最後のオーダーちゃん、プシュケちゃんのご紹介。

みなさんこんにちは。
熊本での地震による被害のニュースを見聞きするたびに、
胸がギュッと痛む思いですが、同時に自分にできることはあまりに少なく、
せめて正しい情報や連絡手段を必要とする方々たちのために道をあけ、
私は私ができる、普段通りの生活を続けることが一番だと感じました。
緊急時に力になりたい思いが先走って、後々のことを考えられずに
周りが見えなくなりがちだと改めて思い、自分を律するばかりです。
一刻も早く、皆様が普段通りの生活が送れるようになりますように。
余震に気をつけて、どうか安全で過ごせますように。

--------

さて、本日ご紹介するのは最後のオーダーちゃんになります。
ご依頼主さまから綿密なイメージ画を頂き、
時間をかけてヒアリングをさせていただきました。
細かい色みから、表現の方法、初めての試みが多かったので
その都度サンプルを作らせていただき、お写真にて確認していただきました。
慣れない作業で時間を多く取ってしまいましたが、
期待に添えるよう、心をこめて頑張りました。


<夢と夢とを渡り、こころをたびする プシュケ>

2016-03-11 16 59 19 

左手に「いのちのひとつぶ」を携えた姿が印象的なたびのこです。
ご依頼主さまから素敵なプチポエムを頂き、
自由に発想を膨らませていただいたのですが
変幻自在といいますか、求める人の想いや望みに合わせて
姿形を変えることができる(そのような特徴を持つ)
妖艶な煙のような子だと感じます。

メインカラーは、白・金・蛍光ピンクとご指定いただきましたので、
明るくてビビッドなカラーが映えるおしりちゃんになりました。
ミントグリーンの髪色も肌色によく合います。


2016-03-11 17 04 20 

長いしっぽとラプンツェルのように結った髪は
形状記憶が可能なので、曲げて形を保つことができます。
髪はJ~Uの字に曲げることができます。


蜀咏悄 2016-03-11 12 59 15 

形状記憶のご指定を頂いた時、素材の可能性を見落としていたと感じました。
こういった発見に触れることができたのも、ご依頼主さまの柔軟なアイディアが
あってこそなので、貴重な経験になりました。


蜀咏悄 2016-03-11 12 57 45 

ヘアゴムは金パーツを基準とし、クリアなチェコビーズと組んでいます。
金座と合わせてお花のチャームを作ってみました。
イメージは蓮の花、どうもアジアンなイメージがあったようです。


2016-03-11 17 07 20


尻尾と手足の青いぐるぐるはレース糸を染めていて、
腕や足の付け根に向かうごとに色を薄くグラデにしています。

フェイスヴェールのリボンはマジックテープ式で、
白地に金ステッチのサテンリボンでできています。
リボンの端にはベルがつけられており、
物語の中でもこのベルは印象的に表現されています。


蜀咏悄 2016-03-11 12 48 45 

いのちのひとつぶは、アシンメトリーなカットのスワロフスキー。
小さなチェコビーズは、3mmと4mmを使用。
ファイヤーポリッシュという技法で、
カットした角を丸められたチェコビーズを使用しています。
独特の丸みといびつさが可愛い素朴なビーズになります。
左手にされた金のリングにつなげられています。

オーロラ加工のされたマルチカラーではありますが、
窓辺でしぼった日光を線で当てると、サンキャッチャーの様に虹が出ると思います。
やはり、キャラクターの核になる部分の素材はこだわるべきかなと思いました。


2016-03-11 12 44 20 

フェイスヴェールをとったお顔になります。
フェイスヴェールは淡いブルーのオーガンジーリボンを加工して作りました。
顔周りに色が来るので、アイメイクや瞳の色を抑え目にしました。
くすんだモーヴのようなお色が、お顔を優しい印象にします。

ですが妖艶さを捨てるのは嫌だったので、紫色の跳ねあげラインが入っています。
この辺は女の子感が強く出た、特有のおしりちゃんの楽しみかなと思います。
胸元の飾りは、金チェーンにチェコビーズ、金星チャームを下げたものです。


2016-03-11 12 47 49 

ロバ耳をイメージした長いお耳には、両耳合わせて6つのピアスホールが。
うち、一番下のロブ1丁目に金リングを通しています。
他のホールをあけたのは、ご依頼主さまに好きなピアスを入れてほしかったからです。
ふさがらないように、透明ピアスを代わりに入れさせていただいています。

お耳や頬、血色表現は良く見ると肌色→白→蛍光ピンクとグラデになっています。
細かい表現もこだわるべく、幾度と打ち合わせをさせていただきました。
大変長いお時間にお付き合いくださったご依頼主様には、心から感謝です。

最近のおしりちゃんは、お靴の大きさをとっても大きくしていて
重りもふんだんに入れています。
そのため、バランスがとりやすくなり、お写真のように
片足のつま先をつけた生き生きしたポーズがとれるようになっています。

靴の底が平らでないとすぐにふらつくのでかなり気を使うんです。
ほんの少しかかとを高くして、重心を前へ行くようにしないと
目線を合わせるために持ちあげた頭の重さで倒れます。
ただのパーツですが、無視できない最重要なパーツです。

これはどの子もそうなのですが、足を自由に曲げた後でまっすぐ立たせたい場合、
体に対して垂直に足を戻さないと(体から生えてる位置に足をまっすぐ戻さないと)
左右で足の長さが合わなくなり、立たせようとしても立たせられなくなります。
目安は、両足の底がきちんと水平に揃う位置です。
自由に足が動く分、ジャストポジションがずれやすいのです。
なので、立たなくなった?と思ったら左右の足の長さをそろえてみてくださいね。



★プシュケのちいさなおはなし★

移り変わる季節に花が枯れ、また色新たに芽吹いた花の兆しのように刻々と移りゆき、
出会う物事にめまぐるしく痛む胸にどのような名を与えよう。
目を瞑り痛んだ心の在り処を探して、宛がう名前の中に「…」は必ずある。
共鳴、循環、与えもすれば奪いもするその営み、理の名。それはなんだっただろうか…?

眠りの淵に置いてきたのか、わざと深く仕舞い込んだのか
「心」をなおも忘れて、夢の中で不意に見つけた、
歪んだ形の想いの片鱗につまずいた時、目に見えない透明な影が境界を越え、
幽かにしかし高く通る声で彼女は囁いた。

「…いのち」

ベルの音が響いて片鱗は震えて外殻を振り落とす。
現れた美しくまばゆい私の真理! 

さみしさの痛み、頭の中が熱く硬く痺れた苦悩、打ち震えた喜び、
与えた愛のぬくもり、奪ってしまった誰かの心の欠片、交わされる慮りの循環、
その広がりと可能性の名はいのち…

彼女は薄布で顔を隠しているが、淡い瞳が妖しく燃えている。
たゆたう色の流れに秘められても滲み出る美しさに息をのんで、思わず傅いて祈った。
プシュケ、と小さく名乗ってころころと笑う彼女は蝶の様にも見えた。
畏れながらも瞳を覗き込んだ時、互いを映し合った永遠がそこに広がって、
穏やかな気持ちが流れ込んだ。その瞳は多くの心を見てきたように、深くたおやかな瞳…

「今は拾えない心の化石も、いつか赦しの掌で拾う時、あなたはもっと自由になれる」

たった今一つ自分の手で許した心は、蓮の花となって胸に咲いている。
プシュケは優しく長い髪を撫でて微笑んだ。瞼が濡れたように光っている。
翳された左手から輝く一粒が蓮に落ちると、幾重もの鼓動の波紋が私を包み、
姿露わになった彼女はまさしく蝶だった。
ゆらゆらと飛んで胸に咲いた蓮にくちづけて、やがて光に溶け消えた… 

浅くなる眠りの中で朧げに拾った夢の石英、昇華された「いのちの痛み」
朝靄に溶けていったプシュケはきっと夢を渡り歩き、心に赦しの気付きを与えるのだろう。
「いのちのひとつぶ」によって目覚めた心の中、蝶の様だったプシュケ、ベルの優しい音色。

----------

ご依頼主さまからのプチポエムを頂いて、イメージがあふれてしまい
一気に書き上げた物語は何時にも増してシリアスです。
ご依頼主さまにもお話したものになりますが、物語の核は以下です。


キーワードは「混乱と苦悩により見失った心模様への気付き・昇華による救い」です。
あらゆる心の動きはネガポジ関係なく、命の営みと考えます。
「在るように在る」ことに気付くことで、こだわりを捨てて
向き合えるようになるのだと考えました。

それまでの心は閉ざされて深層心理に沈められます。
夢の世界で奇妙に歪んでわけがわからなくなった抑圧をひも解くのに、
現実での気付きや向き合おうとする心のタイミングが必要になります。
そして本人の手によって気付きを得ることが、昇華に必要な手段です。

そこに再生・昇華(いのち)への気づきを与えるのがプシュケちゃんです。
夢の淵を渡り歩き心から心へたびする、蝶のような。
仏教のイメージにより、昇華・浄化(蓮)や蝶(輪廻転生)、
「認知のゆがみを捨てる=悟り」がベースになっています。

プシュケちゃんは、語り手が必要とする
昇華の術に必要なイメージが反映されて蝶に見えています。
心の澱より咲いた蓮の花にキスするのは美しい蝶…ということで。
女神プシュケーの象徴も蝶とよんだので、なおのこと蝶を選びました。

実はお花のチャームも、そういうイメージで作りました。
どうもアジアンなイメージが私の中で色濃くあったようです。
インド神のようなイメージもありました。


これはもう私の心のテーマの様なもので、繰り返し出てくるのですが…
自分の気持ちに嘘をつき続けるのは絶対によくないって思ってるんです。
社会の中で生きていくと、自由になれない心はいくつも生まれます。
なかったことにして見過ごして生きることもできるのですが、
正直さを手放して見殺しにされた自分の心は誰が救うのでしょう?
心の澱の中で化石の様に固まってしまった心を、
自分が拾い上げてきれいに磨いてあげないと、いつか苦しくなります。

見過ごされた(死)心に光を当てて(再生)救うのは自分ではありますが
夢に現れる多くのメッセージや、自問自答の中でいつか気付きはやってきます。
その気付きを与えるため、鏡の様に望んだ姿に変化する存在が彼女です。

-------

さて、約2カ月にわたってオーダーちゃんを制作させていただきました。
多くの気付きとひらめきを、ご依頼主様がたの心に触れることで得られた経験は
私にとってあまりに大きく、やすやす得られるものではなかった貴重なものと思います。
表現力、表現者としての器、ひらめきや不可能を可能にする根気強さ…
力試しのような感覚でもありました。

拙いながらもオーダーを完了させることができましたのも、
ひとえに皆様のお力添え、また寛大なお心があってのことと思います。
この度は辛抱強くお付き合いくださいまして誠にありがとうございました。

経験を通して整理しなければならないこと、考えを練らなければならないことなど
多くの課題があることを感じています。
また再び、良い形でオーダーを承ることができますよう邁進してまいります。
重ね重ね、ご協力くださいましてありがとうございました。

いつもあなたを許して受け止めてくれる存在が、そばにいてくれますように。
おしりちゃんがその役割の一部でも、担える存在であってくれたら
私はこの上ない幸せだと思っています。

オーダーちゃんがみたい方は、ぜひminneのギャラリーにて♡
▼Cast a spell !! ギャラリー
https://minne.com/s-hoshijima


次回は新しいおしりちゃんの公開になると思います。
今までになく、華やかで凝った子がお披露目できると思います。
ご期待ください♡


----デザフェスへのご案内----

今回のブースは1F B109です。
5/14-15の両日出展いたします。
どうぞ遊びにいらしてくださいね♡

B109.jpg





スポンサーサイト