おしりちゃんのショートストーリー<ちいさなおはなし>について、考えてみました。

こんばんは。
今日は<ちいさなおはなし>についてお話ししようかなと思います。
先日こんなツイート投票をしました。ご協力ありがとうございました。


ちいさなおはなしとは、おしりドール1体1体に用意された、原稿用紙2枚半の小さな物語です。
個性的なフォルムのドールたちにはそれぞれ生まれた故郷や性別があります。
ドールのキャラクターエピソードが巻物になって小瓶に封じられ、
お迎えしてくださった方にドールと一緒にお渡ししている小さな秘密なのです。

ショップで公開されており、どなたでも自由に読んでいただけますが、
打ちのめされた直後だったせいもあり、値段が原因でお迎えされないのでは…と
安易に値段が原因であると考え、おはなしをなくしてお値段を下げることを
ぼんやりと考えていました。

オーダーでは¥500で自由にお選びいただけるようにしてありましたが、
通常ドールではもれなくお値段に含んでのご提供となっています。
しかし、本当に値段が原因だったのかな?と考え始めています。

お値段を下げるということは、どこかそれなりに下げるなりの工夫が必要になります。
そこで手っ取り早くお下げできると考えたのが<ちいさなおはなし>だったのです。
希望者のみのご購入とすることでカバーできると考えたのですが…
投票の結果を見ると、果たしてそれはどうなのかな?というところです。

13696672_901574346654269_1946333245_n.jpg 
ちいさなおはなしは、ドールが出来上がる前からあらかじめあらすじがあったり、
完成後、手の中の対話を通して出来上がる子もいたりと様々です。
個性的なフォルムの裏付けとしても重要な役割がある以外にも、
物語を通して伝えたい強いメッセージ性によって心に寄り添い、
そしてあなたが何かしらのカタルシスを感じていただければいいな…
という願いも込められています。

人にやさしく、ていねいでありたいと思っています。
私が思う、美しい人間の様がそうだと強く信じています。
ないがしろにされた心や思いが、たとえどのようなものであったとしても
居辛さを感じるその心に、心寄せたいと思っています。

かわいいな、すてきだなと気に入ってくださるあなたをはじめ、
おしりちゃんをこれから気に入ってくださる方のために、
このお値段でなら納得と思っていただけるように腕を磨いて
求めてくださる方に出会いのお手伝いができるように頑張っていこうと思っています。
そしてなるべく、お迎えしていただきやすい環境を整えていけたらいいなと思っています。

それではまた♪

スポンサーサイト