銀ぴか好きの銀猫骨董店の店主 イルヴィのご紹介★*

こんにちは。
昨晩はちょっと集中できたのか、毛皮待ちだった5人が仕上がり
あとはお話を執筆するところまで進められました^^*
先にプチポエムを用意して、お話のタネをまいておこうと思っています。


落ち着いた色味が多いためか、いつもより大人っぽい雰囲気の子が多い気がします。
この子たちも準備が整い次第、ショップへお披露目しようと思っています。


さて本日ご紹介するのは…

★銀ぴか好きの銀猫骨董店の店主 イルヴィ

IMG_5857.jpg 

光沢のあるシルバーの長毛ファーを初めてメインで使用した子になります。
強い光沢があるので、銀猫と呼ぶにふさわしい綺麗な毛並みです。*
前髪はぱっつんで、彫りあり顔なのに幼い雰囲気。
あっさりしたお顔ですが、顔の造形でわかる美人さがあります。


IMG_5861.jpg 

今回の子は皆そうなのですが、初期のころのおしりちゃんに
プロポーションを寄せてあります。
背に対して手が少し長いので、手の動きによる表情の効果が大きいです。

全体的に涼しい色でまとめられています。
腕のお色も、寒色グラデ糸で初めて使う素材かもしれないです。


IMG_5863.jpg 

お靴のお色は、メタリックなブルー。
ラメが重ねてあるのは変わりありませんが、メタリック特有のつやがあります。
毛並みの色とマッチして、ぴかぴか好きのイルヴィの好みがうかがえます。


★イルヴィのちいさなおはなし★


IMG_5865.jpg 


月のない夜、静かに寝静まった頃に小さな影が走り回っています。
ここは街はずれのガラクタ置き場。
山のように盛られたガラクタの中から、つぶらなチャコールグレーの瞳がキラリと光りました。
みつけた!と叫んで、手の中に納まったひしゃげたビスを得意そうに小さな手でつかんでいます。

銀色の毛並みが夜風になびいて、コウモリが飛び交いながら彼を笑いました。
「イルヴィ、またガラクタかい」イルヴィはツン!とそっぽを向くと、
「そんなんじゃないよ、これは宝物なんだから!」と大事そうにハンカチでぬぐい磨きました。
控えめな星明りでもわかるほどにピカピカしています。
コウモリはケタケタ笑いながら「まあいいさ、風に噂はすぐ届くよ。
またイルヴィがガラクタ拾ったってね」と森へ消え去りました。
イルヴィはそんな風に変わり者扱いされていましたが、
イルヴィにとっては集めた銀色に光る多くの拾いものが宝物のように思えていました。

イルヴィは小さなころ、ピカピカの銀の球から滑り落ちてきた記憶があります。
ですが母さんが言うにはそれは「夢」に過ぎないということでした。
それからというもの銀色に光るものを蒐集し始め、
やがて「銀猫骨董店」を開くこととなったのです。
そんな骨董店の中は鏡のようで、鋭く白く反射し飛び交う光が閉じ込められているようでした。
イルヴィはそこにいるのが一番落ち着いたのです。

ある夜再び蒐集しに出かけていると、一枚のとびっきりピカピカした銀貨を
水たまりの中に見つけました。
思わず飛びつくと、水面はゆらりと揺れて砂利だけが手の中に収まりました。
イルヴィは思わず見上げました。
そこには大きな銀の月が輝いていて、満月はぴたりと瞳に重なりました。
その瞬間に、イルヴィは多くのことを悟りました。

滑り落ちた銀の球、母さんの優しい嘘、銀の髪、光の籠…。

銀の月は優しく微笑んでいます。
イルヴィは懐かしい銀の微笑みと、育ててくれた母さんのぬくもりを思いました。
掌を開くと、そこにはピカピカの銀貨がありました。
どこの国のものとも知らぬ、不思議な銀貨でした。

***


Co2AxEYUsAEomr-.jpg 

イルヴィが銀ぴかに固執していた理由は、月と何かが関係あるようでしたね。
まばゆい反射を閉じ込めた銀猫骨董店の中で落ち着いて過ごせていたのも、
銀ぴかそのものであった月で過ごしてきたからなのかもしれません。

イルヴィが地上に落ちてしまったのに、長いこと微笑んでみているだけだった月は
私の中では納得の「月」の印象です。
太陽であればたぶん、使いを寄越すとか自ら手を差し伸べたりとかして
イルヴィをそばに置くように能動的に動いたような気がするんです。
ただ月は私の中では受動的な存在そのもので、自分から何かを起こすといった
働きや意思そのものが備わっていないと考えているので…。

イルヴィは別に捨てられたわけではなく、見守られていたんですが
運がよかったにほかなりません。育てのお母さんがイルヴィを大事にかくまったので、
イルヴィは銀ぴかに執着しつつも、健康に元気に育ったのです。
月の記憶を取り戻したイルヴィが今後どんな判断を下し、おのれを何者と定義するかは
イルヴィにしかわからないことです。
あなたはどう思いますか?


そういうわけで、不思議な銀猫骨董店の店主イルヴィのご紹介でした。
ページはこちらです。どうぞよろしくお願いいたします★*




次回は最後のおしりちゃんのご紹介。
新しい5人も、順調であればすぐにご紹介できると思います!
お楽しみに~♪*


スポンサーサイト