兄弟を想い、命がけの脱走を図った チッチのご紹介★*

こんばんは。
最近3-4時あたりに一人公園をぐるぐるウォーキングをするのが習慣になりました。
だいたい1.7km*3週なので5kmくらい歩いていることになるようです!
わー結構歩いてた…(今ちゃんと経路確認した)
危険なこの時間帯を選んでいるのは、星がきれいだからです…
地元は田舎なので、公園内の街頭もメインの通り以外はほぼなく真っ暗です。
なのでちょっと怖いんですけど(心霊的な意味で)星がすごくよく見えるんです。
あと少しで流星群もあるようなので楽しみです★*

さて、連日制作を進めているでっかいちゃんですが、磨きにきりを付けて仮組してみました。





球体関節人形の作り方を解説しているウェブページを参考に進めていましたが、
股関節の作りが悪かったりすると自立しなかったりすることがあるようです。
ちょっと怖かったんですが、関節を減らしたこともあり自立してくれました♪*

磨いていない部分はフェイクファーを張るので、あえて磨いていません。
なるべく手間をかけない部分は思い切って手間を省いています。
粘土の盛も思い切って大雑把に形作ってから後で修正するなどして、
進みを早めることを意識するようにしました。そうじゃないと永遠に終わらない…

作ってみてその構造の難しさがよくわかりました。
人型で関節すべてを作る方、作りこむことができる方、指の関節まで作ってしまう方…
もう尊敬します…すごいよ…(へなへなへな~と座り込む)


さて、本日のおしりちゃんのご紹介は…

★兄弟を想い、命がけの脱走を図った チッチ★

IMG_5978.jpg 

お顔にペイントを施したおしりちゃんは今までいましたが、
柄まで書き込んだ子はいなかったように思います。
兎にしようかクマにしようか迷ったのですが、毛色を変えてハムスターにしてみました。
お耳もクマよりも大きく、垂直に立つようにつけてみました。
おっとり顔ですが、行動派のソルジャーのようなたくましい女の子です。


IMG_5980.jpg 

頭の毛並みと体の毛並みを変えています。
前髪もパステルパープルでアクセントをつけていますが、
まとまりのあるかわいい配色になった気がします。
お靴は茶色、ラメが塗ってあります。

IMG_5981.jpg 

身長は13cmと思い切った低さ、手が長いタイプのプロポーションです。
長毛仕上げなのであんまりわかりませんが、
ちんまりデザインでパムスターとしてはぴったりの体系です笑
ハムスターって固形というより流動体よなあ~てろてろ~


★チッチのちいさなおはなし★

IMG_5979.jpg 


午前2時、外は雨。
ひっかけておいたヒマワリの種によって計画通り、ケージのフタが半開きになったままだ。
寝静まっておそらく誰も起きてこない。
雨音が予想外の物音をかき消してくれる。きっと大丈夫。
チクタク時計の針の音だけが響いて、2時15分。
チッチはケージを器用に登って半開きのフタを押し上げて外へ出た。
テーブルの足につかまって床におり、不用心に開けっ放しの引き戸、
その網戸の隙間から外へ出た。
濡れた地面をペチペチ言わせながら走り、
不慣れなアスファルトを蹴ってペットショップへ向かった。

3か月前を思い返していた。急な引っ越しでひどく落ち込んだ主人が、私と出会った時のことだ。
私はまだ小さく、兄弟たちと一緒になってガラスケースの中で身を寄せ合っていた。
目が合った主人はふわふわの髪を揺らして微笑んで、私に白い指を向けた。
私は小さな穴の開いた紙の小箱に入れられ、それから兄弟とは…。
この3か月間、主人の明るい笑顔が私に向けられる生活は悪くなかった。
だがもう決めたことだ。

チッチがペットショップに到着する間、ちいちゃいもの捕食部隊C.A.T.と遭遇したものの
無傷でここまで来られたのは奇跡だった。
排気口をくぐり、保安灯が付いた懐かしい店内を見回すと、見慣れたガラスケースがあった。
兄弟の姿は…あった。
残念ながら何人かはもうすでにいないようだった。
みな立派に大きくなり、自分の姿を見ると跳ねあがってガラスケースに張り付いた。
家のケージと比べて粗末な網のフタはたやすく動かせ、
斜めにガラスケースに差し込んで兄弟を誘った。
兄弟たちはほほ袋に大量に食べ物を詰め込んで、列をなして私に続いた。
桃源郷へ行こう、みんなで。

チッチたちは暗く狭い、だが雨に濡れていない排水溝を延々と辿りようやくたどり着いた。
午前6時半、計画より1時間オーバーしたが全員無傷だ。
ここで幸せに暮らそう、家族そろって。
おはよう、とケージが開けられた。驚いた主人の顔はいつもより嬉しそうだった。

***

おはなしの書き方を少し変えてみました。
ピエロの骸フーもそうでしたが、おはなしのあり方にもいろいろあってもいいなと思い
こんな風な書き方にしてみました。

命がけの外への脱走、天敵も多く、道に迷うこともあるでしょう。
一緒に生まれた兄弟たちに会いたい一心で覚悟を決めた彼女はたくましく、
計画を綿密たて実行に移した彼女は誰から見ても立派な戦士です。
チッチは大胆にも脱出を図り、「桃源郷」のように幸せな主人との家に
家族を連れて帰ってきたんですね。

ちいちゃいもの捕食部隊C.A.T.とは、その通り「猫」なんですが
ソルジャーであるチッチの敵でもあるので、そんな風に名付けてあります。
恐らく天敵の存在として親から言い聞かせられてきたのだと思います。

複数で飼っていたりすると(弟と1匹ずつ飼ったので番になったりして)
ある日突然子供の存在を発見することとなったりして、たいそう驚きます。
困ったなって思っても名づけを頑張ったりして…うれしいんですよね笑
おはなしの主人もたいそう驚いたと思うのですが、
その微笑みが気持ちのすべてを表しています。
急な引っ越しで心身ともに疲弊していた主人にとって、
可愛らしい家族は癒しでもあったに違いありません。

昔家でもたくさんの動物を飼っていました。…動物園のようでした(;'∀')
そのうちのハムスターが脱走を図ったことが2度ばかりあり、
血眼になって探していてばったり部屋の隅で見つけたときの、安堵感、衝撃ったら…。
冒険家である彼らは部屋の中で何を探したかったのかなあ?
チッチのように家族を探したかったんでしょうか?それはハムのみぞ知る…。

という驚きをもたらした戦士、チッチのページはこちら。
どうぞよろしくお願いいたします★*




次回もおしりちゃんのご紹介。
気になるあの子かな?
おたのしみに~★


スポンサーサイト