FC2ブログ

触って遊んで心通う、おもちゃのような<ゆめのこどもたち>

ドールワールドフェスティバルにむけて
荷物の搬入を行いました。
本当は明日でも十分間に合うのですが、
早めにやって悪いことはないと思ったので
今日送ってしまうことにしたんです。

今回、卓は90*90といつもとサイズが違うため
レイアウトを新しく組み直しました。
何にしても私は引き算が苦手なので、
やたら詰め込んだり盛り込んだりしてしまいがち…
本当にそこが苦手で、なんちゃらコンサルに
相談しようかと悩んだこともありました(;''∀'')
マーケティング的にどういう陳列が良くて…とか
陳列の見やすさとか訴えかけとか、
そういう行動原理なんかのセオリーから
見やすい陳列ができないものかと
あれこれ調べてたりしてます…

IMG_8108.jpg 

ある程度組んだところ。
今回はこんな感じになりそうです。
アクセサリーの類は持っていけないので、
持って行けるのは気まぐれブローチの
きら星ちゃんくらい。

高低さを出して、敷物の色や什器の色を
なるべくまとめると統一感が出ることがわかり、
生成~白をベースに、遠くない色を使ってます。
もうそれだけでかなり見やすくなった…
そういうセオリーが実感としてわかるまで
かなり時間がかかってしまいました。

関連商品、作風の似たものは近くに置いてます。
スペースの取り方も等間隔にすることで
うるさくなくなるようでした。

左手前のスペースにはお名刺とDM
作品・作家の紹介パネルを置く予定です。


ladyws_dwf.jpg 

こんなものを用意しました。
7月のワークショップのご案内です。
ドールワールドはDMやお名刺が置ける
スペースを用意してくださるので、
そこに置かせてもらおうと思って。

宣伝となる名刺やDMが比較的
貰っていかれやすいイベントなので、
このDMを通して沢山の人に興味を持ってもらえたら
嬉しいなあと思っています。

もちろんブースにも置く予定ですので
簡素な作りのものですが、
興味がありましたらお気軽に持っていってくださいね。


hoshijimasumire_work-04.jpg

これは作家の作品紹介パネル用に作ったものです。

Twitterやブログをご覧になってくださっている
あなたでしたら、たぶん私がどんな気持ちで
作品に向き合って制作しているのか、
何を大事に思っているのかはもう十分
理解してくださっているのではないでしょうか。

ですが、それをきちんとした形で
お伝えする機会や手段はなかなか限られています。
ブースに立ち寄ってくださったお客様と
おはなしする機会もありますが、
それでも伝えきれないことや
伝えそびれてしまうこともあります。

この子たちがなぜ
<ゆめのこどもたち>と呼ばれているのか
なぜギミック搭載にこだわるのか
心に寄り添うことへのこだわりの意味とは…
話せばとっても長くなるのです。
そういうことを感じ取ってもらえたり
知ってもらえるきっかけに
このパネルが役立ってくれたらいいなと思います。

動くこと、動かせること、遊べることが
キーになっている作品たちは、
すべて手にとってご覧いただけるものです。
抱っこしてみたい、触ってみたいなどがありましたら
ぜひお気軽にお声がけくださいね。

***

搬入のための荷造りで1日が潰れてしまいました。
ろくに寝ていないので作業効率が悪い気が…
今日はもうこのまま寝てしまおうか
それでももがいてやろうかどうか悩んでいます。
仮眠取ってからやるのがベストなのかな~

アリスの子にはチェシャ猫のオトモが必要な気がして
作りこんでいこうかどうかも悩んでいます。
やろうと思ったらいくらでも詰め込める感じがあります。

アイディアが抜け落ちてしまわないように
掌を構えて受け止めて進めていきます。

それでは今日はこの辺で。

星嶋すみれ
スポンサーサイト