10年来の友達、ピヨちん・ぴよちぬの存在がおしりちゃんになります。

こんばんは。
うまく調子が出ない日もこなせるノルマを立てること、
70%の力で続けることのできる仕事量を
計画として用意することが大事、と
だいぶ前に行ったバーのマスターが
言っていたのを思い出しました。

結構仕事のノルマを決めることが苦手で、
どうしても過密・過疎を繰り返してしまいます。
パワーバランスの調整というより、
まじめなリズムを自分に課せられる人とは
どう考えても自分が程遠いと感じます。
皆どうやっているんだろうなあ。


IMG_8725.jpg 

さて、とりかかった鳥ちゃんです(ダジャレではない)
横から見たときの下くちばしのラインに
強いこだわりがあって、構造上矛盾がないかよりも
見た目の可愛さを重視しようと思ってます。


IMG_8729.jpg 

とはいってもいろんな角度から見て、
変なフォルムになっていないかも大事なので
そこはバランスをすり合わせていきます。

個人的にはくちばしが小さくて
幼い感じも好きなのですが、
ツンと突き出た鳥らしいフォルムのほうが
見た目的にはかわいいかなあと思い、
限りなく顔はベビーシェマ型によせたものの
彫りを加えたりしてかわいすぎない形に
落とし込もうと試みています。

Twitterでの反応を見る限り、
鳥タイプへの期待が大きいようで
ちょっぴり驚いています。


IMG_8727.jpg 

瞳はアンバー。瞼が後でつきます。

私にはオリジナルキャラクターがいて、
名前違いの同モデルキャラクターが二人います。
どちらもちいさなひよこのキャラクターで、
胸に大きな大きなリボンを付けた子です。

ピヨちん、と呼んでいるキャラクターと
ぴよちぬと呼んでいるキャラクターがいます。

ぴよちぬは、飛ぶことを夢見る飛べないひよこで
ランドセル型ロケットを背負った男の子です。
ピヨちんはランドセルは背負っていませんが、
見た目はほとんど同じのひよこです。

これはどちらもある人をイメージしたキャラクターで、
もう10年の付き合いになるキャラクターです。
今回はその人のためにひよこのおしりちゃんを
作ることとなりました。


IMG_8731.jpg

磨いてみました。
足もひよこに寄せた足にしました。

意外とかわいくできたような気がするヘッドですが
どこまでファーを貼るべきか悩んでいます。

後頭部に跳ねたぴょっこりがあるのですが
それをつけてしまったがばかりに、
余計に処理が難しくなっています。
うーん、いっそ跳ねはフェルト
仕立てにしたほうが良かったかも。


IMG_8733.jpg 


彫りやほっぺの丸みに合わせて肌を露出させるか、
もういっそ貼らないか…。
ただ当然体にはファーを貼ることになるので、
その質感の差にちょっと悩んでます。

とりあえず軽く磨いたので
シリコンで型取りしようと思います。
造形はそんなに難しくはなかったですが、
この形はもう二度と作れないと思うので…。
最後まで作ってみて、かわいくできそうだったら
お仲間に加えようかなと思っています。

とりあえず今日はここまで。
まだ書きたいけど、我慢します。

それではまた~
スポンサーサイト