「アートの祭典・デザインフェスタ」ってなんですか?

こんばんは。
先日出展したデザインフェスタの、
出展者レポートが無事掲載されました!
こういうレポートは鮮度が大事かなあと思うので、
結構早いうちからレポートをまとめています。

IMG_8112.jpg 


Cast a spell !!の出展者レポートはこちらです★

次回のDFは春・秋のどちらかに絞って出展をしようと
考えていることはお話していましたが、
皆さんが遊びに来やすい季節について投票をお願いしています。
わかってはいましたが、
夏はあまり人気がないみたいですね笑
引き続きよろしくお願いいたします。

***

ここで話すのが適切かどうかわからないのですが、
今回のデザインフェスタで私のブースの近所にて、
素敵なぬいぐるみを製作されている作家さんの
(太字にリンクあり)

転売行為でも罪が深いのに、最悪なのが作家さんを騙っていました。
さも自分で作って苦労したかのように話をしたそうです。
しかもこの方、初期の頃からのリピーターさんだったそうですね。
アートの祭典でこんなことがまかり通ってしまった結果、
リピーターさんに裏切られた作家さん、
信じて買ってしまったお客さん、なんだかやりきれないです。

本日よりデザインフェスタの次回申し込みが始まりましたが、
当落は「抽選」であり「審査はない」とのことです。
このようなことが起きてしまったことを重く見て、
再発防止を本気でするなら、申し込みの際に出展者の
ある程度のふるいは必要だと思うんですが…。

悪徳出展者が一番悪いのは決まりきったことです。
自分の作品は自分で守らなければならないのも。
ですが、「アートの祭典」って何ですか?
アートの楽しさとか面白さを通じて、
そういった創作の世界を広める以外にも、
デザイン・アーティストを適切な方法で取り扱うことを
同時に周知してもいいと思うのですがどうなんでしょう。

近しい作家さんが作品を軽んじられるような扱いを、
公式のニコ生でされてしまったことも記憶に新しく、
公式がそんなことやるとか何考えるんだって
ブチ切れそうになったものですが、
ただただ、活気があって楽しければいいんですか?

商業ですからそれなくして成り立たないことは知ってますし
公式に何でもかんでもやってくれとは思わないんですが、
表現を、表現者を守るような働きをもっと強化してほしいです。

実際私が困って、公式にチクったって
改善しなかったことなんていくらでもありますよ。
なんならブースで酒盛りしている人だっていますよ。

もっとちゃんと、出展者自身が表現者であることの自覚とか、
それぞれがお金でブースを買ってるっていう権利を保護するとか、
アートが自由なのは、その自由を許容して尊重して・されて
初めて成り立つことなんだってことを、
出展者自身・なんなら公式が学んでくださいよ。

転売屋の代わりに出たかったアーティストが
どれだけいると思ってるんですか?
この場が一人一人の飛躍やチャンスにつながる機会だってこと、
取材やスカウトを容認している公式なら
ひとりひとり無駄にしたくないイベントなんだって
ことくらい知ってるでしょう。

私はDFでかなりのご縁をいただいたと思っています。
初めてのお客様との出会い、ファンといって
私をかわいがってくださる方々との出会い、
お仕事につながった出会いや、幅広い表現者さまと
仲良くなるひとつの思い出の場所でもあります。

とっても好きなイベントだからこそ、期待があります。
質のいいイベントにすることが、次回につながり
またアートというものの楽しさを広めることになると
強く信じています。

今回起きてしまった悪い出来事、
二度と起こらないようにと強く願っています。
今日は特別感情的になりました。
でも、正直な気持ちです。

それではまた。
スポンサーサイト