ドルショ50出展のための設営についてあれこれ。*

イベントの度に迷う展示についてラフを出してみました。
展示を考える際、廊下にマステで有効範囲を可視化して
実際に並べていくのですが、周りに何もなく余裕がある
廊下に並べるのと、実際のテーブルの上に並べるのとでは
大きく印象が変わってくるんです…

またドールを扱うとき、ポーズを決めたり
目線なんかもお客様となるべく合わせたかったり
毛並みなどの乱れも整えたりしたかったりするので
どんなに早く入っても設営ギリギリなんですよね…

最近は大掛かりなカーテンを設置することも多かったので
それをほぼ一人でやらなければならないとなると
結構苦しかったりします。
取り扱い作品自体はそれほど多くないはずなのに…
遥かに在庫が多い作家さんのほうが早く終わったりする…
いつも汗だくになります(´;ω;`)


IMG_0876.jpg

大体こんな感じかなあと思い、
ざっくり適当に起こしたラフです。
白く塗ったすのこのようなものを裏に立て、
2段浅いひな壇のようなものを設置。
両脇にジオラマの時に作った木を立てて
ミニ芝(ドールスタンドに似た仕様のジオラマ)を
点々とおいてみようと思ってます。

ラブリターズの展示がどんな感じになるか、
アンケートの結果次第になるのですが、
もし裸の場合、ラブリターズ牧場的な感じで
柵か何かで囲った小さな中に放牧させるのもありかもです。
数が30とべらぼうに多いので、全部は並べられないかな…

イメージとしては一昨年の「おしりパーティ」が
コンセプトだった11月の設営がもとになりそうです。


IMG_1344.jpg 

おおお~なんか懐かしい顔ぶれ(´;ω;`)
もうすでにいない子ばかりですね。
まだ羊毛が毛並みだった頃です。
話がそれますが、また羊毛を使ってみようと考えています。
あの素朴さはやっぱり羊毛によるところが大きい…


IMG_1345.jpg 

そこそこ見やすかった設営だったと思います。
作家の顔も見えるけど、見えすぎないし
すっきりしてるけど、パーティ感ありますよね。
(と思っている)


IMG_1347.jpg

のぼりの「おしりドール」も立てたいです。
しかしいろいろ懐かしいなこれ(´;ω;`)
eが逆なのはご愛敬です笑

デザフェスのこのテーブルは
奥行きが45cmしかなかった気がしたので、
単純に考えて倍奥行きが使えることになります。
裏でいろいろとこそこそやらねばならないので
どうしてもそのスペースは必要になるのですが、
テーブル下も「あの布」もあるので大丈夫でしょう…
(と信じたい)

いい加減什器を増やしたりするのもアレなので
あるもので何とかしたいと思って
これを書いたんですが、今更ながら思い出したこと…
そういえばこの前なんか買った気がする…
ガーデンラックみたいなもの…
それも使えるようだったら使う方向で…笑

なんとかなるのか?設営は!?
その設営もアンケ結果によるところが大きいので、
本日までとなっていますアンケートに
ご協力くださいますと幸いです(o*。_。)oペコッ


それではまた!
スポンサーサイト