素体づくり(1)

いよいよ中に仕込むワイヤーを組んでいきます。
私はアルミの細身の針金を使用しました。

ポーズを何度も変えることで、
折り曲げる過程で金属が疲労して
どんどん脆くなっていくので
ねじねじして、強度と太さを補います。
これを後に紙テープで巻いて更に補強する流れです。



これが素体です。
なるべくきちんと立つように
この段階でバランスが取れるようにしたいです。
なんとなくなんですけど笑
まだ危ういので、もう少しバランスを見ます。





ねじねじして補強しています。
また、足と股関節に重みを足すことで
重心を下側に保ち、立ちやすくします。
ここで使用してるのは鉛テープです。

適当な長さ細さにカットし、巻きつけています。
ハサミでカットできる柔らかさなので
金鋏など使わないのが手軽でいいですね。




足の方にも巻きつけていきます。
これだけでとても安定します。
ふらふらしていたが踏ん張ったように
しっかり自立するのが感じられます。




ばんじゃーい\( 'ω')/
って、手ェ長!( ´;゚;ё;゚;)( ´;゚;ё;゚;)
ただ、手と足は長いほうが
動きに表情がついて可愛らしいので
ほんの少しだけ短くしましょうか。


バランスを見ながら、背の高い子
足の大きな子、手の長い子など
個性を出すことを考えて素体づくりをしていきます。

次は、肉付けのために
麻ひもを巻いていきます。


...Hoshijima...
スポンサーサイト