夢の新素材、スーパースカルピー!さてその使い心地とは…?

こんばんは(*´ω`*)★*
本日はTwitterでのシェア企画で♡RTなどありがとうございました。
おしりちゃんたちを通して、あなたの心に寄り添うことができたらいいのに、
そんな気持ちでこれまで作り続けてきています。

そういうことを多くの方々に知っていただけたらなあと思うばかりです。
シェア企画では思い思いの作品があふれていて、自分の世界に閉じこもりがちな私にとって
新鮮で多くの発見をはらんだ風が吹き込んでくるので、とてもいい刺激になっています。
見てくださったあなたをはじめ、かかわってくださった皆さんに感謝です。
そして企画を立ち上げてくださったLupopo cafeさま、いつもありがとうございます。


***

さて、コスチュームですが魔女帽子をせっせと手縫いで進めています(;'∀')
試作品を進めていたのもあって、縫い間違いなく進められていてほっとしています。
時々変なポカをやるので、いつも手に汗を握っています笑


裏地は紫でミステリアスな雰囲気に。
近日中に何とか仕上げてお披露目できたらいいなあと思っています。
ほうきは実はもう出来上がっていたりするので、あとはケープと帽子です。
手縫いで仕上げているので時間がかかってしまっています。

ミシンでできたら一番なのですが、どうもミシンと私との相性が悪いようです笑
リボンをブリムの上に結んで鈴をつけたりして飾りたいなあと考えています。


***

そういえばこんなものを買ってみました。
スーパースカルピーというポリマークレイ(樹脂粘土)です。
造形作品を作るために作られた粘土で、石粉粘土のように乾燥によって硬化するのではなく
オーブンで焼成するやり方で硬化させる、不思議な粘土です。
焼成するまで何度でも造形ができるんですね。

IMG_7044.jpg 

アセトンという除光液なんかに含まれているシンナーのような薬剤で撫でると
傷などが消せたり、研磨(場合によっては必要にもなるでしょうが)が必要なく
硬化を待つ時間が圧倒的に少なくなるので、魔法の粘土!のように思えていたのですが…
長短は当然あるようなんですね。


IMG_7045.jpg


まさかの直入れ…笑
細い棒状のものが何列かになって、それが何段かに固まって入っていました。
触り心地はハイチュウのようで、でも練っているうちに熱で柔らかくなってきます。
とっても素直な触り心地で、手いたずらで練っていても従来の樹脂粘土のように
ゴムになって使えなくなるということもなく、無駄にこねてしまう私にとって
とっても懐が大きい粘土のように感じます笑


IMG_7046.jpg 

手を作ってみました。
とっても扱いやすくて、切れ込みも簡単で断面もつるっとしてきれいでした。
除光液で撫でると、柔らかくなって指紋が付いてしまったところも
簡単にきれいになりました。これすごいなあ~

ですが、焼成の時に下手するとダイオキシンを含むガスがでるとも聞いているので
別にオーブンを買わなければならないようです。
それからどうやら衝撃にはもろいとのことを教えていただきました…
(いろいろ教えてくださったRoaさん、ありがとうございます^^*)

比較的おしりちゃんには折れそうで怖いパーツはあまりないのですが、
衝撃やひっかきに弱いとなると、お出かけには適さないことになります。

これ自体をドールの素材として選んでいる人は少なく、
あくまでもキャスト製の原型づくりに使用する人が圧倒的に多いようです。
魔法のように思えた素材も、長短あるようですね…

安定した品質を保つために原型を作り、型を取るのは本当に魅力的です。
主に強度を考えてキャスト製に変換することを考える機会はとても多いのですが、
プラスチック製になった時の独特の光沢や硬質な雰囲気がどうしても好きではない…
購入してしまったこの素材、さてどう生かそうか?と悩みどころです。

一度作ってみて、現在の粘土と比べて強度を見てみようかな?
またいじった際には画像と一緒に掲載しますね♪

それではまた~

スポンサーサイト