今年のハロウィンテーマは「鬼」です!その1

いよいよ今週末に控えたハロウィンイベント、
首都圏では渋谷、池袋なんかでも
大規模なイベントが行われるようですが、
星嶋は毎年川崎で行われるハロウィンイベントへ
参加しているのでした。

幾度か記事にしているのですが、参加は今年で3年目になります。
私が結構突っ走り気味にデザイン学校の同期を巻き込んで
続けてきたのですが、それも一度区切りとなります。
その年のテーマを決めて縛りを設け、衣装のカラーや
コンセプトをそろえてやってきました。

ちょっと振り返ってみますね。
ホラー表現があるので注意です。









★2014:医療従事者しばり★

みなさんと!

ありがちな血みどろでの出発となったハロウィン初参加。
私はナース担当でしたが、がっつり白塗りで牙をつけています。
わき腹から腸が出てたりするのですが…(すごいチープ)
遠目から見ると結構インパクトありますね。
いつもデザフェスをお手伝いしてくれるジョバンニ君も初参加でした。


血みどろナース&くもちゃん

地毛での参加となりました。
背負っていたリュックも、文化屋雑貨店のものだったので
脳みその図解木製プレートが付いていたりします笑


★2015:白黒ホラーうさぎしばり★

12081189_1513678028930727_601137032_n (1) 
ほぼ全員がそろっての参加となったハロウィン。
手前のMくんが持っている花束には銃が仕込まれています。
JKかジレ着用、白黒、ネクタイ、うさぎ耳を条件に
それ以外は自由に表現OKにしたものです。

東京ウォーカーにお写真を撮られたりしたのですが、
なんかその企画自体が没になったようです爆笑


IMG_0799.jpg 
私の隣にいる植木鉢ちゃんは、
このイベントがきっかけで今も仲良くしていただいています。
ストーリー性のあるオリジナルの仮装で、
振る舞いのかわいらしさに女性だと思っていたのですが、
男前の男性なのでした笑

植木鉢ちゃん以外にも、デザフェスで一緒になったり
Twtterで仲良くしていただいたりする
クリエイターの方々とのご縁がありました。
趣向を凝らして自己表現するこのイベントは、
意外にも娯楽といった範疇を超えた、
そういう貴重なご縁の場だったりします。

***

そういうわけで今年、2016年は
残念ながら最少人数での参加となりますが、
念願のパレード参加が決まり、
当日はD1グループで練り歩くことになりました。

当初は上記の6人での参加になるはずだったので、
百鬼夜行をテーマに和装しばりにしたのですが、
いろいろと都合の関係で3人となりました。
なので、鬼と狐娘のテーマで決行です。

IMG_7704.jpg 

小道具を作ったりしています。
花札を連結させた髪飾りは、角カチューシャに下げます。
でんでん太鼓は解体して連結させたのちに、腰飾りにします。

花札はプラスチック製だったので、
チープでなんだか有難味がない分、
丈夫で加工がしやすく良かったです。
でんでん太鼓も小さめではありますが、軽くて丈夫です。
最近は手近で何でもそろいますね。


IMG_7654.jpg 

着物の羽織を、短い着物として着用。
死者というかあの世の者なので右前合わせです。
コルセットを当初帯代わりに使っていたのですが、
やっぱり帯のほうが格好がいいので、そっちにします。

たっつけ袴のようなボトムスはサルエルです。
キューティフラッシュという和ゴス
(華ゴス?)ブランドのものです。
動きやすさのためにこんな格好にしています笑


IMG_7656.jpg 


帯は7年前くらいに買った七五三用の飾り帯です。
すんごくかわいい飾りのついた帯リボンを気に入り、
千円くらいで買ったものなのですが、
まさかここで活用できるとは…


IMG_7702.jpg 

下半身にボリュームがなかったので、
ファーを巻くことにしたのですが、
決まらない感じがしたので羽織に変えています。

まだまだ飾り足りない、
おとといまでの進行状況でした。
今日明日でなんとか仕上げねばならないのですが…
配るお菓子なんかも焼かなければならないし、
買い出しにもいかなければならないので焦ってます。

IMG_7730.jpg 

確認のための雑なメイクではありますが(眉消してないし)
一応着合わせるところまでは進んでいます。
また明日、詳細を載せますね。
あ~ドキドキします!

これから作らなければならないものは、
*しめ縄風紙垂飾りつき髪飾り
*飾り襟
*手甲
*でんでん太鼓の腰飾り
などなどです。

おしりちゃんの制作ブログですが、
一応これもハンドメイドの類には…なりませんか?笑
ないものは作る、の精神でいろいろなものを仕上げています。

私はものすごく楽しいのですが…
見ているあなたもそうだったら
とっても嬉しいなと思っています。


それではまた明日!


スポンサーサイト