧にふき取り、
ルドルフを壊れないようにそっと、乾燥材とともに瓶に入れたのです。
それをどうするつもりなの?と聞かれた少年は
「大事に取っておくの、僕の宝物にしたいから」と答えました。

ルドルフはうれしくなって、少年の瞳を覗き込みました。
そして幸せなこの時を象徴する記念を
自分に託したのだと気づきました。
胸がいっぱいになって、
涙がこぼれそうになりましたがぐっとこらえました。
泣いてしまったら溶けて消えてしまうからです。
ルドルフの小さな鼻は、我慢にたちまち赤くなりました。

***

いかがでしたか?

ルドルフ君はケーキの飾りとして
よく使われるメレンゲのお菓子の妖精でした。
少しコリッと硬くて口でシュワッと溶ける…
あの甘いお菓子ですね。

クリスマスケーキであふれるこの季節、
彼はそのケーキを飾る要員として
下界に遣わされたのですが、彼にとっては
なかなかさみしい時期だったようです。
食べられることなく、捨てられてしまうことも
少なくなかったようだからです。

ですが、その日は少年の誕生日で、
和やかに祝われる少年を囲んだ、
あたたかい家庭がそこにありました。
手を組んで祈る少年の心が、ルドルフには
見えたことと思います。

おそらくですが…
それは自分の願いをこうよりも先に、
家族への感謝と少年なりの家族への愛でした。
これからの幸せは、この家族なくしては
成り立たないことだったのでしょう。
少年にとっての誕生日は、自分への祝福というより
愛してくれた人への祝福の日だったということです。

ルドルフはのちに少年の一つの宝物として
瓶に入れられて愛されることになったのですが、
家族への愛の象徴として自分が選ばれたこと、
託されたことが幸せだったのですね。

彼は泣き虫ですが、泣いてしまっては
溶けて消えてしまう儚い存在なので、
ぐっとこらえたらお鼻が赤くなったということです。

赤鼻のトナカイという歌がありますが、
そのトナカイの名前こそがルドルフです。
そりを先導する世界一有名なトナカイにちなんだ
クリスマスらしいおしりちゃんでした。

ルドルフ君もデザインフェスタへ連れていきます。
サニエルちゃんと並んでよろしくお願いします★


それではまた!

鈴のような美しい歌声で 福音・兆しを伝える天使サニエルのご紹介★

こんばんは~。
デザフェスの荷物の配送による搬入が
今日から受付となりました。
明日・明後日には済ませてしまいたいのですが
サボっていたウォーキングを再開したら
什器を思いついてしまいました。
今日もオールで制作です…

さて本日は昨日お披露目した
サニエルちゃんのご紹介をしようと思っています。


鈴のような美しい歌声で 福音と兆しを伝える天使サニエル

IMG_7992.jpg 

身長17.5cmの大きなおしりちゃんです。
おしりちゃんと同じような作りで作りましたが、
大きさのほかに違うのは、ちょっとしたギミックです。
おなかに鈴が入っているので、チリンと歌います…♪
音符のネックレスが歌好きの彼女を象徴します。


IMG_7994.jpg 

手には生成りのお袖とめがついています。
お靴は自立のために重めにしてあります。
ころんとした大きめのお靴はゴールドに
ニュアンス程度の汚し・ムラが入っています。

体にはもこもこっとしたシープボア。
全体的に丸みをイメージした
鈴のようなフォルムです。


IMG_7993.jpg 

17cm代のおしりちゃんは過去にもいましたが
主にお耳によって身長を稼いでいた子でした。
サニエルちゃんは足も手も瞳もすべて大きめです。
16cmほどのペンシルと比べても
サニエルちゃんの大きさがお分かりかと思います。
それでも当初の20cm予定と比べて
少し小さくなりました。

目じりにピンクの跳ね上げラインを入れました。
全体的に清潔で神聖な雰囲気です。
天使だしね。


IMG_7995.jpg 

色味が飛んでしまっていますが、
フェルト製の羽根にはラメが付いています。
普通のフェルトよりハリのある硬いものです。
羽根の影からちらっとおしりが見えています★


IMG_7988.jpg 

昨日ご紹介した際にお見せした写真です。
手のひらにマグネットが入っているので
音符ネックレスの金具を彼女が持っています。

襟はリボン柄の綿レースを使用しました。
綿レースを襟に使ったのは初めてです。
裾のスカラップがガーリーでかわいいです。


IMG_7996.jpg 



★サニエルのちいさなおはなし★

あなたはある朝、窓から差し込んだ
まっすぐで美しい朝日によって目覚めさせられました。
閉めていたはずのカーテンと窓がほんの少しだけ開いていて、
小鳥のさえずりとともに高く美しい鈴の音が聞こえています。
目覚めの縁に香る夢の残り香をたどって、
あなたは忘れられない声をかすかに思い出し始めました。

それはとても神聖な響きで、せせらぎのように
心地よい透き通った声のように思えます。
再び目を閉じてその声を思い出そうとすると、
耳元でその声が聞こえてきました。

色づいた葉よ 花よ
地に落ちてもめぐる永遠の
素晴らしい兆しに輝け
君が忘れようと紡がれる命の
幸福に満ち完成された
ハルモニア

君が忘れようと
結ばれた命の
愛に満ち完成された世界の
ハルモニア

温かく小さな何かがあなたの頬を撫でて、
祝福するかのように高らかに歌う声は鈴のように高く無垢でした。
あなたは目を開けて頬を撫でる小さな何かが
手とわかると優しく握り、声の主を見据えました。
小さな耳を動かして歌う彼女の
真ん丸な瞳がキラキラと輝いています。
にっこり笑う彼女の背中には小さな白い羽根が見えました。

「私はサニエル。あなたに福音、兆しをもたらす者。
あなたに降りかかるあらゆる災難を、
災難と思うままにしまわないで。
今はそれがひどく悲しくとも、
いずれ新しい芽生えののちに
素晴らしい実りをもたらすでしょう。
その時が訪れるまでに苦しいと感じたなら
私をお呼びなさい。私は歌う者。
あなたのために、兆しをもたらす者です。」

サニエルがそう笑って無邪気に
あなたの周りを飛び回るとき、
不思議と美しい鈴の音が鳴り響きました。
嬉しい知らせ、実りのしるしをもたらすに
ふさわしい心地よい音色に、心が満たされる気がしました。
窓辺の朝の光が、美しく瞬いています。

***

いかがでしたか?
お話に出てくる「福音」とは、
キリスト教的にはキリストの教えになりますが、
彼女は「兆し」を伝える者なので、
純粋に「良い知らせ」を指します。
チャンスや風向きを知らす者です。

私が信じている言葉に
「人間万事塞翁が馬」というものがあります。
それはタロットでいう「運命の輪」のようなもので
悪いと思った出来事も、後に良いことに転じたり
また逆もしかり…という人生や運命の面白さや
常に流動的で動き続ける運命を表す言葉です。

一つの悪い結果がその瞬間にはすべてなのだ、
と思いこみがちになりますが
後々その結果が大きなチャンスや新たな良い結果を
もたらすこともあるわけです。

事実、私も悪い環境によって長らく
不自由な思いを強いられてきたと感じていましたが
その出来事がなければ、今こうして制作によって
あなたと繋がることができなかったのです。
何がきっかけになって人生が変わるのか、
それはやり過ごして生きてみなければ
決してわからないことだということですね。

サニエルはあなたが声をたどり目をつむる姿に
そのように声をかけたのです。
ですが、自分が打ちのめされたと感じるさなか、
そのような真っすぐな前向きな言葉は
眩しすぎて受け入れがたいことも
サニエルは知っているのです。

苦しいと思うときは私を呼んでほしい、
私はあなたのために歌う者
という言葉がその心を象徴しています。

サニエルは、7人の大天使のうちの「ハニエル」
+兆し(サイン)を合わせた名前です。
大天使ハニエルは「芸術」「音楽」の
保護者ともいわれているようです。
愛と美・調和をもたらす天使です。

大きくて丸いフォルムの彼女を、
ぜひ手や腕の中で転がして
鈴の音を聞いてほしいなと思います。
サニエルがあなたのために歌うことでしょう。


サニエルちゃんはデザインフェスタで
先行してお披露目させていただきますね。

b159.jpg 


明日は砂糖菓子のトナカイ
ルドルフくんのご紹介となります。

おたのしみに♡