愛光堂さんへ行ってきました。(受け取り編)

某日、某時…愛光堂さんにオーダーブレスをお願いした後、
忘れてたけど、オーダーブレスをお願いした後に熊野神社へお参りにいったのでした。

まだ夏の名残があった日ですごく暑かったのですが、木陰に入るとひんやり。
強い日差しと葉陰のコントラストは、夏そのものできれいでした。
よいブレスレットが選ばれて手元に来ますように、私のがんばりにお力添えください、
見守ってくださいますようにとお願いをして、熊野神社を後にしました。

話を少しそらしますが(意図的)あの辺には面白いお店が多そうで、
マルラニハワイがあったり、マンハッタナーズのお店があったり、ちょっと気になったな~。
前にマンハッタナーズのワインとトランプの猫ちゃんが書いてある
お財布をおばさんが持ってて、それがすごくかわいくて…
柄物・キャラもののお財布は持ったことないけど、はじめてほしいと思いました。


話を戻しますね。
それで、友達からAちゃんが借りてきてくれた愛光堂さんの本を読んだり、
お茶をしたりお話したりお買い物をして時間をつぶした後、いよいよ受け取りに行ったのでした。
時間ぴったりに入らないとまずいのかな~と思ってしまって、ぴったりまでドアの前で待ちました笑
ドアの向こうではまだ作業中のようで、ガラスケースの上でブレスを組んでいるのがわかりました。
お忙しいんですね、やはり。

やっぱりドアを少しノックして笑、挨拶しながら入ると
「店内をご覧になってお待ちください」といわれたので、うわさのショーケースを閲覧!
どこから見ても遊色効果のでてるオパールとか、青みのシラーが強いペリステライトとか
見たこともないような大きなローズクォーツとか、憧れのマドンナ・ストロベリークォーツとか…
既製品のかわいいストラップとか、ムーンシェイプの水晶とか…
もう見てるとすごくほしくなっちゃうのであんまり見ないようにしてました笑


しばらくすると、Aちゃんがお兄さんに呼ばれて先にご対面~いいな~
「うわ~♥かわいい~♥」と黄色い声に耳が超ダンボ笑
お兄さんの「気に入っていただけましたか」の声に「はい~!」とうれしそうな声。
え、めっちゃ気になる笑

そうすると私も妹さんに呼ばれて、ご対面。
「ちょっとカラフルすぎましたか?」と差し出されたブレス。
初見の印象は「こりゃ色のお祭りわっしょいだ!え、あ、やばい、好みでないのが入ってる!?(´ω`;)」でした。

好みでない色が入っていると驚いたのは、オレンジと緑が目を惹いたからです。
茶と抹茶色みたいな地味な色はNGでと伝えてはいたんですが、オレンジは伝えてませんでした。
結局は全体での色の調和の話になってくるので、そこを限定したらもう自作せぇよって話になりますよね。

また入れてほしくない石もあえて言わなかったのは、数多くある石の種類から好みでない石が
ピンポイントに選ばれて入らないだろうな~って思ったからです。
私の中では、そのどっちもに入るヒスイは苦手だったんです。
まあ、それが入ったんですけども笑

カラフルだったのは、紙に書いた「形や大きさが違うと楽しくなります」という言葉を
汲んでくださったんだと思います。細かい気配りに長けている優しい方です。
それにふさわしいように私が変わらないといけないのです。
きれいですねと答えてにっこりすると、妹さんもにっこり。


10693596_284687278387680_1256775691_n.jpg

【入った石一覧】…全10種
左上、オパールグリーンの石から順に時計回りに。
重複するものは途中飛ばします。

 ジェダイト(ヒスイ)/オパールグリーン
* クリスタルクォーツ/透明
* サンストーン/オレンジ
* シトリン/黄色
* ローズクォーツ/半透明ピンク
* ガーネット/渋い赤
* ピンクオパール/不透明ピンク
* アメジスト/紫
* スターアクアマリン/水色
 ゴールドルチルクォーツ/右下・透明に金針


fc2blog_20140915140056b6a.jpg
月のようなヒスイ

私が見ると、ひときわ目に付くのがヒスイ。
愛光堂の花形である金針が入っているのにもかかわらず、目を惹きます。
ブレスへの強烈な「はじめまして感」に意識が向かって正直よく覚えていないのですが、
主軸が自己肯定なので、もしかしたらヒスイがメインかもしれないです。(!)

今現在、手元にブレスがやってきて一週間ほどたったんですが
私が無意識に「ヒスイ」がヤダ!って避けたい気持ちが、
なぜだったのかっていうのがわかって来てます。これもまた後述しますね。



fc2blog_20140916125116a66.jpg
きらきらのゴールドルチル

ゴールドルチルも一応(怒られそうだな)メインだったと思います。
仕事関係に逞しく邁進したいとの願いに対応しています。
ぐいぐい引っ張っていってもらえる感じです、っておっしゃってましたね。
生命力、活力の根源になる存在にふさわしく、太くてつややかな針が通っています。
お値段的にも、これが一番高かった気がします…


fc2blog_201409151358489c7.jpg
さえたピンクオパールとゼリーのようなローズクォーツ

妹さんの石の説明の中で、オパールかサンストーンに差し掛かったとき
「生きる喜び・楽しい人生」というキーワードが出てきたときに、不覚にもウルッと来ました。
恥ずかしくないように生きようとすることに必死で、一番肝心なことを忘れてたかもしれないって感じました。

人に認められたいがために生きるって、なんだか滑稽だと感じませんか。
苦しいとき、悲しいときに、自分自身さえも自分に向かってYESと言ってあげられないのはあんまりです。
周りから見て恥ずかしい生き方でも、本人が懸命で楽しんで生きているならそれが正しい生き方なんです。
人の人生のものさしで、その人の人生をはかることなんてできません。
それを忘れてた気がしました。

それからすごく気になったのが、クリスタルクォーツの説明に入ったとき
「まずはじめに身の安全ですね」って…!!
事故とかってこと?超怖い(゚Д゚;)まずはじめにって言うのが怖い笑

それで、ゴムの調整をしてくださったときに、妹さんがこんなこといったんです。
「でも、お父様は夢のことを応援してくださっているんでしょう?」
内心キタ━;`;:`;・(;゚;Д(○=(*;゚;Д;゚;*)=○)Д;゚;)・;`;:`;━━!(2回目)

カウンセリングのときに、なんにしても特に母親が頑なだとお話はしました。
親子間を上下間と勘違いしているのは両親ともどもだと。
父親のことについては、個別に言及したわけじゃなかったからなのかもしれませんが
実際に私の活動について、父親は全面的に肯定的です。
そこを妹さんはわかったようで、そんな風に私にお声かけ下さったんだと思います。

「でも、お母様も本当はお分かりになってるのでは、と思いますよ」
「何かひとつでも、やりたいことがあるのはいいですよ、それをもてない人も大勢いますから」
「(ざわちんを例を出して)彼女はものまねメイクが商売として成り立つとは夢にも思ってなかったでしょう?
人間何で成功するかわからないものなんですよ」


最後の「何が人の天職になるかはわからない」事に関しては、何か私がお人形以外のことを
職に選んで人生をやっていく、ようなニュアンスだったように感じました。
前に、オーラが見えるおじさんのところへスケッチをしてもらいに行ったときにも
別のことで脚光を浴びて成功するといわれた
んです。
なんか、おんなじこと言ってるのかもってちょっと思いました…

前提として、愛光堂のお二人がサイキック系ではとのうわさから、
一言一言に重みや、意味を求めすぎる傾向があるので、何の気なしに言った言葉かもしれませんし
それが果たして根拠のある確かなことかといえば、そういうわけでもないので
どうかはわかりませんが…

でも、なんにしてもやることやるしかないんだって思いますし
そのようにしていくほか、今の私にはありません。


愛光堂さんの本では、多くても10種類までしか石を使わないと読んでいたので
目いっぱい使ってくださってるのに驚きました。
そんなにお願いは多いほうではなかったと思いますが、問題をあらゆる方向から
カバーしてくれたのだなあと、説明の紙を読むたびに思います。
本当にありがたいことです。

ちなみに、サンストーンは入ってくる時期に波があるそうで
あるときにしか使えない石だそうです。
また、ピンクオパールはペルー産だと聞きました。

一通り説明が終わって、受け取ってブレスをはめたとき
あ、自分のものなのに自分のものでない感じがするって感じました。
まだなじんでない、ニュートラルな感じがしました。今までにない感覚です。
結果的に緩めのブレスになったのですが、時々かゆかゆ・ぴりぴりしました。
ちょうどそのかゆかゆ部分が、いつもスターアクアマリンの位置なのが不思議。

お二人には何度もお礼を言って後にしました。とても気持ちのよいお店です。
パワストのお店とか、そういうんじゃなくて、基本的な接客のあり方があったかいんだと思います。
いかれた方、皆さんそういいますよね。それは確かなことなんだと思います。


なんだか長くなってしまいました。
画像がまだあるので載せたいのですが、それはまたにしましょう。
後日談や、Aちゃんのブレスの印象もそこでお話できたらと思います。


To Be Continued...

スポンサーサイト