「ホンモノ」を目指して素材探し。なんとかまとまりました★*

昨日はLupopoさまの企画展でした。
沢山の♡とRTをありがとうございます!

今回はラブリターズに限定してお写真を選びました。
最近、アクセサリーやラブリターズを中心に制作していたので
経過を報告できるような見栄えの良い
チャイム(仮)の写真も手元にないのでこうなりましたが、
何を作る人なのか、が分かりやすくて
かえっていいんじゃないかと思います笑


チャイム(仮)について言及してしまい、
完成に向けて頑張りますと宣言してしまったので
どーにか間に合わせようと思っています笑


***


IMG_1276.jpg

前に掲載したラフデザインですが、
この子の素材についてあれこれ考えていました。
チャイム(仮)にはいろいろな副素材が使われる予定です。
少し前の更新で、こんなこと書きました。

100年以上の年月を超えて愛されるテディベアは
こういったモヘアを使って制作されているんですね。
*中略*
長い年月を超えて一緒にいるためには、
そういう<ホンモノ>でないと経年変化に耐えられないのかな。

長く愛されること、の条件とは何だろうか?ということです。
運命的な出会いをしたとか、そのデザインに心底惚れたとか
色々あると思うのですが、そもそも物理的に「長持ち」しないと
そこには到底到達できないんじゃないかなと感じたんです。

どんなものでもどのように扱うか、メンテナンスするか、
愛でるかなどでモチが変わってくるのはあるのですが、
そうさせたいと思わせるための気持ちか価値か…
何らかの要素の「底上げ」は素材が一部担っている気がしたんです。
それがすべてではないのは承知しています。
経験として良い素材に触れることも目的の大きな理由ですが
こだわる理由はそこにありました。
でもいろいろ葛藤があって、長いこと悩んでしまいました。
作品がお嫁にいなかったら…と怖くなって怖気づいたのですが
思い切って気が変わらないうちに注文してしまいました。

結局一部モヘア・一部ヴィンテージ風のアクリルファー、
それらを手染めすることになりそうです。
モヘアは簡単に染められますが、アクリルは基本染まりませんので
専用の染料を使って染めることになりそうです。

毛足の長い巻き毛のモヘアを頭と胴に使い、
下半身はヴィンテージ風の毛足の長く縮れたファーを使用します。
また眉にはレインボームーンストーン
(ホワイトラブラドライト)を使用します。
「奇跡的な出来事や出会いを引き寄せる石」だそうです。
水晶の予定だったのですが、思いついてしまって。
チャイム(仮)にはぴったりだと思って譲れませんでした…
うまく埋め込んでサイズ調整したいです。

ムーンストーン、ラブラドライト、ぺリステライトなんかの
シラー効果があるもの、オパールなんかの遊色効果があるもの
フローライトやアメトリンなんかの色が面白いものなんかが
とても好きで、昔からちょっと集めていたりしましたので
(地域柄、宝飾にならないくず石なんかをもらったりできた)
Rムーンストーン、ちょっとワクワクしています。
次々に届くようで、早く素材と対面したいです。

***

IMG_1415.jpg 

チャイム(仮)のお顔を、少し変えようと思います。
瞳の付け方を変えようと思い、やり方を変えました。
「学校の怪談3」の映画に出てくるシャカシャカみたい笑
コメントで「弥勒菩薩」について寄せてくださった方がいて、
恐れ多くも、ちょっと目つきの雰囲気を寄せてみようかなって。
切れ長の、でも優しそうで凛としたお顔にしたいな…


IMG_1417.jpg 

ねむっているみたいな、笑ってるみたいな。
なんかもう愛おしい…
ルムアを生んだ後の、なんとも言えない
幸福感を思い出しました。

今晩には瞳が埋められるかしら…
まだお顔が乾かないので割れませんが、
代わりに耳のパーツと腕のパーツを進めて
せっせとレンジで焼いています。


IMG_1420.jpg

体は早速割って中を少しきれいにくりぬきました。
わきの下も少し削ってくびれを出しました。
後はやすりでどうにかするしかないな。
これ以上削ぐと割れちゃうかも。
後はどのタイミングで蓋をつけようかなあ…


IMG_1422.jpg 

お腹の内側、無駄に偏った厚みを
くりぬいた後の粘土です。こんなに出ました。
これも実はふやかしておくと粘土に戻るので
無駄なく使っていきます。

程よく柔らかくなったペースト状の粘土は
凹凸や傷埋めに便利なものになるし
固くなった粘土と混ぜると柔らかさが出ます。
削った後の粉なんかも、実は使えたりして。

そんな感じで進めていきます。
胡粉の仕上げもあるし型紙起こしもあるし
染めなきゃだし、ちょっとペース上げていきます。

それではまた!


スポンサーサイト