2017年05月

魔法使いなおしりちゃん★*かわゆいお写真いただきました!

本日より留守にします。
染め粉とか綿とか出かけたついでに買ってこれたらいいな。
ゴスっ子おめかしちゃんのブレードとか
何かいいの見つかるかしらん。

今日は掲載許可をいただいたお写真のご紹介です!
ドルショでおしりちゃんのコスチュームを
お迎えしてくださったおしりオーナー様で、
いつもステキなお写真を下さるありこさまからです♪

「ゆっくり人形生活」*ありこさま

「なりきり魔法使いセット」という
おしりちゃん用のアウトフィット品4点セットを
去年のハロウィンに出したのです。
気に入っていたのですが数が作れず、また季節ものだったので
お披露目期間が短く知らない人もいたかも笑
こちら最後の1点で、無事完売となりましたε-(´∀`*)ホッ
お迎えありがとうございます(*ノωノ)♡


P5121643.jpg 

ステラちゃんが着て見せてくれました~
背景もハロウィンパーティーみたいです!
一足先にハロウィンを迎えたみたい!
ステラちゃんにすごくよく似合っていて、
思わずニマニマしています…
しっぽにりんごが下がっているの…
かわいい~~(´;ω;`)

マジカルなお星さまモチーフが何気に多いので
ステラちゃんに似合うかも♡とのことで
着せていただきました♪


P5111629.jpg 

黒い棒は箒の柄です♪
衣装で魔法使いになれたから魔法を使えると信じて
軽い気持ちでエイッてやったら本当に使えて
炎がボッ!!!でびっくりした!!!!
…みたいな風に妄想しました笑

お耳が大きいので後ろ気味でとんがり帽子を
かぶってもらっているみたいです。
背負っちゃうのもこれまたかわいいですね~(*ノωノ)


P5121648.jpg 

えへへ魔法使いになってみたの、似合うでしょ?
 ぼくもきる~!

なんておしゃべりしているかも…♡
BOXからひょっこりでているチャナくんがまた
うらやましそうな、一緒に喜んでいるみたいな、
そんな感じで表情が感じられます。
ずっと見ていられる…
ドルドルするってこういう感じなのかなあ…♡

ハロウィン柄のBOXは衣装を入れるための箱でした♪


P5121656.jpg 

そしてちゃっかり借りちゃったチャナくん笑
チャナくんは卵の殻を頭にかぶっているのですが
それが帽子の被り口にピッタリ★だそうで、
しっかり被ることができたみたいです♪

ぼくもまほうつかえるかも~みたいに
期待いっぱいにぎゅう~と箒を握っています。
どんな魔法を考えているのかな~(*´Д`)*
もう私は魔法にかかったみたいに
可愛さにドキドキしてます!

私に裁縫の技術がもっとあったのなら
こういうアウトフィットも出したいのですが
なかなか最後まで向き合えず出せません。
だけど、こういうお写真いただくと
やっぱりいいなあ~と思うんです。
何かいいものが思いついたら、
またやってみようかしら…と思うような
嬉しいお写真でした♡*

***

P5151662.jpg 

ありこさまは、ドルショの時にチャナくんを
連れてきてくださいました。
その際にくるまれてきたのが、
ありこさまお手製の「おくるみ」でした。

モチーフレースと鈴のついたリボンが
かわいいふわふわのおくるみ…!
触らせていただいたのですが本当にふわふわなの~
ありこさま曰く「過保護仕様」だそうです笑

こんなおくるみにくるまれたら眠っちゃいそう…
チャナくんも安心しきったようなお顔です。
大事大事にされているのが伝わります。


P5151666.jpg 

こちらはステラちゃんのおくるみ。
お色違いの猫柄ですね(*´ω`*)
ステラちゃん用のおくるみには、
お耳を保護するために芯材が入っているなど
工夫がされているとお聞きしました。

仕様や大きさが違うおしりちゃんですから、
一人一人に合ったお道具が必要なんですね。
愛ある工夫がまた素晴らしく、感動してます。

私は手元に道具も材料もあるし、
何かあったら自分で直せてしまうので、
トラブルに対して危機感が薄いのかもしれません…
ドールと長く生活するためのお道具や工夫には
どういうものがあって、どういう仕様だと
助かる、安心、便利なのかなあ…
そういう視点を得るためにも、こういうお写真や
お話はすごく勉強になるしありがたいです。
またいろいろお聞きしたいです。

それにしてもお写真が宝物すぎて、
こっそり待ち受けにしちゃいたいくらいです笑
ありこさま、ありがとうございました♪


今日はお写真のお披露目でした♡
それではまた~★







スポンサーサイト

予想外だらけのチャイム制作!

制作中のチャイム(仮)はパーツの乾燥が終わり
研磨&盛り・修正に入っています。
まだ腕のパーツなんかは芯に包んだ状態のままなので
ある程度形がそろったら割って芯を出そうと思います。

IMG_1424.jpg 

昨夜の段階のチャイム(仮)のヘッドです。
キュッと上がった目じりを少しだけ下げて
ねむた目のような落ち着いたお顔にしました。

すごくベイビィなお顔の子をラフで描きましたが
私も思い付きによってどんどん変わっていってます。
とってもとっても好みの目つき…
大人っぽい子もいいかもしれないなあと思いました。
たぶんそんな風にして生まれたがっているんですね。


IMG_1426.jpg 

耳を整えてお顔を少し研磨しました。
凛とした感じできれいな子になりそうです。
今の段階ではオープンマウスですが
閉じてても雰囲気がありますね。

耳は大きめでたれ耳になります。
思い切った大きさにしています。
稼働したら楽しいんですがジョイントが…
う~~~ん。

ヘッドだけは研磨が終わったら
シリコンで型を取ろうと思います。
体は別にそれほど作りこむ必要がないのでいらないかな。
そしたらシリコン型で複製したやつをきれいにして
石膏で複製しようと思います。


IMG_1428.jpg 

鶏の丸焼きみたいな体は首が付きました。
首忘れてて作るの大変だった…
素体のうちからちゃんとやること大事…
乾燥が済んだと思うので関節付けて磨いていきます。

それから、今さっきモヘアとアクリルファーが届きました。


IMG_1431.jpg 


これはモヘア。オレンジみを感じます。
うーんもっと薄く淡い生成りだと思ってたんですが
地の記事の干渉によって色が転んでしまっているみたい。
あんまり密度はないですが、毛が立てば違うかも。

モヘアはすごく保温性が高くて、体温の移りが感じられ
抱っこしたときにじんわりあたたかくなっていくような
今までにない感じになりそう。


IMG_1436.jpg 

下半身に使うヴィンテージアクリルファーは
赤味を感じるチャコールグレーって感じ…
正直見本と全然違って間違っているんじゃないのって
勘ぐりたくなるようなものですが…


KGQN0236.jpeg 

だって見本これですよ…笑
ちょっとモニターの色が…とかいうレベルでない!
ただ毛の長さや触り心地がすごくいいんですよね。


IMG_1409.jpg 

さっきの見本の色が届くと思って
染色した場合のシミュレーションはこんな色でした。
けどこれは叶いそうにないですね~


IMG_1436-2.jpg 

グリーン系の染料を乗せるとこんな感じになるかも。

色の想像は難しくて、地の色がかなり干渉するんです。
特にモヘアは黄味を感じるので、青みにしようと思って
単純に青を乗せると緑に転ぶんですよね。
そうなると紫を先に入れて黄味を飛ばさないと…
でも、ダイロンの威力がすさまじいみたいで
結構そのまま色がのるみたいなんです。
どの程度強く色を入れるかによるんですが…
モヘアなんかは染まりやすいみたいなので
入れたい色そのまま入れてみようかな~
ターコイズのような色を薄く入れていきたいかな。

魚の部分はかなり暗色なのでニュアンス程度かも。
強い色になると思います。
瞳の色をもう少し強くしてバランスをとるか悩みます。
お顔がすごくキリッと美人系に変わったので、
かえって落ち着いていいかもしれません。
…と無理やり納得しようとしているのか、
本心なのかちょっとまだ判断できないです笑
想定外だな~

まあ、こういう予想もしないことも楽しんでいきますか。
あとはRムーンストーンの到着を待つのみですが
いいものが来ることを願います。
綺麗なシラーが出ていればいいんですが。


今日はこんなあれこれ。
シリコン型取れるまで頑張れるかしら。
明日から少し出かけます…

それではまた
 

「ホンモノ」を目指して素材探し。なんとかまとまりました★*

昨日はLupopoさまの企画展でした。
沢山の♡とRTをありがとうございます!

今回はラブリターズに限定してお写真を選びました。
最近、アクセサリーやラブリターズを中心に制作していたので
経過を報告できるような見栄えの良い
チャイム(仮)の写真も手元にないのでこうなりましたが、
何を作る人なのか、が分かりやすくて
かえっていいんじゃないかと思います笑


チャイム(仮)について言及してしまい、
完成に向けて頑張りますと宣言してしまったので
どーにか間に合わせようと思っています笑


***


IMG_1276.jpg

前に掲載したラフデザインですが、
この子の素材についてあれこれ考えていました。
チャイム(仮)にはいろいろな副素材が使われる予定です。
少し前の更新で、こんなこと書きました。

100年以上の年月を超えて愛されるテディベアは
こういったモヘアを使って制作されているんですね。
*中略*
長い年月を超えて一緒にいるためには、
そういう<ホンモノ>でないと経年変化に耐えられないのかな。

長く愛されること、の条件とは何だろうか?ということです。
運命的な出会いをしたとか、そのデザインに心底惚れたとか
色々あると思うのですが、そもそも物理的に「長持ち」しないと
そこには到底到達できないんじゃないかなと感じたんです。

どんなものでもどのように扱うか、メンテナンスするか、
愛でるかなどでモチが変わってくるのはあるのですが、
そうさせたいと思わせるための気持ちか価値か…
何らかの要素の「底上げ」は素材が一部担っている気がしたんです。
それがすべてではないのは承知しています。
経験として良い素材に触れることも目的の大きな理由ですが
こだわる理由はそこにありました。
でもいろいろ葛藤があって、長いこと悩んでしまいました。
作品がお嫁にいなかったら…と怖くなって怖気づいたのですが
思い切って気が変わらないうちに注文してしまいました。

結局一部モヘア・一部ヴィンテージ風のアクリルファー、
それらを手染めすることになりそうです。
モヘアは簡単に染められますが、アクリルは基本染まりませんので
専用の染料を使って染めることになりそうです。

毛足の長い巻き毛のモヘアを頭と胴に使い、
下半身はヴィンテージ風の毛足の長く縮れたファーを使用します。
また眉にはレインボームーンストーン
(ホワイトラブラドライト)を使用します。
「奇跡的な出来事や出会いを引き寄せる石」だそうです。
水晶の予定だったのですが、思いついてしまって。
チャイム(仮)にはぴったりだと思って譲れませんでした…
うまく埋め込んでサイズ調整したいです。

ムーンストーン、ラブラドライト、ぺリステライトなんかの
シラー効果があるもの、オパールなんかの遊色効果があるもの
フローライトやアメトリンなんかの色が面白いものなんかが
とても好きで、昔からちょっと集めていたりしましたので
(地域柄、宝飾にならないくず石なんかをもらったりできた)
Rムーンストーン、ちょっとワクワクしています。
次々に届くようで、早く素材と対面したいです。

***

IMG_1415.jpg 

チャイム(仮)のお顔を、少し変えようと思います。
瞳の付け方を変えようと思い、やり方を変えました。
「学校の怪談3」の映画に出てくるシャカシャカみたい笑
コメントで「弥勒菩薩」について寄せてくださった方がいて、
恐れ多くも、ちょっと目つきの雰囲気を寄せてみようかなって。
切れ長の、でも優しそうで凛としたお顔にしたいな…


IMG_1417.jpg 

ねむっているみたいな、笑ってるみたいな。
なんかもう愛おしい…
ルムアを生んだ後の、なんとも言えない
幸福感を思い出しました。

今晩には瞳が埋められるかしら…
まだお顔が乾かないので割れませんが、
代わりに耳のパーツと腕のパーツを進めて
せっせとレンジで焼いています。


IMG_1420.jpg

体は早速割って中を少しきれいにくりぬきました。
わきの下も少し削ってくびれを出しました。
後はやすりでどうにかするしかないな。
これ以上削ぐと割れちゃうかも。
後はどのタイミングで蓋をつけようかなあ…


IMG_1422.jpg 

お腹の内側、無駄に偏った厚みを
くりぬいた後の粘土です。こんなに出ました。
これも実はふやかしておくと粘土に戻るので
無駄なく使っていきます。

程よく柔らかくなったペースト状の粘土は
凹凸や傷埋めに便利なものになるし
固くなった粘土と混ぜると柔らかさが出ます。
削った後の粉なんかも、実は使えたりして。

そんな感じで進めていきます。
胡粉の仕上げもあるし型紙起こしもあるし
染めなきゃだし、ちょっとペース上げていきます。

それではまた!


大事なのに、泣かせたくなるよ。*

昨日胴の素体の作り直しをしたのですが、
「新聞紙でなくてアルミホイルのほうがいいかも」と
教えていただいて、あああその手が~~~!となり、
しばし悩んだのですがこのまま進めることとしました…
腕と耳のパーツも用意しなくてはならないので、
そちらで使用してみようと思ってます(*´ω`*)
教えていただきありがとうございます♡

比較的小さなパーツだとそれほど量を使わないと思うし
キッチンのアルミホイルを拝借しても
おそらく怒られないと思います(買いに行くのが面倒)
色々資材が切れているので買いに行きたいんですが、
最近はなんだかおっくうです。
資材を見に行くとアイディアが浮かぶので大好きなのですが
焦っているのかな?

***

IMG_1390.jpg 

作り直した素体に粘土を盛りました。
半端なく大きいです…大丈夫かこれ。
おしりちゃんの頭と比べてもだいぶ大きいですね。

あ!ちなみにこの子はおしり出てない子になります。

脇下~腰のラインにくびれがないので後で削ります。
マーメイドだし少し曲線を強めたほうがきれいかなあ。
どんな毛並みを貼るか、その厚みはいかほどか…で
素体自体の大きさも考える必要が出てくるのです。
もこもこしたような厚みやボリュームのある毛並みなら、
素体は少しスマートなほうがラインがきれいです。
ただ肝心の毛並みが決まってないんですよね…


IMG_1399.jpg

頭のパーツもこんな感じ。
大ぶりなグレープフルーツくらい?
最初の素体にだいぶ盛ってしまったので、
割った後は中を少し削らないとダメかも。

どうせ毛並みを貼るし、露出する手足ほど
肌を滑らかにしなくて差支えはないのですが、
それでも凹凸が大きいと形に響いてきます。
舞台裏、どこまで整えようか。


IMG_1400.jpg 

彫りを作って口元をざっくり。
少しお鼻が大きいような気がするので後で修正。
鼻のパーツも見つけてこないとな。
サイズが大きいとパーツのバランスが取りにくく、
全体的に大味な感じになりがちですね…
顔のパーツが少し仰ぎ気味なので、
全体的にもう少し下へ寄せようと思ってます。

表情も悩んでいて、今はほんの少し口が開いてます。
おしりちゃんはあどけなさのある
オープンマウスがデフォで
閉じているのとか舌が出ているのとかは
かなりイレギュラーなのですが、
この子は口を閉じてもらうか歪めるかで悩んでます。
「泣くと奇跡が起きる子」なので泣かせちゃおうかなあ。
寂しそうな、でも悲しく微笑んでいるみたいな…
そういう見る人によって変わるようなお顔にしたい…

ざっくり全体を盛って、しばらく外へ出して
風と陽に当てていたのですがあんまり乾きませんでした。
大きいせいでオーブントースターで焼けないので
自然乾燥に頼らざる得ないのですが…
布団乾燥機とかがいいと聞いたので試したいんですが
出すのが面倒くさい…
割ってしまって焼いちゃおうかな…

***

形決めに今のところそれほど悩んでいないので
このペースなら全然いけるんじゃないか?と
楽観的に考え始めたのですが、
よく考えたら球体があるんだった。
それに蹄のある腕があるのも問題だった。

ルムアを作ってみた当時はどうだったっけ?と
日記をさかのぼってみたのですが
相当苦労したみたいですね…そうだったんだっけ…
のど元過ぎればなんとやらで、
今は何とかなるでしょ~とか思ってるんですが
終わりの始まりがやってくるのか…笑

巻貝と頭のサイズ感もよかったし、
資材集めと並行してやっていきます。
よし。


それではまた!

胴の作り直し。クロスボディの構造の謎、深まる…

気温が上がってきて、粘土の硬化が早まってきました。
夏はもうすぐそこまで来ているようです。

用意しなければならないものがあって、
そちらに時間をかけていました。
妥協すること、がどうもできなくて
ある程度自分がこれでよい、と思うまで
時間をかけてしまうのは良くもあれば悪くもあります。
私はイラストが上手に描けないので
何かをデザインしたりするのが苦手です。
アナログもデジタルも、どちらも苦手なので
ずいぶん時間がかかってしまいました…

illustme.jpg 

illustratorで図形やパスを使って似顔絵を描きました…
こんな風にイラレを使ったのは初めてで…ああ…
私と会ったことがある方はお判りでしょうが
私ってまあなんかこんな感じですよね?
(だいぶ美化してますけど夢見てもいいですよね)
お見せする機会も限られるので救済させてくださいね…

oshiriface.jpg 

おしりちゃんもいたんですが
惜しくもハゲのままボツとなりました。
残念…


***


さてでは粘土に取り掛かろうか…というところで
初歩的なやり方を間違っていたのでやり直しとなりました。
取り返しのつかなくなる前でよかったです。

IMG_1308.jpg 

これが前にお見せしたパーツなのですが、
お顔と同じ要領で胴も作ってしまったのでやり直し。
首・肩は球体の関節が入るので、あらかじめそれを
考慮した形でないと面倒くさいことになります。
そうでもなければ穴をあける必要が出てくるのですが、
それなら先に開いていたほうが利口なのです。

IMG_1388.jpg 

というわけで芯材です(新聞紙)
ほんとはスチロールがいいんですが、家にないので笑
新聞紙はふかふかなのでやりにくいんですが仕方ない。
ルムアもそうやって生まれたのだ…

で、胴はクロスボディのショルダープレートのように
腰の部分が布の体にかぶさる形になるので、
あとあと割った際に中に蓋をつける必要がありそうです。
調べたけど構造が出てこなかったんだなあ…
腰の部分と胴と別で作って(どちらも中空)
ドッキングのほうが苦しくないかなあ。
やりながら調整していくほかないな…

というわけで全然進んでいません。
やばくない?間に合う気がしない…
無謀な気がしてきた(((( (;''∀'') ))))
頑張ります…

それではまた!

降り積もる 時の埃 汚れても 眩しい妖精の粉。

暑く寝苦しい夜が続いたと思ったら
冷たい雨が降り、よくわからない気候です…
本格的にウォーキングを再開し始めて
6キロを歩くノルマを続けていたのに、
雨に降られてはバイクが出せない…
夜中に晴れることを祈ります(;''∀'')

IMG_1299.jpg

この綿パンは動きやすいし転んでも怪我しないし
可愛いしお気に入りなんですが、
丈が短いのかツンツルテンでかっこ悪いので
夜中にしか着られないやつ…かなしい…

***

IMG_1297.jpg 
ケントデリカットダヨ~~

起こしたラフから頭の大きさと瞳の大きさ
全体のプロポーションを計算して割り出しました。
それから大体の原寸ラフをざ~~~っくりと。


IMG_1314.jpg 

おおきい…

前々回の更新でなんとなく出したのですが
頭が10.8cm/瞳が1.7cm(実際は1.6cmのカボション使用)
胴が8.5cm/下半身魚の部分は後でバランスをみながら
って感じになって、40cmサイズは免れなさそうです。

首の球体を少し大きめにとって稼働を大きくさせるか…
と思ってラフを起こしたんですが、どうも違和感。
ルムアの首を見ても、球体が頭に対して小さくて
赤ちゃんみたいに頭に埋もれている印象。
ヒトガタになると長いほうが好きなんですが、
手癖の中では短めがいいみたいなので、
直感を信じて少し短めにします。


IMG_1308.jpg 

球体関節のパーツと頭のなんとなくの塊。
一番大きいのは言わずもがな頭です。
中くらいのものが首関節の予定。
小さいものが肩関節の球体の予定だったのですが、
それも稼働を考えると少し大きいものがよさそう?
と考えて首関節と同じサイズのものを作りました。

焼いて貼り付け合わせたところでまさかの粘土切れ。
大量にストックしてあったのですがもうない…
昨日の夜に注文したので、明日届きます。
それまで何にもできない…
せっかくリズムができてきたのに!


IMG_1295.jpg 

これは瞳をイラレで書いて印刷したもの。
右のやつがおめかしネックレスの瞳。
1.2cmかな?比べてみると大きさがすごい。

これに色鉛筆で色を乗せてラメを塗っていくのですが
水性のノリで貼り付けていくのでにじむんです。
そのにじみが偶発的ですごくきれいなんですが
一歩間違えばボツになるというギャンブルです。
今回はグレー・ブルー・ネイビーと悩んでブルーに。

真ん中のブルーの色を覚えていてくださいね。


IMG_1312.jpg 

カボションを貼り付けるとこんな色になります。
張り付ける前は、ベースに黄とピンクと紺をのせて
輪郭をぼかしたりニュアンスを加えていたんですが
水性ノリがインクと色鉛筆がにじんでこんな色に。
びっくりしますよね…
私も毎回え!!ってなってるんですが、
すごく魅力的な色にいつも転ぶので、
たぶんこんな瞳になりたがっているんだなあと考え
そのまま使うことにしています。

後ろに半球の粘土をくっつけて、
はめ込むときに楽に調整できるようにしてます。

***

今回、作品に向き合ってみようと思っています。
少し使う素材をいいものにしようと思っていて、
モヘアを初めて探していました。
そこですごく理想的で幻想的な色の巻き毛を見つけたのですが、
1/8mで8千円以上していて…
ミスる分を考慮して60cm欲しいとなっても
2万円超えるので断念…恐ろしいモヘアの世界…
それじゃなくてももう少し抑えてでも
何かいいものを使用できたらいいなと思っています。
う~~~ん…2万…か…

100年以上の年月を超えて愛されるテディベアは
こういったモヘアを使って制作されているんですね。
モヘアはアンゴラヤギからとれた羊毛を加工して作られたもの…
とのことなんですが、市松人形も人毛を使ったりするらしいし
長い年月を超えて一緒にいるためには、
そういう<ホンモノ>でないと経年変化に耐えられないのかな。

創作ドールの世界はすごく高尚なモノと感じていて、
ファンタニマを間近で見てから、やる気があふれるのと同時に
自信がグラグラッと大きく揺らぎました。
自分の作品は薄っぺらいんじゃないかって怖くなりますが
私の作るドールは、オーナーとの間で
どういうものでありたいんだろうな?から、
どういうもので<あり続けたい>のかな?と
少し視点を変えて、もう少し掘り下げてみたいなと思います。


なんか長くなってしまいましたが、
とりあえず今日はこんな感じ。

それではまた!

星嶋すみれ、2周年を迎えました。*

いつもブログを読んでくださり
ありがとうございます。
meishi_dai.jpg 
2年前の5/16は初めてのデザインフェスタ出展日で
この日をもってCast a spell !!を屋号にして
活動開始いたしました。

この日のことは本当に忘れられない日で、
嬉しいこといっぱいのドキドキな一日でした。
作品をお迎えしてもらえたことの喜び、
好きと言ってもらえたことの幸せは
なんとも筆舌に尽くしがたいもので、
今思い返しても涙が出ます。


IMG_4082.jpg 


幸いなことに、その喜びを今もたびたび感じられることができ、
それは制作の大きな原動力になっていて、
また初心にかえるような瞬間でもあります。


IMG_6193.jpg 


2年の間に沢山の作品をお披露目する中で、
このブログを読んでくださっているあなたをはじめ
沢山のご縁、応援のおかげでここまでやってこられました。
いつも見守ってくださいまして、ありがとうございます。
これからも魅力的な作品を発表できるように
頑張っていこうと思っています。

nemunemu02.jpg 

引き続き、星嶋すみれの
へんちくりんでかわいいおもちゃみたいな作品を
楽しんでいただけると幸いです!
今後ともよろしくお願いいたします♡

星嶋すみれ

巻貝の一角、チャイム。

なが~~~~~い間ブログをお休みしました。
ごめんなさい、なかなか調子がのらなくて
少し休養と割り切って制作から軽く離れていました。
作ることが楽しくて制作していたのですが、
素直に思えない時期だったのかもしれません。

残念ながら私も生きている人間で、
誰が見てもいい人ってわけじゃないです。
広報も管理も制作も撮影も配送も何もかも
すべて私一人でやっているので責任者は私ですし、
何かあれば私がすべて責任を持ちますが、
ひとつ、ずっと引っかかっていることがあります。
たった1点のことで、なんでこんなに
悩むんだろってバカみたいですがずっと悩んでます。
嵐が早く終わらないかなあって思ってます。
嵐が去れば、もう大丈夫。


***


IMG_1276.jpg 

ブローチを作っているさなか、
ずっと考えていた子が降りてきました。
もう作らずにはいられないほど魅了されているので
この子に取り掛かろうと関節を作り始めています。

去年の夏ごろから頭に中にはいて、
少し大きなサイズで巻貝を角に使った子を
作りたいなあと思っていた子です。
人魚タイプで、じっくり向き合いたいような子です。


まろ眉はストーンか水晶のクラスターを埋め込んで
お鼻は貝殻かメタリックな塗装、もしくはカットストーンを。
下半身の魚の部分はクロスボディにしたいです。
普通は肩あたりまでが粘土製で胸に穴が開いていて
ぬいぐるみの体と縫いとめて作るのですが、
この子は腰で縫いとめるかんじです。
でもあえてリボンできつくくくるのもかわいいかもな。

テディベア用のガラガラ(チャイム)を買っておいたので
頭に仕込みたかったんですが、それよりは下半身に
仕込むほうがよく音が鳴るし動きがあっていいかもです。

一応肩と首が球体関節の子になる予定です。

ラフ画からヘッドと瞳の比率を割り出して、
バランスを考えたのですが、ヘッドだけで10センチありました。
瞳は1.7強でしたが、瞼もあるので1.6ほど。
ルムア君と同じくらいか、もう少し大きい感じかもです。

一度作った経験があるのですが、思い出しながらやっていきます。
少し素材にもこだわりたいなあ…。
DWFまでに間に合いますように。


そんな感じで。
あとステキなお写真、メールをいただいていてウッキウキしてます。
拝読しています!また改めてお返事させてください♡
それではまた~

ぼちぼち、作り始めています。

昨日はブログの更新をお休みしました。
微熱がずっと続いていて下がりません。
家人が寝込んでいるのでもしかしたら拾ったかもです。

高熱が出ない倦怠感だけのそんな
インフルなんてあるんでしょうか?
何かやってないと落ち込んでくるので、
お顔ブローチを作り始めました。
レジンに置き換えるか、粘土のまま作るか
悩み中ですがとりあえず進めています。


IMG_1255.jpg 

ブローチの原案は、
何気なく描いた右のお耳が葉っぱの子!
いつかのウィリアみたい…♡


IMG_7453.jpg

↑モッテモテだったウィリア。

このラフの子を何とか具現化したいです。
お顔ブローチの新しい子として。
造花と組み合わせるか、
お花も粘土で作るかちょっと悩みます。

レジンの強度・耐水性は信頼できますが
塗装がいつもきつくて。
タミヤエナメルの発色と被膜の強さは
すごく良くて大好きなのですが
べたっと乗るのが嫌で嫌で…
溶剤で薄めたら薄塗りもできるんだろうか。
毎回言ってるなーこれ(´;ω;`)

グリーンの瞳のお顔は少し前にお耳とセットで
ちょっとカラフルな子として作った子です。
妖精の採取箱からピックアップした
ウッキッキー★な子になる予定。
言わないでおこうかな?と思ったけど、
「ちゃんと読んでいるし無視してないよ~」って
弁解したかったので…(o*。_。)oペコッ
お楽しみに♡


***
 

IMG_1248.jpg 

眠れなかった夜に、あるものを作りました。
小さなドールと暮らす方には便利なおでかけグッズ。
先日のドルショで見せてくださった方や、
Twitterで作られている方の作品を拝見して
最近初めて知りました。

IMG_1250.jpg 

おくるみ、というものの存在です。
作り方を適当にネットで調べて
ざっくりですが作ってみました。
お裁縫が苦手なので、本当に簡単な作りです。
アレンジして、猫耳のフードが
付いているものを作りました。
だけどフードが小さくて、かぶれません笑

内布が白と赤のストライプ。外は黒地に金星。
真夜中のサーカスをイメージしてます。
へたっぴですが、これはこれで。

モザイクかかってますが、
あまりにパジャマが毛玉だらけだったので隠しました笑

IMG_1252.jpg 

これはピヨちんにあげるためのおくるみです。
内布は家にあったもの、布は適当に買ってきました。
傷んだピータンみたいでかわいい。

これもフードがぎりぎりお顔を隠さず笑
もう少し改良したら、お顔も隠せそう。
後でマジックテープをくっつけて
閉じれるようにしようと思ってます。
ようやくラダーステッチを覚えたので、
裏返した後の処理ができるようになりました。

本職の方々には到底及ばない稚拙な作りなので
個人的に使用するおくるみではありますが、
作っていて楽しかったです★
すこしずつ、体を整えて
制作に集中していきたいです。

こういう時、何にもしないのがいい時と
何かしないとスイッチが入らない時と
2種類あるみたいで、今回はどっちだったかな?
後者のような気もします。

とりあえずこんな感じ。
それではまた~


新しい作品についての思案・迷い・混乱の嵐あれこれ。*

昨日、お披露目しましたラブリターズの
沢山のお迎えありがとうございます(*´ω`*)

個人的に大好きだった「ぼせきちゃん」が
全て旅立ったのに驚いています。
イロモノ中のイロモノだったので
大丈夫かなあ?と心配だったのですが
なんともうれしく…♡*

定番のかぼちゃちゃんと
エビフライちゃん、食パンちゃんと
めだまやきちゃんがそれぞれおうち探し中です★

 

 

おかず系が多いな~
ピクニックに行きそびれちゃったのかな?笑
へんちくりんですがかわいい子たちです。
どうぞよろしくお願いいたします(*´ω`*)


***


次回出店はドールワールドフェスティバルですが
新しく何を作ろうかと悩んでいます。

音が鳴るギミックを買ってあるので、それも使いたい…
けど、クロスボディのドールもいいなあって。
体が布で、手足と頭(首)が粘土製の抱き人形のことです。
(ケープを縫うのに死ぬ思いなのにできるんだろうか…)
その際、新しいシリーズのお顔を
作ってみてもいいのかなあとぼんやり。

作家さんの好みのお顔が、かなり正直に表れるヘッドですが
処女作のマリオネットもおしりちゃんにかなり顔が似てたので
私の好みの顔は多分ああいうのなんでしょうな…笑
難しくてとん挫するかもですが、興味はそこにあります。


ラブリターズを新しい仲間として制作して、
皆さんに喜んでいただけたことで、
ありがたいことに、少し自由に行動できそうです。
できることが増えるということの幸せを、かみしめています。
ただ星嶋すみれとして、何ができるんだろうか?
未来、何を作っていきたいんだろうか?と考えています。
変化することを望んでいるけど、変化を恐れてもいる…。

GW中、ドルショ・ファンタニマとみてきましたが、
それぞれドールの方向性が全く違っていて、
でもどちらの要素も技術的に必要なことばかりで、
何から取り掛かったらいいのか、
つま先をどっちに向けたらいいのか、
また混乱し始めているんだと思います。
なので、ほんの少しの間、
アイディアスケッチに時間を取ろうと思います。
刺激が強すぎて、おそらく疲れています笑

そんな中、妖精の採取箱にリクエストを頂いていて、
すごく興味深いものを入れてくださったので
何らかの形でそれも昇華する方向で
始動しないとなと思っています。
ありがとうございます(*´ω`*)

妖精の採取箱


今日はこんなお話です。
頭を整理しなくちゃ~~

それではまた!
追記より、拍手のお返事です★
追記はバナーの下にリンクがあります!
(なんでこんな遠いんだ)