キュートな凶悪モンスター、ルーとジー。

みなさんこんばんは、本日2度目の更新です。

とんでもない集中力を見せた怒涛の2体同時制作は幕を閉じました…
日中少し雨が降っており、お写真が撮れないかと思ったのですが
ぎりぎり止んでくれたので無事にお写真撮れてよかったです★

お披露目のタイミングってやっぱり大事かなあと思っていて、
急きょこちらを仕上げましたが、オーダーちゃんも早く進めたいです。
素材選びに改めて悩んでしまい、材料の確保に遠出が必要になりそうです…
焦る…!笑



さて、本日お約束をしていました新しいおしりちゃんのお披露目です…★*




シャム双生児のルーとジーです。
毛色のおかげで凄くファンシーにな雰囲気になったため、
ぱっとみのその奇妙さは緩和されているのですが、腕で彼らはつながっていますし
ついでに言えば片足はそれぞれ欠損しています。

欠損している断面には、実はクリアストーンで飾られていたりします。
ふふ♡可愛いでしょ♡(暗黒微笑)


IMG_2968.jpg
紫ぱっつん、妹のルー。緑斜めわけ、兄のジー。

ずっと前からシャム双生児を作ってみたくて、どういう結合の仕方にしようかとか考えていたのですが
おしりちゃんの頭が大きいせいで、体をくっつけてしまうとファーを張る余裕もなくなりそうでした。
そういうわけで、次は3本足にしようかと思ったのですがそれもバランスがとりにくく…
結果こんな結合の形になりました。


IMG_2966.jpg
紺色の瞳、純粋で空っぽなルー。

疑うこと、考えることをしないので、だまされやすく流されやすい子です。
ふわふわした子で、いろんな意味で空っぽなので、自覚なしに悪事を働きます。
本人には悪気がないのでなおたちが悪く、子どもが残酷に虫を殺すような、
そういった類の残忍さも持ち合わせています。


IMG_2965.jpg
グリーンの瞳、オーバーな伏し目のジー。天の邪鬼な兄。

一方兄であるジーは、ずる賢く悪戯好きで、天の邪鬼のひねくれや。
ジーはルーの無自覚な残忍さを見ているので、その無鉄砲な危うさを反面教師にしています。
いつもルーを窺うように横目で見ています。恐れか、心配か、愛か…さてどれでしょう?
よく考える策略家で、だましやすいルーを駒にして悪戯をけしかけることが多いです。

自分たちの体の色が、人を油断させるような愛らしさを持ち合わせていることを知っているため
よりその心の隙に入りこむように、可愛いブローチで自分たちを飾り立てています。
怖い…


IMG_2970.jpg
ジー側側面

ジーのお靴はシルバーです。


IMG_2974.jpg
ルー側側面

ルーのお靴はゴールド。

当初こんなバランスのとりにくい形だから、自立は難しいかと思ったのですが
二人が協力してしっかり立ってくれます。むしろ安定はいいかもしれません。

ただこんな体ですから、いつものおしりちゃんのように
足のポーズがつけられるかどうかはテクニック次第かもしれません。
無色のねり消しで固定するのもありだと思います。
色のついたものは色移りするのでお勧めしません。


IMG_2972.jpg

ルーが小さく見えるかもしれませんが、背は同じくらいです。
ファーは短毛の白いフェイクファーで、凄くさわり心地のいいファーです。
いつまでも撫でていたいくらいの柔らかいファーです。


IMG_2976.jpg


お座りすると、欠損した足の断面がよく見えます。
ここにクリアなストーンが貼られているので、お座りしても可愛く目立ちます。
立ち姿も奇妙で素敵ですが、座ってもまたこのアンバランスさが…♡



★ルーとジーのちいさなおはなし★

四年に一度のうるう日の朝がやってきました。
その移ろいやすい朝空のグラデーションの狭間に、
熱に揺らいだ景色の様に奇妙に歪んだ透けた扉が雲の上に開かれた時、
二人は現れるのです。

逆光に照らされながら雲を降りてくるのは、ルーとジーです。

奇妙な双子で、その姿形もさることながら二人は光と影の様に性格も真反対でした。
疑うことを知らない透明で空っぽな妹のルー、疑い深くあまのじゃくな兄のジーです。
彼らは生まれたときからそれぞれ片足がありませんが、
補い合うようにつながった腕で二人は支えあい、交互に飛び跳ねるように道を進むことができるので、
さして問題ではありませんでした。

彼らは、持てあまされた時間の寄せ集めでできたこの1日を狙い、
私たちの生きるこの街へやってきたようです。
秩序を保った様を装う、不自然に割り当てられた時間の厩舎は、
彼らにとっては面白そうなおもちゃなのです。

IMG_2977.jpg

ジーはその時間をむちゃくちゃに逃がしてしまい、ずれた季節に混乱した私たちを見て、
いつか大笑いしたいと考え、ルーは閉じ込められた時間をかわいそうに思い、
なんとか自由にしたいと考えているようです。

彼ら(とくにジー)はそういった「揺らぎやすい危ういタイミング」を虎視眈々と狙っているのです。
悪だくみをしたジーはおばかなルーをそそのかし、
ルーは疑いなくジーを信じ切ってしまうので、大抵の悪戯は成功してしまいます。


IMG_2978.jpg


凶悪さとは裏腹に、可愛らしい妖精の様にも見えるのを知ってか知らずか、
ジーはあざとい「キャンディブローチ」で体を飾り、つられて「可愛い!」とルーも喜んで付けているのです。
私たちが体験した多くの混乱や事件の引き金が、彼らによって引かれたことも少なくはありません。
巧妙な手口で完全な悪戯をしかける彼らは、ナチュラルボーンモンスターなのです。

これまでの「うるう年めちゃくちゃ大作戦」は危なっかしくも成功を免れています。

今年もルーとジーの目撃情報は多く寄せられています。
彼らの姿を見かけた方はむやみに近づかないことです。

何をされるかわからないのですから…



IMG_2980.jpg

可愛くも、危ない二人…♡

ちなみにルーとジーは、Lose(失う)から名前をとってます。
失っているのは、体なのか?それとも良心か?
さて、どちらでしょう?

いつものおしりちゃんと比べて少しお高いですが、二人分と考えたらちょっとお得な二人です。
ルーとジーをどうぞよろしくお願いいたします♡


次回はおそらくオーダーちゃんのご紹介です★
まだまだ可愛い子が続きます。
お楽しみに♡



... Hoshijima ...


スポンサーサイト