2016年12月

心のかけら、愛しの忘れ形見 ドーリスのご紹介★*&2016年のたくさんのありがとう。*

昨日はお披露目した4人のおしりちゃんに
沢山の反応をありがとうございました♡
美人さんの鳥ちゃんズは引き続き
おうち探し中です(*´ω`*)♡


ひとり、またひとり…とお迎えされる
おしりちゃんたちが、オーナー様に
幸せを運んでくれる子でありますように。

さて、大晦日ですが本日もご紹介です。
個人的には今年の技術の集大成となった子かもなあ…


★ナラの木の精ドーリスと芋虫のニーユ★

IMG_9068.jpg 

どこにいるかわかるかな?
かくれんぼが上手なドーリスは
ナラの木の精…というより
大木自身の心が具現化した姿です。
ドーリスはもちろん、
胸のウロにいる芋虫のニーユも。

木目が刻まれた新しい作風の子で、
葉っぱが前髪だったり、
体から葉が生えていたりします。


IMG_9074.jpg 

大きさは約16cm。
はじめシルバーの瞳を使いました。
薄い瞳は怖くなるので避けていましたが
アイリングで輪郭づけることで
ほんの少しだけ優しい瞳になりました。

怖い印象があったみたいなのですが
私は久々に表情豊かな心が通じるような子と
出会い、手のひらの中で対話できた気分です。


IMG_9076.jpg 

全体的に汚しの入った
年季を感じる色付けにしてあります。
チャームポイントは突き出たニーユと
葉っぱのしっぽかな~(*´ω`*)

露出した肌には抜かりなく、
木目のテクスチャが入っています。
ドライブラシで塗るのですが、浮き出る
模様に胸が躍りました。


IMG_9082.jpg 

後頭部にも葉っぱが生えています。
実はこの葉っぱはナラの葉っぱじゃないんです。
物語の字数制限のために泣く泣く削ったのですが、
実はこれはアケビのツルという設定だったんです。
孤独な大木には、静かな友達が必要です。


★ドーリスのちいさなおはなし★

IMG_9084.jpg 

昔、命あるものとないものには区別なく、
すべてに心があると信じていた旅人がいました。
この世にあるすべてのものに名付けて流離う
変わった旅人で、名付けによって
<なんたるか>をさだめられたなら、
それはもう男にとって
立派な心あるモノとなると
考えていたそうでした。

やがて年老いた男が"子どもたち"を
もう覚えていられないと悟った時、
広大な草原にどんぐりを一つ植えて
男は立ち去りました。
変わり者の男を覚えている人は
数多くいましたが、
誰も彼の名前を知る者はいませんでした…

長い年月を経て旅人のどんぐりは
大きなナラの木になりました。
毎年多くのどんぐりを実らせましたが
不思議とその大木以外に、
ナラの木が芽生えることはありませんでした。
しかし生き物の憩いの場として欠かせない存在でした。

目覚めは突然訪れました。
どこから来たのか自分でもわからないけれど、
自分がドーリスだということだけは
自覚できました。
胸に空いた穴からはニーユという
芋虫が出入りすることも。

IMG_9080.jpg 

二人は目覚めた時からお互いを知っていて、
古くからの知り合いのような
懐かしい気持ちにさえなりました。
さらに奇妙なことに大木の幹には
ドーリスの胸のウロによく似たウロがあり、
そこは生き物の巣でもあると知ったのです。

ドーリスとニーユは自分が
大木の心であると理解しました。
それから大木はいつものように
多くのどんぐりを実らせましたが、
次の春はいつもと違いました。
ナラが発芽したのです。

ドーリスとニーユは双葉を確認した後で
様々なカタチのモノたちが
見えるようになりました。
やがて次々に名乗る彼らの名前は、
どれも男が名付けてきた
"子どもたち"のものであると
気付いたのです。

それなのに誰一人
男の名を知りませんでした。
男には名前がなかったのです。

ドーリスたちは目覚めた仲間と
相談して男の名前を考えました。
心を与えてくれた父である
男の名前は、豊かなナラの森が
よく知っているのです。

***



いかがでしたか?
<名前が存在を証明する>というのは、
お互いがお互いを認知して、新鮮な
記憶によって存在を証明しあうからこそ
<あなた>と<私>がここにいるといえる…
という考えと似通うところがあります。

男は全てに名前を与えて流離う旅人でした。
<名前>がその他大勢から特別な何かに差別化する、
一つのラベリング行為だったのです。
名前は、それが<何たるか(どのような存在か)>を
決める要素でもあります。
男はアイデンティティを対象に与えたのです。
(あると考えた・感じられるようになった、かな?)
それはなぜか?
自分が名前を持たないために、
何たるかを証明できず、差別化されることのない、
もっと言えば記憶されない単なる男であり、
それはとても孤独なことだったからです。

覚えていること、覚えられていること、が
どんなに大きなことを成し遂げるよりも
どんなに偉くなることよりもずっと難しいと思います。
財を成し、何か形に残る何かを作ったとしても、
そのものがあなたの存在を証明したりはしません。
覚えている人がいるから、あなたはそこにいるし
そこにいた、と証明されるのです。
人は簡単に、忘れてしまう存在です。

そんな彼を覚えていたのは、
心を与えられた世界中のモノでした。
名前をあたえることは、
男の一部を預けることでもありました。
形見でもあるドーリスらこそ、男の生き証人です。
父である男を慕い、生き、増えることで
男の存在をつないでいこうとしたということです。


***


2016年もわずかとなりました。
今年は企画展にお誘いいただいたり、
デザフェスのポスターやチケットに
掲載していただいたり、委託店とのご縁や、
クリエイターの方々とのご縁もありました。

IMG_9161.jpg 

オーダーによって特別な子たちを
制作することもできました。
いろいろなことがいっぺんに起きて
ついていくの必死だった気がしますが
どれも私の力になっています。


IMG_9162.jpg 

今年初めに作った子たちが数年も
前からいる子のように感じていたり
去年と同じような時間感覚に襲われています。
どの子もかわいく、みな特別な子たちです。


IMG_9163.jpg 

打ちのめされたり、喜んだり、
泣いたり笑ったりが激しかった一年、
みなさまに支えられてこの一年も
作り続けることができました。
本当にありがとうございます。

来年もまた、頑張って新しいことに
どんどん挑戦していきます。
どうぞよろしくお願い致します(*‘ω‘ *)♡
それでは良いお年をお迎えください!

Cast a spell !!
星嶋すみれ

スポンサーサイト

まだ見ぬか弱い輝きの星座 クレヴァのご紹介。*

本日は何かとバタバタとあわただしく、
ツイートもせわしなく連投しまして
お見苦しいところをお見せしました(;´・ω・)
プリンター不調につき、なかなか思うように
作業が進まずちょっぴり不便な中での
新作ちゃんズのお披露目でした。

IMG_9126.jpg 

ありがたいことに、
木目ちゃんのドーリスちゃんと
パーティーアニマルのヒヨコのチャナくんは
お家が決まりました…(*´ω`*)♡
なんて幸せでしょう…ありがとうございます。

さて、本日は新作ちゃんの中から一人
クレヴァをチョイスしてご紹介です★


★まだ見ぬか弱い輝きの星座 クレヴァ★

IMG_9050.jpg

深く鮮やかな藍色の羽根を持つクレヴァ。
彼女のモデルはシマエナガと
アメリカコハクチョウです。
くちばしは濃いネイビーで、ラメがキラッ★
濃く強い色を使うのは結構ためらいます。

黒!白!のようなはっきりとしたデザインは
失敗したときのリカバリーが…笑
でもすごくかわいくなって良かったです♡
黒目がちの美人さんになりました。

大きさは14.5cmほど。
かわいく手の中に収まるサイズです。
特に鳥ちゃんはベイビーな雰囲気が強いので
手に乗せた時の庇護欲はぴかいち…!
生まれて間もないデザインですが、
皆さん好いてくださいます。

足のレース糸もラメ入りだし、
お靴も濃紺にラメが乗って銀河みたい!
濃くて暗い色はラメを乗せると楽しいです。


IMG_9052.jpg 

ツン!と突き出たくちばしは
ちょっぴり丸くて優しい印象です。
この前のピヨちんと比べると
だいぶ短いくちばしと思います。
横顔に個性が出るのが鳥ちゃんタイプです。


IMG_9054.jpg 

しっぽはボア(っていうのかな)つきの毛糸で
ボリューミーでふさっとしてます。
レース糸を交えて流れ星みたいに。
おしりが見えなくなってしまうのですが、
鳥ちゃん系はこうなる運命かも…(゜-゜)


IMG_9048.jpg 


★クレヴァのちいさなおはなし★

人の住む地の上、
闇を映してどこまでも広がるような
星の池の中で、小さな星屑を食べて光る
クレヴァは弱い輝きの星でした。
そのためにクレヴァはあまりにも
広い星の世界の中では珍しくはない、
人に見つかっていない小さすぎる星座の一つで、
多くの星が辿る燃えて消える一生を
同じくなぞる運命の若い星だったのです。
しかしクレヴァ自身はその事実を
特別悲観的に思いませんでした。

それというのは現代で生まれる
新しい神話が限りなく少なく、
黄道12星座の英雄たちや母である白鳥座が
持っているような逸話を考える、
信心深い羊飼いもあっという間に
減ってしまったからにほかなりませんでした。
星の輝きよりも身近にある光で事足りる人々の、
失われた信仰心を多くの星座は嘆きました。
クレヴァは星座として飾られることを夢見た
多くの星の生き物たちを見てきました。
実際に悲願叶って星座になった
よだかを知っていますし、
燃え尽きても語り継がれる永遠性を求める
星々の気持ちもわかります。
ですが人々から想像力が失われつつある今に、
それを再び求めることは無意味なことと思えたのです。

IMG_9065.jpg 

クレヴァはあきらめていましたが、
本当は自分を見つけてほしいと強く願っていました。
弱く小さな星、広大な星の空を泳ぎ続けて
星屑を食べた光の寄せ集めでしか輝けない自分でも、
確かにここにいるのだと誰かに見つけてほしいのでした。
母の白鳥座の周りに生まれた、
小さなまだ見ぬ兄弟星座たちの多くも例外なく、
人よりも長い時間を生きながらも
やがてはひっそりと鳴いて、
流れて夜に還っていくのです。
クレヴァは忘れ形見の星屑を拾って、
消えていった仲間の輝きを想います。

クレヴァは星の池を泳いで、
今夜もあなたのような想像力を信じる
豊かな心の持ち主との出会いを待っています。
瞳があった時の合図はこうです。

<弱くも確かな星の瞬き、1・2・3…>

***

いかがでしたか?
この宇宙は今現在も広がり続けていると聞きます。
宇宙の果てを見ることが叶わない私たちに
知覚されていない星座の元たちは
とんでもなくいるのだと思います。

その昔日本でも、北斗七星が神格化されて
信仰を集めていたと聞きます。
不思議な星の並びに、人々はものの形を当てはめて
時に祈り、時に心を寄せ、星を身近に置きました。

クレヴァは白鳥座の足元にいると考えた
白鳥座の架空のこどもの星座です。
平面で見る星座の並びではなくて、
奥行きを考えた3次元の星の並びだったなら
遥か深くにいて、なお弱い光の星だったなら
見つかっていないクレヴァがいても
おかしくないんじゃないかなと思ったのです。

クレヴァは見つけられずに散った星屑を
兄弟の忘れ形見として啄み、輝く星座です。
名もない星、隠れていた星、
"存在しない星"を自分だけは覚えていて、
躯を引き継いで生きるということが
彼女なりの仲間への弔いかもしれません。

人より長い命の星はいつも見送っています、
命短く忘れてしまいやすい人間を。
でも、語り継ぐことができるのも人間だけです。


物語の中でテーマは特に設けませんが、
今回は<受け継ぐ・語り継ぐ>が
テーマになったのかもなあという感じです。
ふと気づいた気付きでしたが、
何か私の中で思うところが
あったのかもしれません。

次回はどの子の紹介かな?
お楽しみに★

新作鳥ーズと木目ちゃんのお写真をショップで先行公開しています。*

29日に間に合いませんでしたが
これは29日付のブログです。
(日付もごにょごにょしてやったぜ!)

さて、今日は新作ちゃんらの
お写真撮りをしました。

IMG_9126.jpg 

手を加えようと思えばいくらでも
こだわれてしまう作品作りって、
「ある程度」の見極めがとても難しいです。

実はまだ物語が追い付いていなくて、
まだ頭の中のキーワードを
掴もうとじたばたしているところです。
直近に見聞きしたものに左右されやすいので
そうならないように設定を
あちらこちらから見まわしています…
数が多いと頭が特に追い付かないんです…

あ、そうだ。
お名前だけは決まっているのでお知らせします。

左上から、
Neelo(ニーロ)♂/Chana(チャナ)♂?
Dolis(ドーリス)♀/Kleva(クレヴァ)♀
性別はあとで変わっちゃうかも。

Web Shopにはお写真のみ先にお披露目しています。
明日夜9時に、カートオープン予定です。

★ショップはこちら★

なお、年末年始も変わらず配送手配はしています。
なるべく即日対応を心掛けています。
よろしくお願いします★



鳥ーズのお披露目、あと少し★

ご無沙汰な更新となってしまいました。
年の瀬で何かとバタバタする時期ですが、
皆様お変わりないでしょうか?

さて、先日募集させていただいた
お年賀企画は27日をもちまして募集を
締め切らせていただきました(*‘ω‘ *)


たくさんのご応募ありがとうございました~
ご連絡先をお聞きしなければならない点で
不安が大きい企画だったかもしれませんね。
企画終了に伴い、ご連絡先は削除いたします。
また、この企画以外にご連絡先を
使用することは一切ございませんので
ご了承くださいませ~

本日の昼過ぎに投かんしましたので、
元旦に到着するかは不明ですが
届いたらラッキー★ということで(∩´∀`)∩


***

お年賀企画がぐぐっと割り込んだせいもあり、
誕生が大幅に遅れてしまっていますが、
本日中には完成&お話のご用意ができ、
明日か明後日にはお披露目になる新作ちゃんです。
新作の鳥ーズ★

IMG_9030.jpg 

見事に3色になりました…
あんまり意識してなかったのですが
はっきりと信号機になりました笑

シマエナガのような、白鳥のような
濃紺が印象的な青い子。
カリメロみたいに割れた卵の殻をかぶった
おっとり顔の黄色いひよこちゃん。
モヒカンでキメてるくせに
意外とベイビーフェイスなコケちっち。

以上の三人が本日仕上げに入ります。


IMG_9035.jpg 

鳥ーズはしっぽが付きます。
オナガドリのように長くしたいのですが、
おしりが完全に見える機会を失うので
フォルム的にもかわいいしっぽの
サイズになりそうです。


IMG_9039.jpg 

おしりが見たいときは
かき分けてみてほしいです。
コケちっちはこれで完成かも。
あとはお話~


IMG_9042.jpg

どの子も幼顔でおっとりした顔です。
ベイビーフェイスが好きな、
彫りなし顔FANの方好みかも?
浅くても彫りはちゃんとつけてあるので
陰影を味方につければくっきりしますよ。

どんなお話が出来上がるか、
想像を膨らませていますがなかなか
強い物語性を感じる木目ちゃんもいるので
頭があっちこっちに行かないように
よく考えなければなあ~


***

さて、今巷で話題になっている
セルフィーライトをご存知ですか?
ドールオーナー様の間で使えると噂の
CanCanの付録のことです。

ドールを撮影する機会が多いので
試しに買ってみることにしました。

IMG_9023.jpg 

けっこう大きくてゴツめのライト。
単4電池2本を使います。だから少し重いの。
ハート自体がクリップになってて、
意外にもカメラを覆ってしまわないのが◎


IMG_9025.jpg 

結構眩しいくらい光ります。
光りすぎて回り暗くなっちゃった。

上の3人の鳥ーズはこれを使って撮りました。
暗いところでドールに向けると、
フラッシュをたいたみたいな
直接的な明りの当たり方になるので
クリップで挟まず掲げて遠目から当ててます。
ティッシュかぶせたりするとまだましかも。

もの撮りはあんまり得意でないし、
iPhoneで撮影をすべて賄っているので
どうしても限界があります。
一眼あるんですけど、面倒くさくて
しかも重いので手が伸びず。

光源を背負って撮らなければならない時も
意外と室内撮りでは結構あるので
上手に使いこなせたらなあ~
自撮りには結構使えそうだと思います笑


そういうわけで今日はここまで。
それではまた~

ちいさなおはなしの小瓶が、ちょこっとかわいくリニューアルします★*

メリークリスマス★
サンタさんからのプレゼントは届きましたか?
昨日はおしり年賀状企画に
応募、RT、♡などありがとうございました。


小道具を用意したり、セットを作ったり
チャンドラ君以外のおしりちゃんに
協力をしてもらったりして撮影を進めています!
お写真用の年賀はがきを買ったので
綺麗な画質でお届けできることと思います~

引き続き、27日まで募集しています♪
ふるってご応募くださいませ~(((o(*゚▽゚*)o)))

***

IMG_8916.jpg 

クラフト紙のネームシールを
紅茶染めしてみた…のですが
あんまり色が付かないので
結局絵の具使ってエイジング…

そしてその上から金インクでスタンプ。
ちょっと曲がっちゃったけど
これも味ということで…笑


IMG_8918.jpg

これを瓶にペタッと貼りました。
リボンなんかもくくってみたりして。
シンプルだった小瓶がちょっとかわいくなりました。
それから、最近金糸で物語を結ぶのをやめ、
もう少し丈夫な紐で結んでいます。
解きやすく、結びやすくなりました。
次回お渡しから、こんな小瓶でお届けです。

完成待ちのおしりちゃんは、なんとか年内の
誕生を目指して制作していきます。
何かと他用に時間を取られてまとまった
製作時間を取ることが難しいですが、
向き合える時間を大事に、制作していきたいです。

それではまた!

「おしり年賀状企画」やります♡その傍らで生まれた自然の申し子をチラッと★

クリスマスイブですね!
なんだか外が随分賑やかだなあと
思っていたら、今日なんですね!
夜型引きこもりの私には
季節や時間の流れが遅れてくるようです。

さて、いきなりですが
「おしり年賀状企画」をやります!(*´ω`*)
チャンドラ君にお正月の装いの中、
改まって新年のご挨拶を
お任せしようというものです。

IMG_7949.jpg 
チャンドラ「えっ、クリスマスは?」

ちらっとTwitterにてお聞きしたところ、
需要がほんのりあるようでしたので、
張り切って年賀はがきを沢山買ってきました!
早速数名から年賀状のご希望を
ありがたくも頂戴しております…♡*
数に余裕がありますし、余らせても
もったいないのでぜひぜひお気軽にどうぞ~!

以下のご注意をお読みいただいたうえで
ふるってご応募くださいませ~★

★おしり年賀状企画の応募方法とお約束★
締め切りは27日まで!

◆応募方法
*ご住所、お名前をDM・メールにてお知らせください
*未成年の方はご家族の許可を得てください

◆お約束
個人情報の取り扱いについてですが、
過去にドールのお迎えなどでお預かりした
お客様の個人情報は、その都度削除しております。
そのため、参加希望の方は
お手数ですが改めてDM等で星嶋に
ご連絡先をお知らせください。

また企画終了に伴いましてお預かりした
ご連絡先は速やかに削除し、
企画以外の目的に使用しませんことを
お約束いたします。

というわけで、参加をお待ちしています♪


***

さて、本日早朝から出かけなければならない
用事のために、新作ちゃんの完成が遅れ
クリスマスまでに間に合わないと判明…(´;ω;`)
楽しみにしてくださっていたらごめんなさい…

毛並み貼りがまだ半分ほどしか進んでませんが
一人、お話待ちまで進められた子がいますので
ちらっとご紹介。

IMG_8913.jpg 

お名前未定の木のおしりちゃん。
胸からは芋虫のお友達が出入り。
襟や前髪、しっぽやわき腹から
葉っぱがにょっきり生えている子。
コケやこぶがあったりして、木そのもの。

人を選ぶデザインだとは思うけど、
久しぶりにじっくり時間をかけて
向き合ったな~と思う子になりました。
お家が決まらなくても、一緒に過ごそうね。
お話もお楽しみに~★


IMG_7948.jpg

今日はそんなお話でした。
みなさま、良いクリスマスをお過ごしください♡
メリークリスマス!

物語の予感、兆し、知らせはどこから来るの。*

この前もんもんとしてしまった心を
胴にも押しとどめておくことができず
ぽろっと言ってしまった言葉があります。
幾巡も回帰するこのことば…
こんなにも大きな気付きを
私は忘れてしまうようです。
今はこの声に従っています。

***

そういえば、私のブログリンクにも
載せさせていただいている
おしりドールオーナーのありこさまのブログで、
進撃の巨人のアルミンくんドールと
ステラちゃんのツーショット写真が載っています★
あまりにもかわいくてツボすぎたと
先日Twitterで騒いでしまったのですが、
やっぱりぜひ見ていただきたいので、
改めてここでご紹介します(*´ω`*)♡

ゆっくり人形生活 / ありこさま

丁寧で細やかな愛情を感じるお写真が
沢山見ることができますよ!
幸せそうで穏やかなドールのお顔を見ると
私も幸せな気持ちになります…♡

***

IMG_8904.jpg 

塗りの終わった子たち。
今日は毛並み貼りを終わらせてしまい、
ついでにお話も書いてしまおうと思います。
(ただそんな単純にはいかない笑)

鳥ちゃんタイプはもうほぼお顔も
体つきも固まってしまっているので
お色や冠羽の有り無しなんかで差異を
出そうと思ってます。
”鳥”とはっきりしている分、
物語に目に見えない縛りや干渉を感じます。

右の子は白鳥とか、ルリビタキっぽい子。
ぼんやりとですが、物語の輪郭が
誰よりもはっきりしているので
物語の広がりをどう抑えようか、
どう残そうか悩んでしまいます。


IMG_8902.jpg 
カリメロ状態のひよこちゃんと
木製ちゃんも色付けとレース糸仕上げまで。
怖いかと思ってた木製ちゃんが
意外と強面を克服してかわいくなってて驚き。
作り手のひいき目かなあ~
小道具というか簡単な装身具は
今後積極的につけていこうかなと思ってます。

次回お披露目のご案内ができるかな?
頑張ります~!それではまた!


木製のおしりちゃん、誕生の兆し。

制作のおともに見ていた
ハリポタシリーズも全て見終わり
特典DVDもうっかり全て見てしまったので
今はAmazonプライムで
ティムバートン巡りしてます。
俳優さんの声が聞きたいので字幕派ですが
ほぼ画面が見られないので
制作の時ばかりは吹替で見てます。

ダークシャドウ→スリーピー・ホロウ
→スゥイーニー・トッド…
バートン巡りっていうかほぼジョニデ。
ジョニデかっこいいよね、輪郭が好き。

次はシザーハンズの予定。
シザーハンズだけは例外で
絶対に吹き替えで見てます。
エドワード役は塩沢兼人さんだから…
ジョニデも若くてウィノナもかわいい。
でもウィノナはビートルジュース!
ゴス娘役がめちゃくちゃかわいい。

***

昨夜、怒涛の4人一気磨きを終わり、
パーツ用意ができたので、
塗りに入りました(;゚∀゚)=3ハァハァ


パーツの数の多い&テクスチャに凝った
ノーマルの子を先に塗ったのですが、
真っ白でエンボスが目立たない肌が
彩色によって模様があらわになる瞬間は
とっても楽しくて久々に心躍りました。

IMG_8874.jpg 
ノーマルといっても作風は
至ってノーマルじゃないです笑
木肌を意識して、この子自体が木の化身のよう。
胸にはウロが開いていてお友達が出入りします。
テクスチャを広く入れたので、
ファーも控えめに貼る予定。

IMG_8896.jpg 

いつもは美人にするために
肌をつるつる一歩手前まで
せっせと磨いてしまうのですが、
それに少し飽きてしまって…。
古めかしさみたいなものを出すために
ちょっと練習していこうと思ってます。

この子は例外的に
しっぽのようなものが付く予定です。


IMG_8894.jpg 

ほぼ彩色が終わった木肌ちゃん。
こぶとか苔とかそういうのが付いてます。
瞳はシルバー、黒いアイリング入り。
胸から出ているのは芋虫なんだけど
蛇っぽくも見えますね。


IMG_8892.jpg 

怖いかな?ウケ悪いかな?と思い
すこしひやひやしてたんですが、
意外とかわいいお顔で私は気に入ってます。

今日中に全員塗り終わってファー貼りに
移行しようと思ってます。
塗りもファー貼りも地味~~~に
時間がかかってしまう作業ですが
さっさかやって、企画展の子にも
とりかからなきゃなあって思ってます。

あー、あと。
実は合間に小さな子をいじっているんですが
小さいお顔にぷっくり口元が
少しくどくみえて、途中まで仕上げては
こねなおしてしまったりして進んでません。
スカルピーも難しすぎます…
バッグチャームみたいな形にしたいのに
粘土は脆すぎるし、キャスト製も重みがでるし
樹脂粘土は発色が嫌だし、スカルピーは…
もうちょっと研究させてください。

そういうわけで、今日はこんな感じ。
それではまた~

過干渉なお母さんみたいな星嶋…おしりちゃんだって反抗期が…。

おしりちゃんたちに対して
<庇護欲>…守ってあげたくなるような
そういった気持ちを掻き立てられると
言ってくださる方が多くいて、
持たせたいと思っていた一つの
要素だと思っていたので、
とっても嬉しい気持ちになりました。

夏の終わりに、<アンニュイさ>が
私の中の根源の一つあって、
いずれはそれに回帰したいと
お話をしたと思うのですが、
あったかい気持ちとさみしい気持ち、
それを作品の性格として
どうやって両立させようかな?
とぼんやり考えています。
印象って意図せずついて回るものかな?
私が操作するものなのかな?
おしりドールのアイデンティティって?
制作者としてどこまで干渉するべき?

こんな風にいろいろ考えて
悶々としながら作っているのって
正気じゃないんじゃないか
私だけなんじゃないかなって
すっごく孤独な気持ちになります。
大した答えなんて出ないので
もう手を動かすしかないんですけれどね。

おしりちゃんたちに
「星嶋うざい!くそばばあ!」って
いわれても言い返す言葉がない…
きっと…笑


***


IMG_8865.jpg 

必要な素材を買いに行った中で、
こんなものを試しに買いました。
いや、実は前から持ってはいたのですが…
あまり使い勝手が良くなかったので
お蔵入りしていて、買い直しです。

金色のスタンプインクとクッキー用のスタンプ。
いや、おはなしを入れてお渡ししている小瓶を
もっとかわいくできないかな?
そして誰が誰のかわかりやすくしたい…
と思ったので。

今ある、出来上がって板についてきた形を
もっと喜んでもらえるために一歩進められたら
ずっとこなれてずっと特別になるかもって。


IMG_8869.jpg 

ゴム印でないので硬くて食いつきが悪いけど
クラフト紙にちゃんと写りました。
硬いところで押すとかすれちゃったりするけど、
シリコン型の上でやったらちゃんと出ました。

そのかすれも偶発的な特別な風合いとして
受け入れられたらうれしいなあ。
もちろん、許容範囲はあるとして。
ただ行間が広いのが気になっていて、
なんかもっといいものがないかなと思うので、
もう少しだけ探してみます。

今日はそんなお話でした。
それではまた~


手のひらの卵から孵化する今年最後のおしりちゃんたち。*

本日はLupopop Cafeさまの
企画展ツイートに沢山の反応を下さり
ありがとうございました(*´ω`)


今年もあとわずかとなりましたが
クリスマスまでに3~4体の
おしりちゃんを誕生させるべく
せっせとパーツづくりをしています。

IMG_8862.jpg 

3人の鳥ちゃんと
1人のノーマルちゃんの予定です。

来年は酉年なので…
というわけではないですが
新年もほんわかした気持ちで
迎えられるような…
ちょっとベイビーな感じの
鳥ちゃんズにしたいです。

ノーマルちゃんはやってみたかったことを
取り入れようかなあと思っています。

IMG_8243.jpg 

先日お披露目したボタンや…


IMG_7624.jpg 

スケアリーでちょっと試したのですが
もっと思い切ったことをやってみても
いいかな?って考えています。
風合いとしては闇おしりちゃんかな?

クリスマスまでに間に合うかしら?
急げ急げ~!(またか!)

それではまた~