パーツ型抜き!

前回は、鉛の巻きついた足の素体に
ニューファンドを食いつかせたところまででした。

今度は、ボディと頭のシリコン型を使って
パーツを抜いていく工程に入ります。




薄く型に貼りつけていくほうがいいかと思ったので
ジューCの容器で薄くのしていきます笑
のし棒買わなきゃ:(´◦ω◦`):
ニューファンドは型に張り付くので
ここではラドールプルミックスにしました。




ボディの型に入れ込んでいきます。
少し大きいので折れこんでしまっています
短冊形に切って、少しずつ
押し込んでいくほうが良さそうです。




バリが、できていますが乾くまでそのままにします。
下手に弄ると歪んでしまいそうに思うからです。
型に押し付けるように撫で付けて、
型通りの凹凸にしっかり転写させます。




押し出すように型を歪ませるとぽろんと抜けました。
少し乾くまで型から抜かないほうが
歪みや反りがないと思いますが
作業効率を考えて、どんどん抜きます。
失敗を考えて少し多めに作ります。

やはり抜くときに少し歪んでしまいますが
どのみちボディーにかぶせた時に
形を整えるのでここではざっくりにします。




次いで頭の型に粘土を詰めます。
口の造形が複雑で、細く狭いので
ヘタすると粘土は抜けないかもしれません。

ここではかなりきっちり粘土を詰めます。
みっちり詰めた後で、中をくり抜きます。
軽量化とワイヤーを仕込む空洞のためです。




おお゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚
ちゃんと抜けてくれました♥♡
結構綺麗に抜けてくれたので嬉しいです!

ボディに対して少し頭が小さくも感じますが
ファーをかぶせたりすることで
多少大きさは何とかなりそうに思います。





後頭部も抜いて、半日ほど放置した後で
彫刻刀で半生の粘土を抜きました。
無駄になる粘土が多いのが気になりますが
狙った厚みが残せるのはいい気がします。

ひび割れの部分や抉り過ぎた部分を
もう少し乾いた後で埋めていきます。


粘土の硬化を待たなきゃいけないので
少しじれったくなりますが
手が遅いので効率を考えて進めていきます。
次ももう少し粘土をいじることになりそうです!


ニコ生でBUCK-TICKさんのライブ放送がやるみたいで
作業に身が入らなくてそわそわ~:;(∩´﹏`∩);:
うわあどうしよーヾ(⌒(_•́ω•̀)_


...Hoshijima...
スポンサーサイト