お願いも叶ったらもっと奇跡。*なブローチが出来上がりそうです★

最近夜中に歩くのが寒くてしんどくて
日が出ているうちに歩いているのですが、
ちらほらと野の花を見かけるようになりました。

スミレの花です。
活動名はその色が由来だったりするんですが
小さくて可憐なすみれの花も同じくらい大好きです。

C8zDYrtV0AAW5Fj.jpg


***

やらなきゃやらなきゃと義務感に駆られて、
10センチ未満の5ジョイントドール、
球体関節のコウモリちゃんを製作してきましたが
完全に気持ちがエンストしてしまったので
これはしばらく放置…になりそうです。
粘土に埋めさえすればいいだけなのですが(;''∀'')
気がかりではあるので、またそのうち。

IMG_0594.jpg 

現在製作途中のおしりちゃん。
大きなお耳が特徴的な、ある動物になります。
妖精の採取箱(リクエストボックス)に
寄せられていたアイディアを盛り込んでいます。

フォルムはだいぶファニーなので、
ここから誰が見てもかわいい~~~!ってなるような
デザインにまで持ち上げられるかどうか…。
耳をもう少し小さくしたり、溝をなくしたりすれば
もっと親しみやすくなるかもしれませんが、
なんとなくそれはしたくない…笑
お顔の彫りがあるのでくどいのかなあ。
でも完成させてみる~!

青い果実のようなみずみずしいグリーンを、
グラスアイに仕込んでみています。
肌はおそらく褐色肌になると思います。
まだ春が来たばかりだけど、ご機嫌な感じにしたいな~


C8wEX5pVoAAZ3d0.jpg 

それからこんなものも作ってみました。
「未知なる宝石が埋まったきら星」ちゃん。
接着剤が届いたらピンブローチを取り付けて、
小さなブローチにする予定です。

シムズという人間観察シミュレーションが
大好きなのですが、そこに「隕石」「原石」っていう
アイテムが出てくるんです。
拾って研究所へ持ち込むと、何の成分が含まれた石か
調べてくれて、宝石の場合は研磨してくれるんですね。
隕石の場合は珍しい金属が含まれていたりして…
すごく夢がある話だと思いませんか?

私たちも時々流れ星を目撃しますが、
たいていは燃え尽きてしまい、降り注ぐことはないです。
ただ隕石は、小惑星がぶつかって砕け、
燃え尽きることなく地上に落ちてきたものです。
このきら星ちゃんは、後者の「隕石」になります。
つまり、惑星のかけらなんですね。

とても手が届かない空の果てから落ちてきた、
未知なる宝石が埋まった流れ星!
手の中にあるだけでも奇跡なのに、
お願いも叶ったらもっと奇跡。*
そんな感じのブローチです。

もう少し作品が作りためられたら、
頃合いを見て並べようと思ってます★


それではまた!
スポンサーサイト