夢のようにおぼろげな浅瀬に棲む人魚ヤンのご紹介。

こんにちは。連日夕方あたりから激しい雨が降る日が続いています。
時々雷雨になったりして激しい夏のお天気模様ですが、案外好きだったりします。
垂れ込む雲は時に霧のように透けてミステリアスで、
透き通って冷たい空気と相まって何とも言えない風情を感じられます。
私はいつもその様子を「瓶詰された世界」とひそかに呼んでいるのですが…
皆さんに見てもらえたらいいのに、と思うばかりです。

さて、お知らせです。
先日ご紹介した5人のおしりちゃんたちをショップにへお披露目しました。
もともとイベント用に作ったのもあり、派手な子が多いです。
お話もちょっぴりいつもより濃い仕上がりになりました。
では順番に紹介していきます。*

今日は…

★夢のようにおぼろげな浅瀬に棲む ヤン★

IMG_5843.jpg 

久々に登場した人魚タイプのヤン。
丸耳の瞼なしの幼い顔の子。人魚タイプで彫り無し顔は初めてですね。
綺麗でかわいい色のスパンコールブレードを手に入れたので
作りたくなってしまいました。

IMG_5845.jpg 

人魚の子は自立しません。
スタンドに使っているのはピコニーモ用の1/2サイズドールスタンドです。
アゾンから販売されているものになります。こうやって飾ってもいいですね。

今回の5人は全員両手にマグネットが仕込んであるので
磁力の利くごく軽く小さなものでしたら持たせることができます。
手を合わせてお願いポーズをさせてみたり、メモスタンドにもなると思います。
マグネット仕込みの子同士であれば、手をつながせたりもできますよ。

IMG_5847.jpg 

柵に手をつかせて立たせてみました。おしりもちゃんと出てるんですよ~
いつも透け感を出した尾びれにするのですが、
今回は夢のようにかわいい色を乗せたかったので白にしてあります。
乳白色のうろこがかわいいです。

IMG_5851.jpg

 IMG_5854.jpg





★ヤンのちいさなおはなし★

ヤンは、一番天国に近くて一番この世にも近い、
夢のようにおぼろげで優しく温かい浅瀬に棲む人魚です。
ヤンは時々、不意に落ちてくる小さな真珠集めに夢中で、
かすかに透けた不思議な真珠を大事そうに自分の寝床に持ち帰っては、
ふかふかの貝の舌でくるんで見守るのが日課となっていました。

ヤンの寝床には今、2つの真珠が眠っています。
時々揺り動いて転がる真珠は日に日にシャボンのように膨らんできて、
抱きかかえるほどの大きさにまでなっていました。
ヤンはいつものように丁寧に両手で抱きしめると、二つの真珠は静かに、
ヤンの呼びかけに応えるように早く瞬いたり、緩やかに瞬いたりしました。
こうなると真珠は成長をやめ、ある時ぷるりと揺れて
普段は穏やかな浅瀬に波の流れを呼び起こすと、ヤンの寝床から泳いで行ってしまうのです。
寂しい気持ちになりますが、泳いで行った後に聞こえる小さな楽しそうな笑い声を聞くたびに、
不思議と誇らしく満ち足りた気持ちになるのでした。

ヤンはそれから幾日もたたない間に地鳴りを聞きました。
浅瀬のはるか向こうから聞こえ、細かく水面が揺れています。
泡立った波は小さな泡になって舞い上がり、空のヴェールから虹の光が差し込んでいます。
波が向こうからやってきたのです!
ヤンは貝の舌から真珠を運び出し、泳いでいきやすいように
広い浅瀬に二つの真珠を浮かべました。

ぷるぷると揺れる真珠ははしゃいだように瞬いて、ヤンのキスに喜んで応えます。
ヒヤリとした、いつもの波とは違う温度を感じます。
お別れの時間です。

二つの真珠は追い抜け追い越せ、元気よく泳いでいきます。
ヤンはそっと手を添えてしばらく一緒に泳いでいきました。
やがてヤンが水の冷たさに耐えられなくなるぎりぎりまで見送ると、
真珠は徐々に遠くなりやがて見えなくなりました。
楽しそうな笑い声がこの世界にこだましています。

ヤンは見えなくなった真珠の旅路を祝福するように波間で跳ね、
ほんの少し涙して浅瀬に戻っていきました。

***

察しの良い方はお気づきだと思いますが、
ヤンは生命が生まれ、育まれる母体に宿る人魚です。
ヤンとは、中国語で羊水を意味するYángshuǐから名づけのヒントをもらっています。

本来誰しもここから命の始まりを体験し、そして誕生するのですが
そのころの記憶を保ち続ける人はそう多くありません。
眠りに落ちる瞬間を覚えていないように、また、目覚めの瞬間も知らないのです。

ヤンによって拾われた命の真珠は、いつくしむ心によって育ち、誕生へ向かうのです。
ほんの少しの間ですが、私たちはヤンに抱きしめられて育ってきました。
ヤンはきっとそんなことを知らずに真珠拾いに興じているのでしょうが、
私たちと瞳を交わせば、ヤンはきっと思い出すでしょう。
私たちも、もしかしたら抱きしめてくれたヤンの優しい顔を思い出すのかもしれません。

IMG_5849.jpg 


というわけで、今日はヤンのご紹介でした。
ヤンのショップページはこちらです♡*


どうぞよろしくお願いいたします★*
次回もおしりちゃんのご紹介です。
お楽しみに★
スポンサーサイト